精神的に疲れた…心を回復させるシンプルな3つの方法

精神的に疲れた…心を回復させるシンプルな3つの方法

 

仕事を辞めたい・・・

もう、なにもかも疲れた・・・

そんな精神的に疲れたときの心を回復する方法とは?

 

ただ、肉体的な疲労なだけなら、

適切に休息をとることで自然治癒力の力で回復します。

もちろん、年齢を重ねるとむずかしいところもあります。

 

しかし、精神的に疲れたときというのは、

年齢に関係なく、いつまでも苦しいものです。

 

なぜなら、精神的に疲れる環境に身を置き続けているからです。

 

これは当事者の立場からすると非常に厄介で解決し難く思えますが、

環境を変えて精神的に疲れないようにすれば痛みを感じなくてよくなります。

だけど仕事だと生活がかかっているのでそう簡単にはいかないですね。

家庭で精神的に疲れる問題があれば、簡単に家族と縁を切るわけにはいきません。

 

とくに家族は一生付き合う人間関係です。

 

では、どうすれば心を回復さえることができるのでしょう。

実は日常のちょっとした工夫が精神を回復させることができるのです。

 

(前回は、精神的に弱い人の3つの特徴-どうしたら強くなれる?にて、

精神的に弱い人の代表的な3つの特徴とその対策について説明し、

更に3つの特徴に共通するあることについてお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

精神的な疲労と肉体的な疲労の違い

 

精神的な疲労って目には見えないので自覚し難いです。

気が付いた時にはかなり深刻な状況なんてこともあります。

なので精神的な疲労と肉体的な疲労の違いについて理解すれば、

精神的に疲れたときの状態を把握しやすくなります。

 

肉体的疲労の特徴:

  1. 1日の経過とともに徐々に強くなっていく
  2. 休息をとれば、老廃物が取り除かれて回復する
  3. 肉体的に疲労しているので、運動をすると余計に疲れる
  4. 身体に負荷を掛け続けることで疲労が溜まる
  5. 数日で回復することができる

 

精神的疲労の特徴:

  1. 朝、目覚めたときから強く感じることが多い
  2. 休息をとったとしても、疲れがとれた感じがしない
  3. 身体を動かすことで、疲労感が軽くなる
  4. なにが原因なのかは個人差があるので特定することがむずかしい
  5. 時間の経過とともに慢性化しやすい

 

いかがでしたでしょうか。

精神的な疲れを回復させるにはコツが必要です。

 

また肉体と精神は常に比例しているので、

精神的な疲れは同時に肉体的な疲れとしても出ますし、

肉体的な疲れは精神的な疲れへと発展していきます。

 

たとえば病気で身体が弱ってしまうと心も弱りますね?

反対に心が弱ると身体が病気がちになったりもしますね?

そのことからも肉体と精神は比例しているのです。

 

 

1、運動が最もシンプルな回復法

 

単純に運動をすることが、

精神的に疲れたときには効果的です。

その中でも最もお勧めする方法は、

 

一定のリズムで繰り返し行う運動が効果的です。

 

なぜなら、

 

精神を安定させるセロトニンを分泌するからです。

 

ランニングやストレッチなどを日常に取り入れることで、

ストレスを解消するだけでなく、精神的を安定する効果もあります。

運動をした後は、何だかスカッとした気分になりませんか?

運動をする前とした後では心の状態は明らかに違います。

 

上記の項目の精神的な疲労の特徴の3番目で、

「身体を動かすことで、疲労感が軽くなる」と言いましたね?

身体を動かすことは、精神的に強く影響するものなのです。

 

確かに仕事で身体を酷使していれば、

プライベートの時間まで身体を動かすなんて面倒かもしれません。

しかし、仕事はあくまで義務で運動の場合は自主的に行います。

 

その最も大きな違いは自らがコントロールできる状況にある・・・

 

ということです。

仕事と違って強制されない分、気持ちの違いが大きいです。

なので同じ身体を動かすことでも効果が全く異なるのです。

僕達人間は、やはり自分の思う通りに生きたいのが本音なのです・

 

 

2、ワクワクすることを思いっきり楽しむ

 

たとえば映画を観に行くとき、友達と遊びに行くとき、

なんだか気持ちが自然とワクワクしてきませんか?

 

精神的に疲れを感じているなら、

感じ方を変えてみるという方法もあります。

 

つまり、気になれるようなことをすればいいだけのことです。

 

好きなことをすると、その時間がとても楽しいですね。

イヤなことなど、あっという間に忘れることができますね。

 

この「忘れる」ことと「楽しむ」ことが大切なのです。

 

楽しむだけなら、

とてもシンプルな方法ではないでしょうか。

このワクワク感を工夫することで劇的な効果を出すことができます。

あなたは1週間の中でいつが最も憂鬱と感じますか?

それは日曜の夕方か月曜の朝ではないでしょうか。

 

なので月曜の仕事終わりに楽しみを作っておくのです。

 

当時の僕は少し遠出して温泉に行ったり、

ちょっとだけ奮発して美味しい物を食べに行ったりしてました。

あなたなら仕事が終わった後にどんな楽しみを用意しますか?

そんなことを想像しただけでも少しワクワクしてきませんか?

日常のちょっとした工夫で乗り切ることも可能なのです。

 

 

3、しっかり食べてしっかり眠る

 

睡眠には、心がすっきりする効果があります。

これは科学的にも証明されていることなのです。

理想は、7~8時間の睡眠をとることです。

 

よく仕事の昼休憩のときに、

5分程度の昼寝をしただけですっきりした気持ちになりませんか?

 

一度、脳をリセットすることになるので、

睡眠にはストレス解消の効果が高いのです。

 

それから食事はただ好きな物を食べるだけではいけません。

食事はしっかり食べると言っても栄養を考える必要があります。

ジャンクフードばかり食べていては、疲労は溜まりやすくなります。

食事における基本は5大栄養素である、

 

  1. タンパク質
  2. 脂質
  3. 炭水化物
  4. ミネラル
  5. ビタミン

 

脂質を抑えて、これらを意識的に摂るように心がけましょう。

ビタミンB1やビタミンCが不足すると疲労しやすくなります。

ビタミンAは目の疲れ、ビタミンEは血行改善などがあります。

 

ご飯、納豆、豆腐、卵、肉、緑黄色野菜、牛乳、チーズ、ヨーグルト、梅干し、オレンジジュースなど、

スーパーやコンビニなんかで購入して手軽に摂れる食品はたくさんあります。

何も全部をやる必要はないので好みで選んでも良いと思います。

僕は今でも納豆ともずくを毎朝食べています。

 

 

毎日の輝きをとり戻すために

 

精神的に疲れたとき、

生活の中から解消するためのヒントが眠っています。

 

上記の方法は、

生活の中にうまく組み込むことで、

日常的に精神的な疲労と付き合うことが可能です。

逃げるためのストレス解消法ではなく、

 

自分の未来を手に入れるための積極的なストレス解消法を実践していきましょう。

 

あなたが今現在、仕事が辛くて仕方がない現状でしたら、

仕事に行くのが精神的に辛い…このまま辞めるべきなのか?にて、

仕事に対してどう向き合って自分の望み通りに生きられるのかなど、

特に誰にも相談できずに悩んでいるようでしたら強くお勧めします。

 

仕事とはどうしても向き不向きがあります。

それに僕達は自分達の未来の決め方なんて学校では教わりません。

今この記事を読んでいるあなたのように自ら情報を受け取りにいくしか、

残念ながら今の時代では道を見つけていく方法はないのです。

 

ストレスのない心が軽い毎日を送れることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連する記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ