底辺の仕事を辞めたい…もっと充実した未来に変えるには?

底辺,仕事,辞めたい

 

僕は20代の頃はずっとフリーターでした。

そして30代では非正規雇用という立場でした。

なので自分は底辺仕事をしてると思ってました。

勿論、どんな仕事も底辺ってことはありませんが、

 

当時は世間と比べて自分を過小評価してたのです。

 

なので正社員の人達が皆立派に見えてたし、

同時に自分が情けなくも感じてたんですね。

それに自分の職業は何かと尋ねられると、

素直に堂々と言えることもできませんでした。

 

あなたも今、自分の仕事が底辺だと感じて、

そんな仕事を辞めたいと思ってるかもしれません。

 

けど問題は本当に”そこ”なのでしょうか。

 

というのもたとえ底辺な仕事だとしても、

経済的に豊かで時間にも余裕があるとしたら、

納得できるという人は非常に多いからです。

 

今回の内容を読んで頂くことで、

問題の本質を知ることができると共に、

現状を変える具体的な方法をお伝えします。

 

前回は、現状を変えるには決断が重要ですが、

未来を変える決断の意味についてお伝えしました。

やりたくない仕事をやらされる日々から脱却する方法

スポンサーリンク

問題の本質は底辺の仕事じゃなかった!?

 

先程もお伝えしたように、

もし今の仕事が底辺だと思っても、

経済的に豊かで時間にも余裕が持てるとしたら?

 

たとえ世間的にイメージが悪かったとしても、

多少の仕事内容や人間関係が嫌だったとしても、

納得できる気持ちもあるのではないでしょうか。

 

仕事ってやりたくないと思ってる人が多いです。

そんな好きでもない仕事をやってるものだから、

ついつい仕事に責任を押し付けたくなりますよね。

例えばこんな感じのことを思ったります。

 

「なんで自分だけ苦労しないといけないんだ・・・」

「会社は自分のことを評価してくれない・・・」

「会社の人間関係が上手くいかなくて嫌だ・・・」

「嫌な業務ばかりやらされてうんざりだ・・・」

 

いかがでしょうか。

当時の僕もこんなことばかり思ってました。

そうなると問題は会社そのものだと思ってしまい、

 

こんな底辺の仕事なんて辞めたい・・・

 

という思いが常に頭の中をグルグルします。

けど問題は仕事がいけないんじゃないんですね。

それはどういうことかと言うと、

 

本当はどうなりたいかにフタをしてるからです。

 

自分の本音を誤魔化して生きると、

物事が上手くいかなくなるのは自然なことです。

けど自分の本音の実現の仕方が分からないので、

最初から無理だと諦めてしまいがちなんです。

 

 

そうなると転職するしか方法はないのか?

 

僕達はやりたいことは何かと聞かれても、

何をやりたいかなんてさっぱり分かりません。

けどこのような質問をするとどうでしょう。

 

あなたは本当はどうなりたいんですか?

 

自分が本当はどううなりたいかというのは、

実は誰もが最初から持っているものなんです。

 

例えば自由になりたいとか幸せになりたいとかです。

あなたもそんなイメージくらいはできませんか?

けどそれでは具体的な方法が分からなくて、

実現は無理だと諦めてしまうわけです。

 

「人生なんて所詮こんなもの・・・」

「高望みすることはあまり良くない・・・」

「幸せになれる人なんて運が良かっただけ・・・」

「大人になって夢を語るなんてバカバカしい」

「もっと現実に目を向けるべきじゃないか」

「成功できる人は才能がある人だけ・・・」

 

よくありがちな言い訳が浮かんできます。

今の仕事が嫌で何とかしたいけど、

具体的な方法が分からなくてどうしようもない・・・

 

そうなると消去法的な考え方になり、

具体的な方法として転職が頭に浮かんできます。

でも転職をするにしてもいろんな壁が出てきます。

 

  • 今の仕事を辞めることへの恐怖心
  • 転職先の会社の人間関係への不安
  • 転職先の会社の仕事に対する不安
  • 転勤や異動を言われることへの不安
  • 転職したことで後悔してしまったら・・・
  • 思ってたより給料が少なかったら・・・
  • 福利厚生が本来の条件と異なってたら・・・

 

いろんな不安が頭のよぎってきます。

この壁を乗り越えて転職へと踏み切るのですが、

ほとんどの人は踏み止まるのが現状です。

 

なぜなら人は痛みの方が敏感だからです。

 

このような人間心理が働くからなんですね。

この心理的な壁を乗り越えるのは困難です。

 

今の仕事が精神的にあまりに辛いという状況か、

何がなんでも達成したい強い思いがない限り、

ほとんどの人は踏み止まってしまうでしょう。

現状維持の方が安心できるからです。

 

 

今の仕事をしながらでも道を切り開く方法

 

だとしたら他にどんな方法があるのでしょう。

先ほど、たとえ底辺の仕事であったとしても、

経済的に豊かで時間的に余裕が持てるなら、

それでも納得して仕事をできると言いましたね?

 

つまり、時間とお金が満たされたらいいわけです。

 

なぜなら時間とお金があれば、

大概の悩みを解決できて大概の望みが叶うからです。

 

そこでお金が全てじゃないと思う人もいますが、

人間社会は貨幣経済で成り立っている事実がある以上、

お金という存在を軽視してはいけないのです。

 

そしてせめて今より少しでも良い職場環境を求めて、

転職を考えてもどうしても乗り越えられない場合、

 

今の仕事をしつつ他の方法でお金と時間を満たすのです。

 

具体的には副業をするという選択肢です。

プライベートの時間で副業を始めることで、

まずお金の悩みを少しずつクリアしていきます。

 

会社以外の収入で余裕が出てきたら、

残業や休日出勤などの時間外や、

夜勤や嫌いな業務などの業務内容など、

断って聞けば時間を少しずつ確保していけます。

 

辞めたくても辞められない人はほんとに多いです。

けどそのまま今の延長線上を生きても、

何も良いことはないのはあなたも承知のはずです。

 

だとしたら無理に乗り越え難い壁に向き合うより、

その壁から少し視線をズラせば副業という選択肢がり、

副業を選択することで簡単に越えることもできるのです。

 

 

ネットを使った副業で時間とお金に余裕を作る

本日のまとめ:

  • 問題の本質は本当はどうなりたいかにフタをしてるから
  • 人は痛みの方が敏感なので転職はなかなかできない
  • 副業で時間とお金に余裕を作っていくこと

 

僕もずっと底辺の仕事が嫌だと思っていて、

社内では孤立していてパワハラも受けたり、

最終的には部署をたらい回しにされてました。

 

そんな現状を変えたくて、

ネットビジネスの世界へと参入していきました。

 

「なんとしても現実を変えたい!」

 

お金も時間もなくて、

人に堂々と言える仕事もしてなくて、

人生そのものが底辺にいるとさえ思ってました。

 

けど、そうした環境だからこそ、

前に進む強いエネルギーとなってくれたし、

今はあの時があったからこそ今があると思えます。

 

今はスマホの普及でネット人口が爆発的に増え、

今後、ネットというものが失われることはありません。

それにネットビジネスなら自宅で全て完結するので、

時間を融通が非常に利いて副業としては優秀です。

 

時間に融通が利くビジネスということは、

将来的に独立できれば自由になれるということです。

そもそもブログは資産性の強い媒体なので、

積み重ねれば作業量を減らして収益を上げられるからです。

 

勿論、楽して儲けられるビジネスではありません。

相応に勉強して作業する必要は当然ながらあります。

けど毎日学校に通って朝から晩まで勉強して、

社会人になれば毎日朝から晩まで働くわけです。

 

ネットビジネスなら1日2~3時間やるだけで、

月の収入を5万10万20万と増やしていけます。

 

1日2時間で月20万とか、

普通に給料を貰う世界ではあり得ない話です。

ただそんな世界も実は身近に存在するわけなんですね。

 

そんな選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。

きっと人生が大きく動くと思いますよ^^

 

関連記事:

仕事が遅くて辞めたい…本当の居場所を知るシンプルな方法

仕事が面白くなくて辞めたいと思った時の転職すべき判断基準

毎日イライラする仕事を辞めたいと思ってる時の簡単な対処

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ