仕事を辞める勇気を出して人生を変えたい4つの言葉

仕事を辞める勇気を出して人生を変えたい4つの言葉

 

仕事を辞めたいけど勇気が出ない・・・

このような人が世の中のほとんどではないでしょうか。

僕も仕事を辞めるときは、イヤと言うほど悩みました。

 

「他人のつくった居場所は、いつまでも続かない・・・」

 

これは、

 

いつの間にか定着していた僕自身の価値観です。

なぜこのような価値観が根付いてしまったのかと言うと、

 

「今の仕事って、精神的にラクだなぁ」

「今のこの仲間と、ずっと仕事できたらいいのに」

 

このような思いは会社の都合であっけなく崩されてしまったからです。

そして苦渋を舐めるような地獄のポジションにいきなり就かされて、

黙っている限りは、そこで永遠と働かされてしまいました。

 

はっきり言って、会社は会社の都合を中心に考えます。

これは、どうしても仕方のないことなのです。

だからこそ僕達は現状にただじっと耐えるだけでなく、

 

自分の居場所は、自分で見つけ出さなければならないのです。

 

今の時代は我慢して耐えてもリスクの方が大きくなってきました。

今回は、仕事を辞めることに前向きに考えられるよう、

勇気の出る言葉をまとめましたので紹介します。

 

(前回は、仕事を辞めるタイミングとは?退職の時期を見極める5つのパターンにて、

どんなタイミングだと仕事を辞めるべきなのかを5つのパターンで紹介しました。)

スポンサーリンク

 

1、本当の価値を求めて捨てるべき

 

リスクを背負うことのできない人に、

望むものを手に入れることはできないと言われています。

 

考えてみれば、

 

コンビニで缶コーヒーを買うにしても、百いくらかのお金を支払っています。

誰だって、リスクを背負うことそのものはできているのです。

 

ただ、

 

それが大きいから小さいかの違いなだけなのです。

 

しかし、

 

リスクが大きくなってしまうと失ったものへの後悔も大きいと思います。

もし、失敗してしまったらどうしようと思ってしまうと思います。

 

ですが、

 

このまま退屈な仕事を続けて、人生を浪費して終わりを迎えるのか。

それとも一時のリスクを覚悟して、思い切ってやりたいことに臨むのか。

 

あなたなら、どちらが良いかを問われていると思います。

 

 

2、自分の居場所は自分でつくるべき

 

冒頭でもお伝えしたように、

他人のつくった居場所は、他人の都合でまわされてしまいます。

もちろん、ある程度は自分でコントロールできるかもしれません。

 

ですが、

 

その居場所にとどまり続けることに、本当の生き方はあるのでしょうか。

 

一方で、好きなことを仕事にして人生を謳歌している人もいるのです。

それが他人にできて、なぜ僕たちにできないと言えるのでしょう。

 

一体、なんのために生きているのか?

 

僕たちは、他人の都合の良いように動かされるために生きているのではありません。

僕たちは、自分の本当の幸せをたくさん味わうために生きているのです。

 

それが、

 

自分の人生に責任を持つという意味です。

 

決して、自分が犠牲になることが正義でも責任でもありません。

それは自分を誤魔化している弱者であると自覚すべきなのです。

 

 

3、あなたがいなくても会社はまわる

 

僕は、製造業のマシンオペレーターをしていた頃、

業務内容も人間関係も精神的に辛くて、逃げ出したことがあります。

それ以降から、その部署には出社しませんでした。

 

ですが、

 

会社は、いつも通りまわすことができるのです。

 

「俺という存在は、会社では所詮そんなものか・・・」

 

結局は、そんなものなのです。

いなくなっては困ると、会社は言うこともあるでしょう。

そんな言葉は、実際には当てにならないのです。

 

なぜなら、

 

会社は、会社の都合が優先だからです。

 

そして、

 

会社は、利益を出すことが第一なので仕方がないのです。

 

あなたの代わりなんていくらでもいます。

そんなことは気にせず、仕事を辞める勇気を持ちましょう。

 

 

4、いつまで自分を犠牲にしますか?

 

  • 生活のため
  • 家族のため
  • ローンの支払いのため

 

人には、さまざまな事情があって仕事をしていると思います。

仕事を辞めたいと思っている時点で、

人生に満足できていないのと同じ意味になるのです。

 

なぜなら、

 

人生の大半は、仕事をする時間にあたるからです。

その仕事が楽しく感じられないとするなら?

自分を犠牲にし、自分をいじめ続けることになります。

 

それは、

 

自己否定していることと同じ意味です。

自分を否定している限りは、本当の望む生き方は訪れません。

 

勇気をもって一歩踏み出すべきなのです。

 

あなたは、他人の人生の奴隷なんかではなく、

あなたは、自分の人生の主人公であり脚本家です。

 

自分の人生は、自分で創っていきたいと思いませんか?

 

 

仕事を辞めても結局は人生なるようになる

 

人間、生きている限りはなるようになる。

僕もそうですが、僕の友人や知人を見てきても、

 

仕事を辞めても人生、生きている限りはなるようになる。

 

どんな道でもちゃんと道は存在していて、

生きている限りは、必ず道は開けてくるのだと見てきました。

 

勇気がでないのは、

 

先のことを勝手に想像して不安に思っているだけです。

 

まだ起こってもいないことを気にしてもムダなのです。

それでも、不安に感じる気持ちことを、

コントロールすることはむずかしいと思います。

 

そんなときは、

 

今の自分のできることを行動に移していきましょう。

 

行動すれば、自然と感情も変化します。

今の感情が変化すればOKだと思いませんか?

さらにあなたの人生の選択に勇気が持てるように、

仕事を辞めるのは「逃げ」ではなく幸せになるための勇気ある撤退にて、

これからの時代に必要な考え方をお伝えしていますので、

今の仕事に疑問を抱くあなたに強くお勧めします。

 

良い人生の選択ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ