仕事を辞めるときの言い方とは?退職理由の3つの考え方

仕事を辞めるときの言い方とは?退職理由の3つの考え方

 

仕事を辞める時ってどう伝えるか悩みますよね。

嫌いな上司だと顔を見るのも嫌になってしまいますね。

これは会社を辞めようとする人が通る大きな壁ですが、

どんな言い方をすれば楽に通るのでしょう。

 

それは理由を通すための伝え方があるのです。

 

僕は30代中盤で独立した際に感じたことですが、

相手の立場を考えた伝え方が通りやすかったです。

けど仕事を辞めるのを伝えようとすると大概は、

 

「こんな忙しいときに、なに言ってるんだ!」

「こんなことで辞めては、次も続かないぞ!」

「なぜ、そんな理由で辞める必要があるんだ?」

「まだもう少しだけ辛抱したらどうだ?」

 

こんな風に言われてしまうことが多く、

また伝えてもすんなり受け取ってもらえないと思うと、

言うに言い出せない複雑な日々を送ってしまいますね。

 

また、言うか言わないか迷っているうちに、

辞めることへの決心が薄れてしまったりと、

感情が揺れ動いて情緒も安定的ではありません。

 

そんな状況をいつまでも続けたら辛いと思いませんか?

 

実際は会社を辞めてしまっても、

人生、生きている限りはなるようになります。

今回は退職理由や手順についてお伝えしたいと思います。

 

前回は、仕事を辞める時は通りやすい理由も大切ですが、

その先で失敗や後悔をしないための考え方をお伝えしました。

仕事を辞める理由より考えるべき失敗しない仕事への考え方

スポンサーリンク

1、仕事を辞める理由は本当のことを伝えるべき?

 

仕事を辞めると決めた時は、

その理由について上司に伝える必要があります。

ここは誰もがどうしても通らないといけない壁です。

ここで本当のことをいうべきか?妥当な理由を言うべきか?

についてどうすべきかは、悩んでしまうことではないでしょうか。

 

例えば人間関係に不満があっから仕事を辞めたいと伝えると、

上司から「ちょっと待て!」と止められるのを想像しませんか?

引き止められるのって面倒だし、嫌になってしまいますよね。

ではなぜ、上司はあなたを引き止めようとしてくるのでしょう。

 

それには上司の立場から考えてみる必要があります。

上司も上の人間に部下が辞めることを伝えなければいけないし、

時期を見て周囲の社員たちにも伝えなければならないのです。

そこで、あなたの正直に言ったことをそのまま、

 

「○○さんは、人間関係が良くないので辞めるそうです」

 

と伝えることは社内の雰囲気を害してしまいます。

なぜなら、残った社員たちも会社に不振に感じるからです。

それは、上司の立場としては何としても避けたいのです。

 

とは言っても、たかだか社員1人の言葉なんて・・・

とあなたは思うかもしれませんが実はそれだけじゃなく、

上司は自分の昇進の可能性が下がることは極力避けたい・・・

という隠れた思いも密かに持っているものなのです。

 

それは人間である以上は仕方のないことかもしれません。

表と裏、陰と陽、昼と夜、全てのことに反対の要素があり、

表で接する態度がその人の全てを表してはいないのです。

 

なので”そこ”を頭に入れて上手く立ち回る必要があります。

 

僕の経験から言うと、上司は基本的に説得から入ります。

次に、他の社員に伝える適当な内容を見つけるために、

本人から退職する肯定的な理由を聞き出そうとします。

 

もちろん必要だから止めてくることもありますが、

先ほども言ったように人には表と裏の顔があります。

一度辞める意思を見せた社員を同じように信用するか?

と言えば仕事上の付き合いでは不審に変わりやすいです。

 

なので表面上は今まで通り接してきても、

辞めるかもしれないという不信感が芽生えるのです。

そうなると接し方にも多少なりとも変化が生じます。

話を戻して辞めることを伝えたら、

 

  • 引き止めをしてくる
  • 他の社員に伝える理由を探す

 

このような流れでいくと思いますので、

そのことを想定してそこに合わせた伝え方が大切です。

となると、仕事を辞める理由については、

 

上司が周囲へ伝えやすいように肯定的な理由も付け加えること。

 

そうすれば上司も納得しやすく、

あなた自身も伝えやすく通りやすいと思います。

これがお互いが納得のいく辞める時の言い方・・・

となるのではないでしょうか。

 

 

2、角の立たない言い方を心掛ける

 

「私は、○月○日に辞めます」

「どうしても、辞めなけれいけません」

「1ヶ月後、退職します」

 

このような断言するような言い方には注意が必要です。

いきなり、断言されてしまってはビックリします。

まるで話し合いの猶予もないくらいです。

 

確かに今すぐにでも辞めたい気持ちもあると思います。

 

しかし、先ほどもお伝えしたように、

上司も社員が退職するための一連の流れがあり、

それを一通り通す必要があるのです。

 

  1. まずは上司に仕事を辞めることを相談をする
  2. 最初は説得がある場合が多いので、肯定的な理由を伝える
  3. 決心が揺れないなら、その後に改めて退職の意志を伝える

 

これが円満退職ができる流れになると思います。

今すぐ辞めるという気持ちを押し通す言い方は、

あなた自身の思いも通り難いので避けた方が無難です。

また辞めるのって勇気が必要だとよく言われますが、

 

辞めると覚悟を決める最初の瞬間だけです。

 

いざ上司に伝える時は案外楽に言えたりします。

つまり最初の決心する瞬間が一番プレッシャーなんです。

覚悟を決めた後って気が抜けるほど脱力してるものです。

 

確かに仕事を辞める理由については、

正直に話すことも大切だと思うかもしれません。

上司が納得しやすくするためにウソを言うのではなく、

言葉を上手く使って肯定的な理由で伝えることです。

 

例えば職場の人間関係が嫌というのが本当の理由でも、

新しい職場で仕事だけじゃなく人間関係も磨きたいと言えば、

それだけでも上司は納得しやすいのではないでしょうか。

前向きな言い方をすれば、司も受け取りやすいはずです。

 

それから以下の記事は関連するものですが、

明日も仕事に行くのが嫌で毎晩辞める~にあるように、

辞めるには上手く立ち回る戦略が必要になりますし、

仕事で精神的に限界がきた時の今後の~にあるように、

頑張って続けるほど追い込まれるケースもありますので、

今の職場を的確に把握するのに参考にしてみて下さい。

 

 

3、説得されて引き留められたときは?

 

先ほどの項目でも少し話しましたが、

上司によっては強く引き止める場合もあります。

仕事を辞める意志が固いならそのまま押し通すだけです。

だけどその時にこんな言い方をされたら要注意です。

 

「お前のためにどれだけ金掛けてると思ってるんだ!」

「君は優秀だから何とか考え直してくれないかな?」

 

こうした恩を売ってくるような引き留め方や、

反対に下手に出てくる場合もあります。

それだけじゃなく場合によっては、

 

「よし、来月からの給料を上げよう!」

「君の望む業務に異動させてあげよう」

 

と譲歩して交渉してくる場合もあります。

だけどこれは口約束の場合がほとんどです。

なので鵜呑みにして信用してはいけません。

 

これも先ほど話したことですが、

一度辞めると言った社員には不信感を抱きます。

なので一度退職を告げてきた社員を優遇するより、

自分の会社で働いてくれる人間を優遇した方が、

損をしないのでその方がいいわけです。

 

またいつ辞めるか分からない・・・

社員というレッテルを貼られることになるので、

今度は社内にも居辛くなる可能性も高いといえます。

 

そんな風に思われているともうと、

上司との今後の関わり方も複雑な気持ちになってきませんか?

一度仕事を辞めると伝えてそこで思いとどまったとしても、

その後の社内での扱われ方は良くないと考えるべきです。

 

 

自分が進む方向を明確に

本日のまとめ:

  1. 仕事を辞める理由は本当のことを伝えるべき?
  2. 角の立たない言い方を心掛ける
  3. 説得されて引き留められたときは?

 

仕事を辞める時は理由や言い方にばかり考えて、

それ以外のことへの意識が薄くなってしまいがちですが、

辞めることもそうですが最も大切なのは、

 

今後のあなたの進む方向を明確にすることです。

 

辞めると決めれば、先のことを考えるしかありません。

ならば、今までよりもっと充実した日々を送りたいですよね。

自分が本当はなにがしたいのかを決めるときは、

給料がいくらとか勤務時間はどうかとかよりも、

 

どんな仕事をすると充実した日々を送ることができそうか?

 

この視点を持つことを大切にして下さい。

それが、充実な人生につながる方法だと思います。

 

あなたがこれからの生き方に疑問を感じているなら、

以下でご紹介する記事は自分に合う仕事とは何なのか?

これから先の人生を考える具体的な方法を紹介してますので、

ぜひ、こちらの記事も合わせて読んで頂くことをお勧めします。

自分に向いてる仕事がわからない35歳までの適職の見つけ方

 

今の時代は転職なんて珍しいことではありません。

自分の生き方を見つめて行動する人は意外と多いです。

納得のいく生き方ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ