新入社員で仕事が辛いと感じるときはどうすればいいのか?

新入社員で仕事が辛いと感じるときはどうすればいいのか?

 

新入社員として新たな一歩を踏み出したのに、

次第に仕事辛いと感じるようになってきてませんか?

 

このままこの仕事を続けるべきか・・・

そんなところまで考えてしまいそうですね。

 

こんなときは、どう気持ちを切り替えたらいいのでしょう。

やはり仕事を辞めることが一番良いのでしょうか。

 

実際のところ、新入社員のほとんどの人が、

入社後に仕事が辛いと感じることが多いようです。

最初は、勢いややる気があるからいいのです。

ですがモチベーションはいつまでも持つわけではありません。

 

僕もはじめて正社員として入社した会社では、

数日経ったところでもの凄い後悔のような感覚に見舞われました。

 

「もしかしたら仕事、やめるかもしれん・・・」

 

と母親に言ったのを今でも覚えています。

 

(前回は、仕事で失敗ばかりする…落ち込んだ気持ちを立て直す秘訣にて、

仕事で失敗ばかりするときの繰り返さない向き合い方をお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

入社3年間の差は後々になって現れる

 

新入社員として入社したはじめの3年間は、

これからの社会人としての生き方に大切な時期と言われます。

 

なぜなら、

 

仕事の基本的なやり方や覚え方、人との付き合い方など、

社会人に相応しい能力を身に付けていく時期だからです。

 

当然、このような時期に会社から業績を期待されることはありません。

なので先輩や上司にときに叱られながらも、歩んでいかなければいけません。

慣れない環境の中、孤独にも耐えながらの毎日は辛いことだと思います。

ある意味、新入社員が最も過酷なのかもしれません。

 

そしてこの3年間をどう生き抜くかが、

その後の人生を大きく左右するものとなるとも言えます。

社会人としての基礎力、地盤がしっかりとしていれば、

その後の仕事に大きく影響が出てくることでしょう。

 

困難なこともたくさんありますし、多くの失敗も経験するはずです。

そして誰もがこの壁を乗り越えて成長していくものだと思います。

それだけ入社3年間は大切な時期でもあるのです。

 

 

自分の市場価値はどのくらい?

 

サラリーマンとして会社に存続することの、

自分の市場価値とはどのくらいのものなのでしょうか。

 

それは一人前に成長して自分の年収の1/3と言われています。

 

では残りの2/3はどうなるのかと言うと会社です。

なぜなら、たとえ一人前の社員になったとしても、

その会社がなくなれば、自分のできることが極端になくならからです。

同じ業界に転職したとしても、会社によって方針も違います。

当然ながら、一人の人間としてやっていくことは不可能でしょう。

そういった意味で、社員における会社の力は大きいと言えます。

 

となると新入社員となると1/3どころではありません。

なので新入社員に業績など期待はしていないのです。

 

それよりも新入社員の3年間は、

 

給料よりも仕事のやり方やビジネスマナーを持ち帰ることです。

 

それが会社が新入社員に望んでいることであり、

あなたが仮に仕事を辞めたとしても生かすことのできる部分になります。

 

 

どうしても仕事が辛いと感じるときは?

 

それでも仕事が辛いことに耐えられないこともあります。

よほどブラックな企業で、セクハラやパワハラなどあれば別ですが、

仕事とは、そもそも自分の思い通りにならないことの方が当たり前です。

 

僕が仕事が辛いと感じてどうしようもなかったとき、

そんな気持ちを救ってくれたのは同じ職場の仲間でした。

ひとつ上の先輩を中心に、仕事仲間とは良い付き合いができました。

そのお蔭で、最も辛いと感じやすい半年までの時期を乗り越えれました。

 

あなたの周囲に自分と近いと感じる人はいないでしょうか?

自分と距離が近いと感じる人と繋がってみることです。

同じ環境で話しができる相手がいるかいないかだけで、

仕事が続くか続かないかに大きな差となってきます。

一人孤独に向き合うことは新入社員には耐え難いことではないでしょうか。

 

 

仕事が辛いときは逃げるのも選択のひとつ

 

僕は何度も転職を繰り返しています。

新入社員として入った会社も1年2ヶ月で辞めました。

その理由は、仕事があまりにも過酷過ぎて身が持たなかったからです。

 

どんなに頑張ってもどうしようもないことがある。

 

それは、今あなたが感じていることも同じかもしれません。

ほんとに仕事が辛くてどうしようもなければ逃げても良いのです。

世間は、それを酷評のように扱ってしまう風潮がありますが、

 

擦り減って、自分を壊してまで仕事はやるべきではありません。

 

だけどちょっと仕事が辛いからと自分を甘やかすのも問題です。

特に最初にお伝えしたように、

 

新入社員で入社した最初の3年間は、後々を決める大事な時期です。

 

そのことも忘れないでください。

良い仕事ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連する記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ