僕は日曜の夜は死にたくなるほど仕事に行くのが嫌だった

日曜の夜 死にたくなる

 

日曜の夜、仕事のことが自然と浮かび上がり、

空しさや悲しみが混在した感覚が沸き上がってきて、

死にたくなるほど辛い気持ちになってました。

 

「なんで仕事ってやらんといけんのじゃろう・・・」

 

僕は日曜の夜と月曜の朝が一番嫌いでした。

けど思い返せば学生時代からそうだったんですね。

僕にとって学校って苦痛で行くのが嫌だったので、

時折サボっては家でゲームをやってだんです。

 

小学生の頃から授業を受けるのが嫌いでした。

大人になってもこんな日々が続くのかと思うと、

生きることそのものが空しかったです。

 

そして実際に社会人になると苦痛だった学校が、

ただ仕事に変わったというだけでした。

 

「こんな人生を永遠と送るのか・・・」

 

このままでは人として生まれたのに、

なんの為に生きてるのかさえ分かりませんでした。

 

けどその原因が何かを知って改善した結果、

僕は人生を180度変えることができたんですね。

 

今回は、僕自身の仕事が嫌だった話を通して、

そこからどうやって抜け出せたかを話していきます。

それによって人生を変えることは意外とシンプルで、

難しいことじゃないことが分かるでしょう。

 

前回は土曜日まで出勤してやりたくない仕事を続ける理由を、

心理学的な観点から意外な盲点についてお伝えしました。

土曜日も仕事…行きたくないのに働いてしまう心理的な理由

スポンサーリンク

僕は日曜の夕日からもの凄く後悔が襲ってきた

 

当時僕が仕事にいくのが嫌だった主な理由は、

職場の人間関係で精神的苦痛を味わってたからです。

なので休日は疲れを癒す止まり木のようなものでした。

 

けど日曜の夜は死にたくなるほど憂鬱になりました。

そして月曜の朝になると行きたくなくなるのです。

 

僕の場合、特に夕方から夜の時間帯が嫌いでした。

夕方って意外と眠くなってきたりするんですよね。

でも夕方に眠るともの凄い後悔の感覚に襲われて、

目が覚めてもしばらく余韻が残るほどでした。

 

これって仕事が嫌いというよりは、

僕は小学校の頃から学校に行くのが相当嫌だったので、

学生時代から夕方になると辛くなってたんですね。

 

なので学校も仕事も共通してたのは、

月曜日の週始めから嫌な一週間が続くことを連想し、

それが本当に嫌で嫌で仕方がなかったことでした。

 

子供の頃は学校が嫌で、

それが大人になると仕事に変わるだけでした。

それを人生を通してずっと繰り返されていき、

子供の頃から考えたことがあるんですが、

 

「人間ってなんの為に生きてるんだろう?」

「一体なんの為に生まれてきたんだろう?」

「なんでみんな嫌なのに仕事をするんだろう?」

 

こんなことをずっと疑問に思ってました。

仕事を満足しながらやってる大人はいなかったし、

大人になることそのものへの抵抗もありました。

 

なので20代はずっとフリーターだったし、

30代では派遣社員という安定しない状態でした。

正社員になると全てを会社に捧げないといけない・・・

そんなプレッシャーから逃げたかったからです。

 

けど派遣社員になったとしても、

仕事で精神的苦痛を何年も味わい続け、

 

日曜の夜が死にたくなるほど嫌になる・・・

 

そんな怖れていたことが現実になったのです。

けどこの現実になってしまうのも理由がありました。

どうやら僕はその理由によって社会人になっても、

同じ嫌なことを繰り返してしまっていたんですね。

 

 

過去の記憶が連想して現実を引き寄せていた

 

「日曜の夜が死にたくなるほど嫌・・・」

「また月曜から嫌な仕事が始まる・・・」

「会社の人間関係がたまらなく嫌・・・」

 

嫌いな仕事をやっていると、

自分の人生全てが不幸だと感じてしまいます。

僕も世の中で一番不幸だと感じてました。

 

けど心理学の世界では、

思考が現実を創るんだと言われてるんですね。

じゃあ、何の思考が現実を創るのかと言うと、

 

過去の記憶の「連想力」なんですね。

 

なので悪い方へ考える連想力がある場合、

日曜日に楽しい映画や美味しい食事をしても、

明日の仕事のことが浮かんできて憂鬱になります。

 

サザエさんのアニメが始まる夕方の時間帯に、

胸が締め付けられるような苦しさを感じたりします。

僕は夕方には強い後悔のような感覚が襲ってきて、

いてもたってもいられなくなるほど辛かったです。

 

一方で幸せに考える連想力がある場合、

日曜日に楽しい映画や美味しい食事をしても、

それを心から楽しむことができます。

 

サザエさんのアニメが始まる時間帯に、

胸の苦しさに襲われることはありません。

 

悪い連想も良い連想も共通してるのは、

過去の記憶から連想してるという事実なんですね。

 

自分の過去の記憶に、

不幸な出来事がたくさん詰まっていると、

その先も不幸が待ってるんじゃないかって、

不幸な連想が始まってしまうわけです。

 

一方で幸せの記憶が詰まっていると、

その先も幸せなことが待ってるんじゃないかと、

幸せな連想が始まっていくわけなんです。

 

そしてこの連想なんですが、

いずれにしても単なる妄想に過ぎません。

言い換えると、ただの記憶に過ぎないのです。

 

なので過去の出来事から連想してるわけですが、

それが今の自分に影響を与えているんですね。

 

一度犬に手を噛まれると痛みの記憶が残り、

別の犬を見ても警戒してしまいますよね。

過去の記憶から連想してしまってるわけです。

 

なので日曜の夜が死にたくなるほど嫌・・・

毎週こんな辛い気持ちに悩まされる場合、

過去の記憶から連想されているのです。

 

ということは、

この過去の記憶を解いていく必要があるのです。

それが問題解決のアプローチとなります。

 

 

過去に縛られた鎖を断ち切るには?

 

今、仕事が精神的に辛い・・・

今、仕事が上手くいっていない・・・

 

この現実を引き寄せてしまっているのは、

確かに会社の人間関係や苦手な業務など、

直接的な原因があるのも確かです。

 

けどそれだと誰かや何かのせいにしてしまい、

現実が変わることってまずないですよね。

 

僕も仕事も会社の人間も嫌いだったので、

自分の苦しみを全て責任転嫁してました。

 

けどそれで現実なんて全く変わらなかったし、

むしろネガティブな気分で過ごしてしまうので、

余計に仕事が嫌になっていく一方でした。

なので決してあなたのせいとは言いませんが、

 

やはり自分の内面を見つめる必要がある・・・

 

本質的な原因は自分の心から起因してるのです。

目の前で起こる現実は心の内面を映し出す鏡・・・

という言葉通り心を見つめる必要があるのです。

その理由は先ほどの項目でお伝えした通りです。

 

じゃあどうすれば内面を変えられるのか?

ということですが、この不幸な連鎖というのは、

 

  • 価値観
  • 信念

 

この2つによって形成されてるのです。

不幸になることを優先して考えてしまう価値観、

不幸になることを信じて疑わなくなる信念、

これが過去の経験を元に形成されるのす。

これだけ聞くと、

 

「変えるのって難しいんじゃないの?」

 

て、感じてしまうかもしれません。

けど自分を変えるって難しいことじゃないんです。

過去に縛られてしまった鎖を断ち切って、

良い連想力に変えていくには、

 

今までと違う行動をする

 

このたった1つを意識すればいいわけです。

拍子抜けするような答えに感じたかもしれません。

 

けど僕は今までと違う行動として、

全く知らないネットビジネスの世界に参入し、

毎日ブログを書き続けるということをしました。

 

その結果、独立することができました。

毎日辞めたいと思っていた仕事を辞めることができ、

生き方そのものを変えてもうすぐ4年になります。

 

だけど人生が180度変わった理由も、

今までとは違う行動をしたからに他なりません。

 

今までと同じ行動を取っていては、

今の延長線上を歩くだけになるからです。

だから違う行動を取る必要があるんですね。

 

 

辛い、不安、眠れない夜だって未来を変えることはできる

本日のまとめ:

  • 学生時代の延長で今の仕事も嫌になってしまう
  • 過去の記憶から連想されて今の現実を創っている
  • 今までと違う行動で過去の連想を断ち切れる

 

今回は日曜の夜に仕事のことが浮かんできて、

死にたくなるほど行くのが嫌だった僕自身の経験から、

どうやって人生を変えられたかという内容でした。

 

仕事に限らず今の現実になっているのは、

過去の行動の結果として今があるわけなんですね。

ということは過去が今現在を形成しているなら、

 

今現在の行動が未来を創っていくわけです。

 

そこで今までと違う行動をとっていくことで、

望んだ未来を手に入れられるということです。

けど、そうなると頭に浮かんでくるのが、

 

「世の中、そんなに甘くない・・・」

 

ということではないでしょうか。

それに対する答えも実はシンプルで、

 

行動を継続するだけ・・・

 

たったこれだけなんですね。

そもそもが失敗とは諦めるから失敗なわけで、

諦めなければ行動を継続することになるのです。

 

つまりは結果が出るまで行動し続けること。

そして最後まで完了させる覚悟を最初に持つこと。

確かに簡単なことではないかもしれませんが、

これを意識した人は成功を手にしてるのです。

 

僕も日曜の夜は仕事のことが浮かんできて、

死にたくなるほど嫌で嫌でたまりませんでしたが、

そんな状況からでも人生を変えることができました。

当時は借金も抱えてのマイナススタートでした。

 

誰かができるのに自分ができないなんてありません。

 

長くなりましたので本日はここまでです。

お読み頂きましてありがとうございます。

 

関連記事:

日曜の夜が死ぬほど憂鬱で今の仕事が辛い人の根本的な解決策

日曜の夕方から憂鬱になる…サザエさん症候群に効く秘策2選

日曜の夜が眠れない…仕事のことを考えると憂鬱になる処方箋

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ