朝、急に仕事に行きたくないという衝動が出てしまったときは?

朝、急に仕事に行きたくないという衝動が出てしまったときは?

 

日曜日の夕方から嫌な気持ちになったり、

朝起きて急に仕事に行きたくないと思ったことはありませんか?

ひどいときは日曜の朝から気分が沈んでしまうこともありますね。

 

僕もサラリーマン時代はいつもそうでした。

会社に行くのが辛くて仕方がなかったです。

だけど月曜日から出勤ならまだマシな方でした。

 

なぜなら、

僕は製造業の会社員だったので日曜の夜8:20からの出勤だったのです。

 

「なんで日曜の夜から辛い思いせにゃあいけんのんならぁ!」

 

ほんとに腹が立って仕方がありませんでした。

それが2交代制だったので、2週間おきにやってきてました。

 

仕事がうまくいかないとき、人間関係で辛いとき、

仕事に行くことが精神的に苦しくて行きたくないものです。

そんな日々を繰り返していると朝起きると急に、

 

「なんで仕事に行かなければいけないんだろう・・・」

 

こんな感じで仕事に行くことへの疑問を抱きはじめます。

妙な脱力感というか、仕事へ行かなければいけないことへのこだわりというか、

仕事で得られる給料と社内での精神的な苦痛を比べると、

仕事へいくことへの価値を感じなくなってしまいます。

 

あなたもそんな経験がないでしょうか。

そんなとき、どのようにしたらいいのでしょうか?

今回は、急に仕事にいきたくないときについてお伝えします。

 

(前回は、仕事を辞めたい…うつで精神的に辛くなる前にすべきことにて、

仕事を辞めたいときにうつになる前の対処についてお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

憂鬱な月曜日「ブルーマンデー症候群」

 

会社に行きたくない・・・

こう思うのが特に強いのが月曜日ではないでしょうか。

月曜日の朝に強い憂鬱な気分になることを「ブルーマンデー症候群」と言います。

 

ですが、

月曜日に憂鬱になるのは誰もが同じように思っているものです。

ただ人によっては吐き気や目まい、動悸や頭痛などの症状が出てきます。

精神からくる問題が、身体へと影響を及ぼしてしまっているのです。

 

また月曜日が最も自殺者が多いという統計も出ているほどです。

それだけ、月曜の朝というのは誰もが辛いようなのです。

 

 

日曜の夕方から辛くなる「サザエさん諸侯群」

 

月曜日の朝が辛いだけではありません。

あなたも日曜の夕方から急に空しくなることはありませんか?

僕は、いつも日曜の夕方から仕事のことが浮かんで辛く感じてました。

 

特に休日に楽しい時間を過ごせば過ごすほど、

その後にやってくる心の重圧が強く圧し掛かってきます。

それが身体に染み付いてしまうと、

 

夕方 = 気持ちが辛くなる

 

というただ夕方になるだけで辛くなってしまうようになります。

僕は今でも夕方から夜暗くなる時間に掛けて辛いままです。

なので仕事と休日の変化をあまりつけたくないと思ってました。

仕事と休日のギャップが広がるほど辛くなっていくからです。

 

きっとあなたもこのような日曜の夕方になると辛くなる気持ちを、

何とかして克服したいと思っているのではないでしょうか。

 

 

憂鬱な気分の原因は「セロトニン」の不足

 

憂鬱な気分になりやすい原因はセロトニンの不足によるものです。

業務でのプレッシャーや社内の人間関係のストレスなど、

セロトニンを遠ざけてしまう状態に身をさらし続けると失ってしまいます。

 

セロトニンとは、ノルアドレナリンやドーパミンと並んで、

体内で特に重要な役割を担っている三大神経伝達物質のひとつです。

その主な役割に、精神の安定や物事への意欲に強い影響を与えます。

セロトニンが不足してしまうと、

 

  • イライラしやすくなる
  • 緊張しやすく人前であがってしまう
  • 情緒不安定で神経過敏になる
  • 気分が沈んでうつの傾向が強くなる
  • 思考がネガティブになりやすい
  • 常に欲求不満な状態
  • 何かに依存しやすくなる
  • 睡眠不足になる
  • 生活リズムが狂って昼夜逆転になりやすい
  • 朝になると身体が動かない
  • 見た目が老けたように見える
  • 自立神経のバランスが崩れる
  • 些細なことでも心の痛みに敏感になる
  • 冷え性になりやすい

 

以上のような問題が出てくるようになります。

セロトニンが不足すると色々と弊害が出てくるようです。

僕は特にイライラしたり、神経過敏になってました。

痛みに敏感で思考もネガティブなことばかりでした。

 

ですが、

最も手っ取り早く憂鬱な気分を解消するには、

脳内にセロトニンを増やして体内に分泌しやすくさせることです。

 

 

セロトニンを分泌しやすくするには?

 

セロトニンを分泌しやすくするには、

セロトニンを生成しやすい食品を摂取することです。

セロトニンはトリプトファンという物質から作られています。

この物質は体内では生成されないので食品から摂取する必要があります。

 

  1. たらこ
  2. 納豆
  3. 赤身魚
  4. 肉類
  5. アーモンド
  6. そば
  7. 白米
  8. 豆乳
  9. ヨーグルト
  10. 牛乳

 

主にこのような食品から摂取できます。

また摂取量もこの順番となっています。

 

更にセロトニンを増やすのに効果的な方法はリズミカルな運動です。

1日20~40程度の軽いジョギングが特にお勧めです。

走る動作によるリズミカルな運動はストレス解消にも強い効果があります。

 

僕も週に3回ほどジムに通っています。

そのうち2回はルームランナーでランニングを行っています。

毎日ではありませんが習慣にすることが大切だと思っています。

 

 

辛い月曜日を乗り切るコツは「ご褒美」

 

日曜の夕方から月曜の朝など、

仕事をしているとこれほど辛い時間はありません。

 

僕自身で最も強い効果のある方法として紹介したいのは、

月曜日の仕事が終わった後に、自分にご褒美を与えてあげることです。

 

たとえば、

サウナにいったり、好きな物を食べにいったりしてました。

映画を観るの良いですし、マッサージも良いでしょう。

 

とにかく月曜の終わりが楽しみでワクワクするようなことを入れることです。

 

このワクワクするようなことをスケジュールに加えるだけで、

たったこれだけのことを取り入れるだけで月曜日を乗り切ることができます。

そこに多少のお金が掛かるくらいは安いものではないでしょうか。

 

 

感情のコントロールを覚えよう

 

辛くなるのも憂鬱な気分になるのも、

全ては自分の感情が選択していることです。

 

ですが、

好きで憂鬱になっているわけでもないし辛くなっているわけではありませんよね。

だけどそれは、僕たちのコントロールできない自立神経からきているので、

出てきてしまう感情を押さえることはできないのです。

 

だとしたらどうすれば良いかと言うと、

自分の意志でコントロールできるところで行っていくしかありません。

 

それが、

上記で紹介した食品の摂取であり、運動であり、ご褒美なのです。

このように生活を自分なりに工夫していくことです。

ぜひ、あなたの生活に取り入れてうまく乗り越えてください。

 

ですがそれでも辛い時、絶対に我慢する必要はありません。

仕事を辞めるのは「逃げ」ではなく幸せになるための勇気ある撤退では、

苦しくても我慢して続けてしまうことによる様々な弊害についてと、

何を基準に人生を歩むべきかについてお伝えしています。

ぜひ、一読して頂きたい内容となっております。

 

良い仕事ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連するお勧めの記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ