貯金がない状態で仕事を辞めた後の僕の人生

スポンサーリンク

貯金がない状態で仕事を辞めた後の僕の人生

 

仕事を辞めたい・・・けど貯金がない・・・

今の仕事が精神的に辛いという日々を送ると、

毎日辞めることばかり考えてしまいますよね。

 

今回は貯金がない状態で仕事を辞めた僕の、

その後の人生を語っていきたいと思います。

 

貯金がない状態で仕事を辞めた後の僕の人生

貯金がない状態で仕事を辞めた後の僕の人生

 

ノープランだったので数年間は辛かったです。

 

収入ゼロ、貯金ゼロ、借金300万からのスタート

 

僕は28歳の時に仕事を辞めました。

約6年働いていましたが当時はフリーターでした。

職種はアダルトビデオ店の販売員でした。

 

想定外の出来事で混迷の日々が始まる

 

辞めた理由は店長との確執です。

この店長も最初はフリーターとして働いてましたが、

前の店長が辞めるということで引き継ぎました。

 

店長になってからお互いの関係が悪化し、

つまり人間関係が原因で唐突で辞めてしまいました。

20代も後半なのでいつまでも続けるつもりはなく、

次の仕事の目途が立ってから辞めるつもりでしたが、

想定外のことに生活が出来なくなってしまいました。

 

いきなり辞める想定なんて全くしてなかったので、

貯金なんて当時は30万くらいしかしてなくて、

毎月3万のローンの支払いも始まったばかりでした。

 

実家に戻って父親から冷遇を受ける

 

貯金は30万くらいありましたが、

当時は高額な心理学の勉強もしてました。

仕事を辞めたことで払えるうちに払いたいと思い、

貯金全部を心理学のローンの支払いに当てました。

 

色々と出来る支払いは済ませていきました。

それで残りの借金は約250万くらいになりました。

 

完全に貯金がない状態になったので、

実家に戻らざるを得ないと判断しました。

実家には父親だけが暮らしてました。

 

ここから地獄の実家暮らしがスタートしました。

風呂、トイレ、洗濯、台所は使わせて貰えず、

度々顔を合わせれば罵声を飛ばされました。

 

それでも実家に戻ってきたら、

何があっても耐えようと心に決めていたので、

精神的苦痛な実家暮らしも必死に耐えました。

 

2年耐えて念願の一人暮らしを再開

 

最初はアルバイトの掛け持ちから始めました。

田舎なので特に仕事なんて見つかりませんし、

ましてや正社員なんて夢のまた夢でした。

 

とにかく収入がないと生きていけないので、

アルバイトでも何でもやって生活費を工面しました。

昼働いて夜中働いて寝る時間は4時間くらいでした。

 

そんな生活を1年も続けてると、

製造業の派遣社員になることが出来ました。

まとまったお金が継続的に入る状況となったことで、

先の見通しが少しだけつくようになりました。

 

手取りで30万近くあったので、

借金も3年以内で返し切ることも出来ました。

そして残りの貯金を使って一人暮らしを再開しました。

一人暮らし再開まではトータルで4年掛かりました。

 

当たり前の生活のひとつひとつに感動した

 

今でもはっきりと覚えてることがあります。

それは一人暮らしを再開した最初の頃でした。

 

やっと人間らしい生活を取り戻せた僕は、

自分の家でシャワーを浴びられることに感動しました。

そして温かい白米を食べられることに感動しました。

 

「うわぁ!俺、すげー幸せだぁ!!」

 

思わず声が漏れてしまうほどでした。

これって普通に生活してれば当たり前のことです。

僕だってそれは当たり前のことではありました。

 

それが実家での地獄の4年間を過ごしてきたことで、

当たり前の水準がいつの間にか下がっていました。

スポンサーリンク

 

仕事の不満がどんどん浮き彫りになる

 

住む場所は手に入れることは出来ても、

実は仕事では孤立化やパワハラに悩んでました。

また給料も最初の頃は手取り30万近くありましたが、

派遣の抵触日で契約社員になったという理由もあり、

気付いたら手取り10万3千円になってました。

 

「ふざけんんなよ、糞会社が!!」

「人を低賃金でこきつかいやがって!」

 

同じ仕事をしているにも関わらず、

給料だけ下がることに不満が積もっていきました。

 

自由にできる環境を手に入れて副業を始める

 

そんな経済的に厳しい状況になっていったので、

他に収入を得る手段を考えなければいけませんでした。

かと言っても今までのようにアルバイトをしても、

現状維持がやっとでそれではダメだと思いました。

それに何より将来の不安は拭えません。

 

将来の不安を解消できる手段はないのか?

 

打開策を求めて日々ネットで検索してました。

すると見つけたのがネットビジネスというものでした。

簡単に言うとブログに広告を貼って記事を書くだけ。

たったこれだけのことでした。

 

一筋の光も一筋縄とはいかない現実を目の当たりに

 

確かにブログで収入が得られるなら、

人生レベルで大きく変われると思いました。

 

けど思っていた以上にそれは大変なことでした。

記事の書き方、ワードプレス、簡単なプログラムの知識、

もっと細かく言えば沢山ありますが学ぶことは多く、

実際には一筋縄とはいかない現実を味わいました。

 

出来ること淡々と行動し続けるしかなかった

 

一番強く記憶に残っていることは、

ブログを書き始めて半年が経った頃ですが、

ブログからの収入は12万まできてました。

 

ところが翌月には3万まで下がったのです。

この黎明期と言える最初の1年間というのは、

とにかくネットビジネスの知識を身に付ける為、

いろんなことを試行錯誤して行動してました。

 

多く失敗を積み重ねつつも成長していった

 

その試行錯誤の中には勿論失敗もあり、

余計なことをしたせいで収入が激減しました。

けど余計なことなんて最初から分かるはずもなく、

自分でやって試していくしかありませんでした。

 

けどこうした挫折をたくさん味わいながらも、

自分にはこれしか道はないと記事を書き続けました。

気が付いたら行動は洗練されていきました。

 

ブログを書き続けて1年3か月後に独立

 

仕事では相変わらず低賃金のままで、

そうなると余計にやる気はなくなりました。

すると上司達が嫌って部署を払い出されて、

各部署へ転々とするたらい回しにされました。

段々と社内で居場所が無くなるのを感じてました。

 

「もう、ここには居られないな・・・」

 

そう思った時に課長に辞めることを伝えました。

それが辞める半年前くらいのことでした。

 

その頃には丁度副業も挫折を越えて、

淡々と記事を書き連ねている時期でした。

1ヶ月ごとにちょっとずつ収入は増えていき、

仕事を辞める月には会社の給料を超えました。

 

貯金がない状態で仕事を辞めたいなら

貯金がない状態で仕事を辞めた後の僕の人生

 

貯金がない状態で仕事を辞めてから、

ここまで7年の月日が掛かりましたが、

諦めずに行動し続けたら独立まで出来ました。

今あなたが貯金がない状態で仕事を辞めたいなら、

 

何かひとつ決めて諦めずに進み続けること

 

このことが一番伝いたいことです。

そはネットビジネスやFXであったり、

またはせどりや転売なんかでも構いませんが、

 

とにかく人生を変える具体的の行動を継続する

 

僕の好きな言葉のひとつに、

具体的な行動しか具体的な結果は出ない

 

とうのがあります。

実際にその通りだと思います。

本気で変わらざるを得ない状況にある中で、

何もせずただ生きるのは人生が勿体無いです。

 

僕も仕事を辞めた時は絶望を味わいましたが、

諦めずに前に進み続けて良かったと思ってます。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ