明日から仕事…行きたくない辛い気持ちを癒す心の処方箋

スポンサーリンク

明日から仕事…行きたくない辛い気持ちを癒す心の処方箋

 

 

明日から仕事・・・」

「あぁ、ホント行きたくない・・・」

「何で辛い思いをせんといけんのんじゃろ?」

 

当時、僕が派遣社員で入社した会社では、

休日の終わり頃が憂鬱で仕方がありませんでした。

 

今回は僕が仕事で精神的に辛かった時期での、

気付きについて話していきたいと思います。

 

明日から仕事…

明日から仕事…行きたくない辛い気持ちを癒す心の処方箋

 

辛い時期って人生を変える可能性を秘めてます。

 

仕事を通して辛い現実が訪れる理由

 

仕事が辛かった頃って、

休日の夜や月曜の朝がかなり憂鬱でした。

 

またお盆や正月などの長い休みの終わり頃も、

そのまま辞めようか本気で悩んでました。

 

なので休みなのにリフレッシュ出来ず、

一時だけ離れられた感覚でしかなかったです。

 

だってギャップが大きいと余計に辛くなるんです。

 

あまり休日に楽しい時間を過ごし過ぎると、

差が出過ぎて衝動的に辛くなる訳です。

なので休日も気が休まらなかったんです。

 

あなたも同じように悩んでいませんか?

助けて欲しくても誰も助けてはくれないし、

時には死んだら楽かもって思いませんか?

 

だけど自分で何とかしなければ、

問題はずっと解決出来ないままなんですよね。

だけどこれを知っておいて欲しいんですが、

 

自分の何かが今の現実に引き起こしてるんですね。

 

だからと言ってあなたが悪いんじゃなくて、

出来事を通して何に気付く必要があるのか?

ということが問われていることでもあるんです。

自分の内面ともう一度向き合ってみませんか?

 

 

頑張らないといけないから辛い・・・

 

仕事で何かしら辛い思いをしている人は、

当人は自分が情けないなど過小評価しがちですが、

実際は相当な耐える精神力を持っているんです。

例えば以下のような内容です。

  • 明日の仕事が頭に浮かんで辛くて眠れない
  • 出来ることならすぐ辞めて楽になりたい
  • 仕事ではやる気がないどころか精神的に辛い
  • 職場の人間とは誰一人として関わりたくない
  • 甘い物、アルコール、喫煙などに依存する
  • 夜眠れないから昼間に眠くなってしまう
  • 朝、仕事に行くか行かないか悩んでしまう
  • 辞めようと思っても億劫だったり勇気が出ない
  • 転職サイトに登録しても行動出来ない

 

あなたはいくつ該当するものがありましたか?

当時の僕はどれもこれも当てはまってました。

自分に無理をしている状態をずっと続けていると、

上記のようなことに悩むようになるんですね。

 

それなのに自分は甘えてるなんて思ったり、

鬱になるのは弱い人間という間違った価値観、

仕事を辞める人間にろくなやつはいないなど、

 

僕達の周囲は無理を求められる環境にあります。

 

だけど頑張ろうとすればするほど辛いですよね。

疲れてるのに「頑張れ!」と言われるのは嫌ですよね。

ですがここに重要なことが隠されているんです。

 

 

囚われていた気持ちに気付いた時

 

明日から仕事・・・

嫌だけど働かなければいけない。

ではどうして働かなければいけないのでしょう。

皆も同じように働いてるからでしょうか。

 

世間の価値観に踊らされていないか

 

そもそも働かないといけないって、

誰に言われて何の為に従ってるのでしょう。

つまり何が言いたいかと言うと、

 

世間の価値観と比べて無理してませんか?

 

ということなんですね。

生活の為に働かなければいけないとか、

もし収入がなくなったら生活に困るのが怖いとか、

転職出来ても同じ失敗を繰り返してしまったら・・・

もし前の職場の方が良くて後悔してしまったら・・・

 

いつの間にか世間の情報に踊らされてませんか?

 

自分の囚われに気付くことが大切なんです。

何故なら人って痛みを避けることには敏感なので、

世間のネガティブなことは染み付きやすいんです。

 

周りに合わせ過ぎると自分が分からなくなる

 

なので仕事でも辛いことに敏感になりやすく、

スポンサーリンク

世間の価値観に気付かず合わせて過ごすことで、

自分が何に悩んでるのかさえ分からないんです。

 

仕事に限らずその環境で辛さを感じ続けるのは、

合わない場所に居続けてるケースが多いんです。

その理由の一つとして世間の価値観に合わせ過ぎて、

本来の自分を見失うというのがあるんですね。

 

ただこうした痛みに敏感になるのは当然です。

そして辛い感情をどうにかする必要はありません。

何故なら問題はもっと別のところにあるからです。

 

 

辛い気持ちが続く時にやるべきこと

 

このことをよくよく考えて欲しいのです。

風邪を引くと喉や頭痛や熱が出て苦しくなりますね。

これって身体が異常を伝えるサインだからこそ、

意識しざるを得ないほどの症状が出ます。

 

「明日からまた仕事か、嫌だなぁ・・・」

 

休みの度にこんな気持ちになってしまうって、

これって正常じゃないことはお分かりですよね?

普通なら仕事をそんなに嫌とは感じないはずです。

まして憂鬱になるとか我慢し過ぎている証拠です。

そこであなたに問い掛けたいことあるんですが、

 

あなたは本当はどうなれたら幸せなのでしょう。

 

そんな自分の本当の気持ちにフタをしてませんか?

心のどこかで無理だと諦めていないでしょうか。

今の状態を続けたとしてもジリ貧で追い込まれて、

結局離れてしまう可能性って割と高いんですね。

 

自分の本音に従うから未来が見える

 

身体に異常が出て仕事が出来なくなったり、

鬱などの精神病を患って会社に行けなくなったり、

僕のように耐え切れず会社から逃げ出したり・・・

逃げ出した時に僕が思ったことなんですが、

 

「自分って本当はどうなりたいんだろう?」

 

ていうのを自問するようになったんですね。

でも自分の本音に耳を傾けることって結構重要で、

ここで自分と向き合うことで先の道が見えるんです。

 

ですがすぐ現実がどうにかなるとは限りませんし、

道しるべすらも見えてこないかもしれません。

 

ですが今のままでは決して良くならないですよね?

ということは今の辛い状況が意味しているのは、

自分と本音と向き合うことを問われてるんです。

 

 

自分の本音に気付くことが癒しになる

明日から仕事…行きたくない辛い気持ちを癒す心の処方箋

 

自分に無理してしまうことも、

自分の本音に素直に従うことも、

 

全ては自分の思考から始まってます。

 

言い換えると考え方を変えていくことで、

望んでる未来に変えることも出来るんです。

 

明日から仕事で毎日が辛くて嫌なんだけど、

それでも頑張らないといけいないと考えるのか。

本当はもっと自分に合う仕事がしたいんだと、

今の環境を手放す前提で考えるのか。

 

僕も以前勤めていた製造業の会社では、

人間関係ではパワハラや孤立化に苦しみ、

業務も合わなくて毎日イライラしてました。

 

直属の上司からのパワハラが酷い日には、

家に帰ってすぐ転職サイトに登録し、

その日に面接に行ったりもしてました。

 

だけどそれでは転職に踏み切れませんでした。

自分を変えるエネルギーとはならなかったんです。

なのでズルズルと会社に居続けてしまいました。

 

僕は本当は会社なんて辞めて、

もっと楽に人生を楽しみたいと思ってたんです。

 

そこで2014年1月からなんですが、

インターネットビジネスで副業に挑戦しました。

紆余曲折はありましたが翌年2015年4月に、

晴れて独立することが出来たんですね。

 

それまで何回も転職しようとしたけど、

勇気が出なくて1回も出来なかったのに、

独立への挑戦は行動に移すことが出来ました。

しかもその挑戦はたった1回なのにです。

じゃあそこにどんな違いがあるかと言うと、

 

自分は本当はどうなりたいのか。

 

というたったシンプルなことだったんです。

僕は転職に対して未来に希望を感じてなくて、

独立には可能性を感じることが出来ました。

 

自分の本音に素直に耳を傾けてみた時、

本当はどうしたいかに従うことにしたんです。

そしてそれは同時に心を癒す処方箋でした。

 

だって自分の本音にフタをして

それを無理して頑張るから辛いんです。

 

自分の本音に素直になることなんて、

難しいことじゃなく誰にでも出来ますね?

才能とか能力とか一切関係のないことなんです。

 

心から好きなことで生きられることを祈っています。

 

関連記事

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ