精神的に大人になるには?自分の感情に振り回されない3つの教え

精神的に大人になるには?自分の感情に振り回されない3つの教え

 

大人になるとは、どういうことなのでしょう?

経済的に自立して、家庭を持って、ちゃんと税金を納めて・・・

精神的に大人になるとは、もっと別な意味なのかもしれません。

 

あなたは辛いときや苦しいときや悲しいとき、

そして落ち込んだときはどのように乗り越えてきましたか?

そのときの自分の”感情”とどのように向き合ってきましたか?

 

実はこのときの自分の感情との向き合い方が、

これから先の生き方に大きく影響していくものなのです。

自分と向き合える人が人生を望む方向へと変えられるのです。

 

落ち込んだときは独り殻に閉じこもってしまうことってありますね。

そうなると同じ出来事が起こると、逃げたり感情的になったりします。

決して何でも向き合わなければいけないと言ってる訳ではありません。

 

だけど自分の気持ちに向き合って本当はどうすれば良かったのか?

そこに気づいて行動を変えればその後の生き方も変わってきます。

 

精神的に大人になるとは自分の感情との向き合い方なのです。

 

今回は、自分の感情に振り回されないための、

精神的に大人になるための感情の向き合い方を紹介します。

 

(前回の精神的に楽な仕事に就いて自分を癒す4つの方法では、

楽な仕事と聞くと悪いイメージがありますが実際にはそうではなくて、

僕自身の経験から未来の希望を繋げる方法についてお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

1、どのように自分の感情を表現してますか?

 

仕事ではそれぞれ価値観の違う人との関わりがありますね。

このように価値観の違う人との関わりがある場合などでは、

お互いの意見の食い違いが生じてしまうことがあります。

そのとき、あなたはつい反論したくなる気持ちが出てきませんか?

 

たとえばあなたが正しいと思ってとった行動が、

社内の先輩から見ると余計なことをしていると捉えられて、

 

「おい、なんでそんなおかしいことをするんだ?」

 

と責められたときなんかいかがでしょうか。

何だか誤解されたと感じて反論したくなりませんか?

そこで自分の思いをそのまま感情をぶつけると衝突してしまいます。

 

だけど、そんなことはあなたも十分にご承知だと思います。

分かっていても感情がコントロールすることはむずかしいですよね。

そんなもどかしくて仕方がないときは、

 

あなたの身体で感じている感覚に意識を向けてみてください。

 

胸の奥でドキドキ感が強くなったり、

身体の中心からなにかが波打つように上昇してきたり、

頭に血が昇っていく感覚だったり、

 

いろんな感情が身体を通して感じられることでしょう。

なぜ、このような一見関係ないようなことをするかと言うと、

 

身体の感覚を感じることで自分を客観的な視点で見ることができるからです。

 

精神的に大人になるとは、

このように自分の感情を客観的に見れるかどうかです。

これは頭では分かっていてもそんな簡単にいくものではないかもしれません。

ですが、このようなことを知っておくだけでも自分を制御しやすくなります。

 

 

2、価値観の違う相手を楽しもう

 

厳密には自分とまったく同じ価値観なんてありえません。

必ずどこかにあなたとの違いがあるはずなのです。

 

つまり、人と自分は違うということです。

 

当たりまえのことではありますが、

いざコミュニケーションをしているときは忘れがちなのです。

たとえば友達同士の会話で、

 

「あの人、絶対におかしいよね」

「○○って、普通できて当たりまえだと思わない?」

 

このように自分の価値観を相手に求めることです。

別にこのような会話は、どこでもある普通のことなので問題ないのですが、

 

大切なのは他人と自分はどこか必ず違いがあるということ。

 

このことをしっかりと頭の中に入れて人と接することです。

そうすることで、些細なことでケンカになることも防ぐことができます。

 

日本人が箸の持ち方がおかしいと変に感じてしまいますが、

外国人が箸の持ち方がおかしいと仕方がないと思いませんか?

 

自分と他人の違いを受け入れること。

 

それが精神的に大人になることの意味ではないでしょうか。

他人と自分は違うと理解しておけば、

むしろその違いすら楽しむ余裕も生まれます。

 

他人と自分は違うことが分かっていれば、

自分らしさって何だろう?今の仕事に迷いを感じてる人へにあるように、

他人の目を気にして周囲と合わせ過ぎることに可笑しいと気付けます。

そして自分らしく才能を発揮して楽しく生きることもできるのです。

 

 

3、ネガティブなときほど力が発揮される

 

人生を楽しめるのは、

落ち込んだ経験をしているからです。

 

マイナスを知らなければプラスを理解できません。

 

どちらか一方ではなく、両方が大事なのです。

あなたはネガティブなことは、なくなれば良いと思ってませんか?

 

ネガティブなときは、ネガティブなときなりに対処の仕方があります。

その対処の仕方を学んでいるのが、精神的に大人になると言えるのです。

では、どうすればネガティブなときの対処ができるのでしょうか。

 

それは自分にたいして、どのような質問を投げかけるかです。

 

ネガティブなときの質問の仕方:

  1. 今、なにに感謝すべきだろうか?
  2. 今、なにが満たされているだろうか?
  3. 今、この状況からなにを学びとれるだろうか?
  4. 今、この状況からなにを達成するだろうか?
  5. 今、この状況において楽しめることななんだろうか?
  6. 今、私はなにが幸せだろうか?

 

自分への質問の内容は、必ず上記と一致させる必要はありません。

あなたのしっくりくるものに変えてみるのも良いでしょう。

なぜ、自分に質問を投げかけるのかと言うと、

 

自分への質問が、人生の方向を決めるからです。

 

「どうして、あの人はいつも○○なんだ?」

 

と思えば、その人の○○のことが頭の中でいっぱいになりますね?

そのとき、決してその人に良い感情は抱かないはずです。

 

それだけ質問による意識づけは力強いものなのです。

うまく活用して、あなたの人生の舵どりを行いましょう。

 

またネガティブな感情とは非常に奥が深いもので、

自分の秘めた才能を見つけるためのネガティブな感情7つにあるように、

自分の秘めた才能にすら気付くことができるほどの強烈な存在です。

そもそもが才能とは能力云々ではなく感情と深い関係にあるのです。

 

 

大人になるってむずかしい?

 

僕達は誰もが子どもの頃には、

大人になることへの憧れを抱いたことがあると思います。

 

「大人になったら何でも好きなことができるから早くなりたい!」

「大人は自由に今を楽しめることができるから羨ましい!」

 

だけど、実際に大人になってみると・・・

ですが上記の3つの項目を意識することで、

少しでも大人になることは楽しいことなんだと、

 

今の僕たち大人が、子供たちへ示していくことが大切だと思います。

 

そのためにはまず僕たちが人生を楽しまなければいけません。

精神的に大人になることが、人生を楽しむルールです。

 

そして多くの人は自立することを勘違いしており、

間違った考え方をしているのでなかなか精神的に自立できません。

依存を手放して仕事や恋愛で自立したい人のたった1つの方法では、

自立したいと思っているなかなか気付けない落とし穴についてと、

そして自立するためのシンプルな方法を紹介しています。

この記事を読むと自立の意味が変わってくるでしょう。

 

また精神的に大人になるには心の休ませ方を知る大切になりますが、

そこで精神的にきついときの心の休ませて前向きになる心理学では、

自分を無理せずに精神的にきつい時の乗り越え方をお伝えしています。

僕も自分に無理させて頑張る方でしたがそれでは限界がありました。

無理をしてしまいそうになる人ほど大切なことです。

 

素敵な大人になれることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ