精神的に不安定になる原因とは?心が軽くなる4つの解消法

精神的に不安定になる原因とは?心が軽くなる4つの解消法

 

何気なく不安に感じることってありませんか?

そんなときは精神的にも不安定に感じるかもしれません。

そんな不安な気持ちになるのは何が原因なのでしょう。

 

誰だって気持ちが不安定なときってあります。

ですが大抵、不安定なときって何かがうまくいっていないときです。

たとえば以下のような内容はいかがでしょうか。

 

  • 仕事がうまくいっていない
  • 恋人との関係がうまくいっていない
  • 将来にたいして、うまくいきそうに思えない
  • 家族との関係がうまくいっていない
  • 急な環境の変化で、この先が不安

 

僕も進学したときや仕事を始めたときなどは、

あまりの環境の変化で辛さも感じていたことを思い出します。

そのときは、つくづく自分はメンタルが弱いと思っていました。

 

ですが不安定になる気持ちそのものは、

よ~く見つめてみれば決して悪いものではなかったりします。

今回は、簡単な不安を解消する方法を紹介したいと思います。

 

(前回の精神的に疲れた…心を回復させるシンプルな3つの方法では、

精神的に疲れる以前に実は身体に現れる様々な内容について触れていき、

特に仕事で疲れている人に向けて心を回復する方法を紹介しました。)

スポンサーリンク

 

1、とりあえず紙に書き出してみる

 

感情は外に出すことで楽になることがあります。

よくカラオケで思いっきり歌ったり親友と語り尽くしたりすると、

その前後を比べてみると心の状態がまるで違ってたりします。

 

もっと言えば好きな人に告白して振られてしまい、

それを親友に語ることで不思議なくらい気持ちが楽になることです。

これは自分の心にとめておいて感情を外に出したからです。

ここに心を軽くする大きなヒントが隠されているのです。

 

なのであなたが今、不安に感じていることは、

心の中にとどめたままだから不安になってしまうのです。

なぜなら、心は目に見えないからです。

 

目隠ししたときのことを想像してみてください。

そのまま「歩け」と言われたら不安になりませんか?

つまり、精神的に不安定な状態とは心が目隠しされた状態なのです。

そこで、この目隠しを取るため効果的な方法は、

 

今、自分の感じていることをとにかく紙に書き出すことです。

 

内容なんて何でもいいです。

とにかく書いて書いて書きまくってみることです。

嫌というくらい脳に汗かくぐらいとにかく書いてみてください。

できれば信頼できる人に打ち明けることは効果のある方法ですが、

今すぐできる方法としては紙に書き出してみるのが一番です。

 

心の中のものを紙に書き出して「見える化」することで、

きっと今まで気付かなかったことにも気付けるようになりますし、

そこから新たな視点が生まれて生き方も変わることもあります。

 

因みに紙に書き出すことの効果については、

やりたいことリストの作り方-天職を見つける3つのステップにあるように、

自分のやりたいことを見つけていくことすら可能なくらい効果的です。

 

 

2、自分を褒めてあげる

 

精神的に不安定な人は、

自分を否定的に捉えてしまうことも少なくありません。

自分を否定すると知らず知らずのうちに自尊心を傷付けてしまい、

 

  • ちょっとしたことでも傷付きやすくなる
  • 何をやるにもやる気が出てこない
  • どうせダメだとネガティブな思考になる
  • 自分を信じられないので他人のことも信じれない
  • 自分に自信がないから引っ込み思案になる

 

このような悪循環になってしまいます。

だけど誰だって否定的な人より前向きな人と付き合いたいはずです。

たとえばあなたが自分の仕事を他人に任せるときに、

 

  • 常に否定的な考えをしている人に任せる
  • 常に肯定的な考えをしている人に任せる

 

どちらが安心して仕事を任せることができるでしょうか。

仕事に限らず肯定的な人の方が安心して物事を頼めませんか?

自分を否定的に捉えていると他人にも不安を与えてしまうのです。

 

また自分を肯定することは潜在意識と強く繋がる要因となります。

潜在意識は「もう1人の自分」とも言われるようにあなたの分身です。

自分を否定し続ければ不安になりやすいのは当然のことなのです。

それを解消する方法は極めてシンプルです。

 

それは些細なことでもいいから自分を褒める習慣を持つことです。

 

よくうまくいっていない人に限って、

 

「このままじゃ、ダメじゃ~」

「こんな自分じゃいけんわ・・・」

「なんで俺って、いっつもこうなんじゃろう」

 

このように自己否定してしまっているのです。

本人もこの思考回路に問題があることに気付いていません。

 

この思考回路から抜け出して、

些細なことから自分を意識的に褒めることをしましょう。

何でもいいので1日1回でも自分を褒めるということを習慣にすれば、

自分のやることや考えることがうまくいくのも自然なことなのです。

 

 

3、カラオケで熱唱する

 

声をおもいっきり出すとすっきりしませんか?

あなたがカラオケが好きなら、

 

一定時間、大きな声を出し続けられるカラオケは効果的です。

 

精神的に不安定な状態というのは、

淀んだ川のように動きが鈍く底がが見えない状態です。

 

ですが、川の流れを止めている障害を取り除けば、

溜まっている余計な水がなくなって、きれいに流れ続けることができます。

声を出すことそのものは、

 

心のデトックスのような効果があります。

 

カラオケをしたあとに、

すっきりしたり、軽くなったりすのはそのためです。

 

 

4、専門家に相談してみる

 

心の問題は、専門家に相談するのも方法のひとつです。

カウンセラーやセラピストなど、

 

あなたの心にしっかりと寄り添ってくれる方が良いでしょう。

 

カウンセラーやセラピストを選ぶなら、

選ぶときにひとつ基準にして欲しいことがあります。

 

多くのカウンセラーやセラピストは、

ブログを通して、情報発信をしているものです。

そのブログの内容が、

 

自分の経験から語られている内容なら本物です。

 

とくに難しく考える必要はありません。

この人は自分の体験したことを話しているんだと感じられればOKです。

反対に自分の経験から語られていない内容があれば、

そのほとんどがネットで拾ってきたような情報です。

ここだけは注意をすると良いでしょう。

 

 

心は天気と同じ

 

心は天気と同じように、毎日変わり続けるものです。

 

天気予報士の予想は100%当たることはありえませんね?

明日、自分がどんな気持ちになるかなんて自分でも分かりません。

 

それは反対に今が精神的に不安定であっても、

なにがきっかけで明るい日差しが差してくるか分からないのです。

 

いつだって希望の光はあります。

 

なぜなら曇った空の上には、常に太陽が存在しているからです。

 

目の前の雲を振り払えばいいだけのこと。

たったそれだけです。

 

またあなたは自分が不幸だと感じたことはないでしょうか。

なぜ不幸な人生だと思ってしまうのか知りたくありませんか?では、

せめて普通の人生を歩みたいと思う人の陥る不幸の理由や、

本当の人生を生きるために諦めるべきことをお伝えしています。

ここでも褒めることの重要性について触れていますが、

ぜひ、こちらの記事も読んでてみ下さい。

 

どんな天気も楽しめることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ