仕事ができない人はどんな人?ダメな社員の12の特徴

仕事ができない人はどんな人?ダメな社員の12の特徴

 

仕事ができない人とできる人って何が違うのでしょう。

なぜ、同じ会社、仕事なのにこんなに差ができてしまうのでしょうか。

生まれた環境や才能、または能力的が決定的な特徴でしょうか。

 

それには、仕事ができない人はどんな人なのか?

 

その特徴を知っておくことでそうならないようにすることができます。

自分が仕事ができない人と思われるのは避けたいものですね。

実は仕事のできない人とできる人の差と言うのは、

 

日常の些細な行動をの積み重ねにあります。

 

つまり、行動、心構え、コミュニケーションにおいて、

どれだけ小さなことを意識して積み重ねているかなのです。

毎日のちょっとした挨拶だって積み重ねれば信用に繋がります。

 

今回は、仕事ができない人の特徴をまとめてみました。

仕事ができる人になろうと努力することは簡単ではありませんが、

自己修正からはじめるだけでも周囲からの反応は違ってきます。

ぜひ、あなたの今後の仕事にお役に立てればと思います。

 

(前回は、仕事がうまくいかない時期のある心理的な原因と解決策にて、

仕事がうまくいかない時期とは何が原因で抜け出せなくなってるのか、

そして解決するための脳の機能と活用の仕方についてお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

1、自分の解釈で仕事をする

 

仕事では確認をすることが大切です。

やり方が間違っていないか、情報を的確に伝えるなど、

しっかりと確認を行って仕事をしなければいけません。

仕事ができない人は、自分なりの解釈をして思い込みでしてしまうのです。

 

 

2、表面的な事ばかり見て批判する

 

仕事ができない人は、環境や人の批判ばかりします。

反対に仕事ができる人というのは、自分に集中します。

意識が外に向いているのか、内に集中しているのかの違いなのです。

 

 

3、過去のやり方にこだわる

 

仕事では時折、作業方針などで、

社員と上司がもめたりすることがあります。

双方で仕事のやり方に納得がいかず前に進まない状態です。

仕事ができない人は、新しいことが受け入れることができず、

過去のやり方にこだわってしまうのです。

 

 

4、言っている人によって意見が変わる

 

人は基本的に、

「何をいったか」ではなく「誰が言ったか」で判断します。

嫌いな人の意見は受け入れられないけど、友人なら受け入れられます。

だけど本当に大切なのは、言葉の意味を汲み取る力なのです。

発言した人と言葉を切り離して考えることが大切です。

 

 

5、仕事ができない人は時間がない

 

仕事ができない人はいつも時間に追われいます。

仕事だけでなく、家庭、友人付き合いなどのプライベート。

まるで忙しいことが「デキる人間」であるかのようにです。

そこにあるのは単なる見栄であり、それは見透かされるものです。

 

 

6、他人と比べて優越感に浸る

 

仕事ができない人は、他人の目を気にします。

他人が自分よりも仕事で成果を出すと快く思いません。

それは自分が仕事ができないから自分より劣る人を見つけて安心したいのです。

そうやって一時の安心を得ては満たされない空しさをいつも抱きます。

 

精神的に弱い人の3つの特徴-どうしたら強くなれる?でもお伝えしてますが、

実は比較することそのものは人間の健全な脳の機能に他なりません。

脳の機能なら活用の仕方で弱みから強みへと変えることができます。

 

 

7、知らないのに知ったかぶりする

 

知らないことをあたかも知っているようなふりをしてしまいます。

仕事において知ったかぶりはミスに繋がる危険があります。

ですがそれは仕事だけでなくプライベートの姿勢から、

常に謙虚でいようとしなければ反射的に見栄を張ってしまうのです。

 

 

8、整理整頓ができない

 

身の回りの物が散らかっていて非常に効率が悪いです。

整理整頓ができないというのは、頭の整理もできていないということです。

なので仕事を時間通りにきれいに片付けることができません。

せめて、見える範囲のところだけでも整理整頓をすることが大切です。

 

 

9、都合が悪いと他人のせいにする

 

仕事ができない人は愚痴が多いですか、

それは物事の全てを他人のせいにして自分は正しいと思い込んでいます。

実は他人のせいにする人は、自己管理能力がありません。

なので責任ある仕事を任せると大概うまくはいかないはずです。

 

 

10、自分のことを勘違いしている

 

自分に自信を持つということは非常に大切です。

ですが、自信を持つことと過信することは意味が全く異なります。

自分のことをできる人間と勘違いしている人は、自分を過信しています。

なので態度や雰囲気や言葉などに過信を垣間見ることがあります。

 

本当の意味での自分への自信については、

自分に自信がない仕事ができないと悩む人の4つの解決策にて、

自信が持てる場所は誰でも簡単にできる方法など紹介しています。

 

 

11、自分に甘い人、自分に厳しい人

 

自分に厳しくても自分に甘くても仕事はできません。

自分に甘い人は、自分に自信がないから努力できません。

自分に厳しい人は、自分を批判してしまうので継続できません。

大切なのは今の自分を素直に認められることなのです。

 

 

12、会社に残って残業ばかりする人

 

残業を多くすることがまるで仕事ができるかのように勘違いしています。

本当に仕事ができる人は、仕事に無駄に時間を掛けようとしません。

効率的に時間内までに終わらせられるように仕事をこなします。

残業をする人は非効率で、仕事ができない人の特徴なのです。

 

 

仕事ができる人は自分を鎧で固めない

 

仕事ができる人というのは、

 

  1. 自分の仕事に言い訳をしない
  2. 肩書きなどの先入観で人を見極めない
  3. 他人をコントロールしようとしない
  4. 仲間との協調性を大切にする

 

このような4つの特徴があります。

僕が以前勤めていた会社に、

毎日夜遅く残業をすることをが当たり前のような課長がいました。

朝礼をすれば、社員を遠まわしに批判するようなことばかり。

社員の士気を下げる発言をすることばかり言ってました。

もちろん、社員と課長との間には大きな溝ができてました。

 

これでは仕事が上手く回っていくはずがないのです。

 

今は部署がかなり縮小されて落ち着いているようですが、

他人をコントロールすると上手くいかない良い例だと思いました。

 

「他人の振り見て我が振り直せ」なんて言葉もあります。

 

自分の仕事の姿勢を見つめ直すことは大切だと思います。

あなたが新卒入社した仕事ができないことにお悩みでしたら、

それは決して仕事ができないことだけが問題なのではありません。

そこで仕事を辞めたい新卒・新入社員が転職を成功させるには?にて、

存続することの価値の会社を見極めるための考えるべきポイントと、

辞めて転職すべきある1つの視点についてお伝えしています。

 

よい仕事ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ