仕事を辞めるのは「逃げ」ではなく幸せになるための勇気ある撤退

仕事を辞めるのは「逃げ」ではなく幸せになるための勇気ある撤退

 

今の仕事は続けられないから辞める・・・

それを逃げている思われるのは良い気はしないですね。

職場に限らず家族や友人にも言われたら嫌になります。

けど逃げることに多くの人が誤った考えを持っています。

またそうした人達に限って人の痛みが理解できないのです。

 

「仕事を辞めるヤツは、弱いから逃げるんだ!」

「しんどくても辛抱してやればボーナスがもらえる!」

「仕事できんヤツは、逃げることしか考えん!」

 

ホントに何も知らずに、ただただ非難するばかりです。

自分達が実際にに苦しい思いをしてないから言うのです。

また本当に心配して言ってくれるパターンもありますが、

ジリ貧で追い込まれていけばその仕事は離れてしまいます。

 

なぜ苦しさに耐えて仕事を続けなければいけなのでしょう?

そこに仕事を続けることの意味はあるのでしょうか?

 

この問いに答えられるのは上記のような人達にはいません。

彼らもまた何のために働くのかの意味を見出せないのです。

いえ、働く意味すらも考えようとしないのかもしれません。

 

なぜなら彼等に幸せや充実を感じられないからです。

 

今回は僕の経験から嫌いな仕事を続けた経験をお伝えします。

働くことが苦しくて辛くて何のために働いているのか、

そのことが分からなくて結果として仕事を辞めることは、

 

幸せになるための勇気ある撤退と言えるのです。

 

前回は、上司に辞めることを伝えるのが億劫な人のために、

引き止められても意思を通しやすい考え方をお伝えしました。

仕事を辞めるときの言い方とは?退職理由の3つの考え方

 

スポンサーリンク

嫌いな仕事を続けてもなにも残らなかった

 

僕は以前、製造業の業界に5年7ヶ月働いてました。

今は製造業から手を引いてフリーランスになっていますが、

嫌々ながらに働き続けたこの5年7ヶ月の間で、

 

記憶に残っているものが一切ないのです・・・

 

人間って嫌なことは忘れるようにできてるんですね。

だけどこのまま記憶に残らない人生を送るなんて、

人として生まれてどれだけ人生を損しているのか?

世の中には幸せを掴んでいる人達が大勢いる中で、

 

今いる場所は絶対に居てはいけないと自覚したのです。

 

一体、自分は何のために仕事を続けてきたんだろう・・・

自分のためにならない空しい時間だけの日々は、

人生のムダ遣いしているようで罪悪感がありました。

1日の中で辛さや苦しさを味わう割合が大半なのです。

 

本当に勿体ない、これほど無駄ないことはない・・・

 

確かに職場での人間関係を通して学ぶことはあります。

全く意味のないことはないのかもしれません。

それでも僕にとってその職場で耐え続けることは、

 

もっと自分のためになる生き方が他にあるはずだ!

 

このように思えてならなかったのです。

そしてやはり勿体ないとしか思えなかったのです。

 

嫌なら嫌、苦しいなら苦しい、辛いなら辛い、

このような思いを蔓延的に抱えながら仕事を続けても、

そんな日々に価値などないことは明らかなのです。

 

 

我慢は美徳ではない

 

定年まで同じ会社を勤め続ける人がいます。

そんなことは、なかなかできるものではありませんね。

尊敬しますし、本当に素晴らしいと思います。

初めて入社して定年まで勤め続けることができるのは、

 

  • 会社の環境が、我慢できる範囲であった
  • 業務内容にあまり苦痛がなく、そこそこ向いていた

 

このような条件が備わっていたからではないでしょうか。

ですが、こうした条件は簡単に整うものではありません。

仕事を辞める人は建前ではスキルアップだとか言いますが、

本当のところは人間関係の悩みで辞める人達が大半です。

 

 

他には自分の適性にあったことにチャレンジしたとか、

他にやりたいことができたなどの理由もありますが、

仕事を辞める人のほとんどはネガティブな理由です。

ポジティブな理由の割合は極めて少ないのです。

 

仕事のやりがいとは何だろう?我慢が当たり前は古い価値観

この記事にも書きましたがやはり我慢は美徳じゃありません。

自分が我慢をすればするだけ苦しくなっていきます。

たった一度きりの大切な人生なのに・・・

 

また会社は利益が優先で社員の気持ちは二の次です。

そしてそれは仕方のないことでもあるのです。

なので現状を変えたいなら自分で動くしかありません。

我慢はせずに本当に辛いなら仕事は辞めるべきです。

問題なのは不満を持ちながら現状に甘えることです。

 

 

嫌いな仕事をすると金運が下がる

 

不思議なことに嫌いな仕事を続けると、

僕も悩んでたことですが金運が下がっていきます。

なぜならストレス解消にお金を浪費するからです。

 

僕は、仕事が毎日残業だったので、

ストレス過多で帰りに必ずコンビニに立ち寄り、

甘い物を買って車の中で食べるのが習慣になってました。

これって簡単に習慣になって抜け出せなくなるんですね。

 

チリも積もれば山となると言われるように、

一回の買い物はたかだか数百円程度なんですが、

それを1ヶ月単位で見ると大きな出費でした。

 

お金を浪費してしまう問題は他にもあります。

それは記憶に残らない大きな浪費のことです。

「あれ、なにに使った?」と思い出そうとしても、

記憶に残らないほど無価値なものへお金を使ってました。

 

嫌いな仕事を続ければいろんな悪影響が出ます。

お金の使い方そのものも下手になってしまうのです。

そして最も怖いのが習慣化されてしまうことです。

 

「このまま、この生活を続けてたらダメになる」

 

そんなことは頭では分かっているのですが、

帰り道になるとフッと悪魔の声がささやいてきて、

理性が利かなくなって、また浪費してしまうのです。

もう、こうなってしまうと本当に厄介です。

 

  • 給料はいいけど、嫌いな仕事
  • 給料は安いけど、好きな仕事

 

結局どちらがお金との付き合い方が良くなり、

どちらが財布の中や預金口座にお金が残るのかと言うと、

 

確実に給料は安いけど、好きな仕事です。

 

僕自身、今は好きなことを仕事をしているので、

その経験からこの両者を比べてみて断言できます。

嫌いな仕事を続けるのは百害あって一利もありません。

 

では具体的にどのような害があるかについてですが、

苦手な仕事を続けることに何の得もない6つの理由にて、

苦手な仕事を続けることのリスクについて書いています。

実は自分がいかに合わない場所で居るかに気付けず、

または見ぬフリをする人はホントに多いのです。

 

決して逃げることが悪ではないと知るべきなのです。

自分の本当に望んでることは自分で掴もうとしなければ、

誰も与えてくれないどころか下手すれば利用されます。

 

だけど、あなたが意識を変えた瞬間から、

自分を変えることは不可能なことではありませんし、

そのための行動に遅いなんてことはないのです。

 

 

幸せを感じる仕事が大切

本日のまとめ:

  • 嫌いな仕事を続けてもなにも残らなかった
  • 我慢は美徳ではない
  • 嫌いな仕事をすると金運が下がる

 

苦しい、辛い、もう嫌だ・・・

このような感情を味わうような仕事では、

失うことはあっても得られるものはありません。

もちろん上手くやれるのならそれでいいと思います。

 

だけどジリ貧で追い込まれてるなら居場所じゃないのです。

 

実際に僕は辛かった当時の会社員時代を振り返ってみて、

良い思い出はなくて辛い思いでしかありませんでした。

せいぜい、思いつきで高知県の高知城に行ったくらいです。

それって会社以外でのことなのでほぼ無関係です。

 

それにたとえどんなに給料が良い会社でも、

ストレス解消のために使ってしまうので、

貯金ができないことに悩んでしまう毎日です。

 

僕も手取り30万だった頃もありましたが、

あれだけ稼いで100万円も貯金できませんでした。

いえ、100万円どころの話ではありません。

30万すら貯金することができなかったです。

 

そこで確実に言えることは、

お金の使い方が下手になっていたという事実です。

そして根本的な問題を解決していかなければ、

永遠と悩み続けることにもなるのです。

 

それよりもたとえ給料が安くても、

自分に合った居心地の良い職場を選ぶ方が良いです。

それを見つけられるほど人生は簡単ではないかもしれません。

けどそのために勇気を持って今の仕事を辞めることは、

 

逃げることではなく幸せのための勇気ある撤退です。

 

そういうことにこそ勇気は使うべきではないでしょうか。

自分の幸せのために勇気は振り絞るべきだと思います。

だからこそ他人にも手を差し伸べられるのです。

 

また仕事を辞める時の伝え方って難しいですよね。

上司が納得してくれるにはどんな風に伝えればいいのか?

仕事を辞めるときの言い方とは?退職理由の3つの考え方にて、

退職理由で上司が納得してくれるようなポイントや言い方など、

また引き止められた時の考え方や心構えをお伝えしています。

 

これは僕が実際に辞める時に考えたことなので、

ぜひ参考にしてほしいと思います。

 

納得のできる生き方ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ