仕事が出来ない人ってどんな人?ダメな社員の12の特徴

スポンサーリンク

仕事が出来ない人ってどんな人?ダメな社員の12の特徴

 

「なんでこの人仕事が出来ないの?」

て感じで困ったことはないでしょうか。

周囲の人達にも迷惑を掛けたりしますよね。

 

今回は仕事が出来ない人の特徴をまとめました。

知っておくと上手く立ち回れるようになります。

 

仕事が出来ない人ってどんな人?

仕事が出来ない人ってどんな人?ダメな社員の12の特徴

 

環境が合ってないので本当の居場所じゃないんですね。

 

仕事が出来ない人の根本的な原因

 

仕事が出来ない人と出来る人って、

同じ人間なのに何が違うのでしょう。

何故、差が出てしまうのでしょう。

 

生まれ持った運や才能や恵まれた環境、

または能力的に違いがあるのでしょうか。

実はそんなところは全く関係なくて、

 

ただその人が合わない場所に居るだけ・・・

 

たったそれだけのことなんですね。

誰もが欠けることなく何かの才能があります。

しかし自分の才能の在処は分からないので、

本人も分からず合わない場所で働くのです。

 

例えば本当は人と関わるのが好きで、

接客業をやれば出世も出来るくらいなのに、

人ではなく物を相手にする製造業を選んでしまい、

社員に嫌われながら働くといった感じです。

 

 

仕事が出来ない人に見る本来の居場所

 

自分の合ってる居場所じゃない・・・

それは仕事の出来ない人の特徴です。

 

けどそこそこ仕事をこなせる人だって、

自分の才能をフルに発揮出来る場所なのか?

と問われると必ずしもそうとは限りません。

そこで折角仕事が出来ない人がいるなら、

 

仕事が出来ない人はどんな人なのか?

 

その特徴を知っておくことで、

自分の本当の居場所を見つけるヒントになります。

また合わない場所を回避することも出来ます。

 

「アイツは全く仕事が出来ないな!」

 

てそんなレッテルを貼られたくないですよね。

仕事が出来ない人間に思われるのは嫌だと思います。

 

本来の居場所では神は細部に宿る

 

更にもう一つあって、

実は仕事の出来ない人と出来る人の差は、

 

日常の些細な行動をの積み重ねにあります。

 

つまり、行動、心構え、コミュニケーションにおいて、

どれだけ小さなことを意識して積み重ねているかです。

毎日のちょっとした挨拶にしたって積み重ねれば、

それが大きな信用へと繋がっていく訳です。

 

神は細部に宿るという言葉がありますが、

合わない場所では細部まで意識が回りません。

 

仕事が出来ない人の12の特徴

 

今回は仕事が出来ない人の特徴をまとめたので、

ぜひ自分を知る意味でもお役立て下さい。

 

1、自分の解釈で仕事をする

 

仕事では確認をすることが大切です。

そのやり方が間違っていないかとか、

仕事で得た情報を的確に伝えるなど、

しっかりと確認をすることが大切です。

 

仕事が出来ない人は、

自分の思い込みで解釈してしまい、

それによって失敗を招いてしまいます。

 

 

2、表面的な事ばかり見て批判する

 

仕事が出来ない人は、

環境や人の批判ばかりします。

 

反対に仕事が出来る人は、

自分の仕事や内面にも集中します。

 

意識が外に向いているのか、

内に集中しているのかの違いです。

 

 

3、過去のやり方に拘る

 

仕事では時折、作業方針などで、

社員と上司が揉めることだってあります。

双方のやり方に納得がいかない状態です。

 

仕事が出来ない人は、

新しいことを受け入れるのが苦手です。

過去のやり方に拘ってしまうのです。

 

 

4、人によって意見が変わる

 

人は基本的に、

「何を言ったか」ではなく、

「誰が言ったか」で判断します。

 

嫌いな人の意見は受け入れられないけど、

友人なら受け入れられるってありませんか?

 

だけど本当に大切なのは、

言葉の本当の意味を汲み取る力なのです。

言葉の意図を読み取る思考力が大切です。

 

 

5、いつも時間に追われて忙しい

 

いつも時間に追われいる・・・

これも仕事が出来ない人の特徴です。

 

これって仕事だけじゃなく、

家庭、友人の付き合いや習い事など、

プライベートでも忙しかったりします。

 

 

まるで忙しいことがデキる人間・・・

であるかのように錯覚している訳です。

そこにあるのは単なる見栄であり、

それは見透かされるものです。

 

 

6、他人と比べて優越感に浸る

 

他人の目を気にし過ぎるのも、

仕事が出来ない人の特徴です。

 

他人が自分よりも成果を出すと、

悔しさや不快感を感じる傾向にあります。

 

それは自分が仕事が出来ないから、

スポンサーリンク

自分より劣る人を見つけて安心したいのです。

そうやって他人と比較して優劣をつけることで、

満たされない空しさを解消しようとします。

 

だけど比較することそのものは、

人間の健全な脳の機能に他なりません。

脳の機能なので活用の仕方さえ覚えれば、

弱みさえも代々の強みに変えられます。

精神的に弱い人の3つの特徴-どうしたら強くなれる?

 

 

7、知らないのに知ったかぶりする

 

本当は知らないことなのに、

あたかも知っているようなふりをします。

 

仕事において知ったかぶりは、

最悪の場合、ミスに繋がる危険があります。

 

ですがそれは普段から習慣になっているので、

仕事を含め普段の私生活の姿勢になっています。

謙虚でいようとする意識をもたなければ、

反射的に見栄を張ってしまうでしょう。

 

 

8、整理整頓が出来ない

 

身の回りの物が散らかっていると、

効率が悪くて仕事にも影響します。

 

整理整頓が出来ないというのは、

頭の整理も出来ていないということです。

 

よく部屋が片付けられない人の中には、

置き場を計算しているという人がいます。

けどほとんどの場合は言い訳をしてるだけで、

本当は面倒だから近くに置いてるだけです。

その姿勢が仕事にも出てしまう訳です。

 

そして仕事を決められた定時までに、

きっちりと片付けることも出来ません。

せめて、見える範囲のところだけでも、

整理整頓をすることが大切です。

 

 

9、都合が悪いと他人のせいにする

 

仕事が出来ない人は愚痴が多いですか、

それは自分は正しいと正当化したいだけです。

 

実は他人のせいにする人は、

自己管理能力が欠けている場合があります。

なのでそんな人に責任ある仕事を任せると、

大概上手くはいかないケースが多いんです。

 

 

10、自分のことを勘違いしている

 

自分に自信を持つことは大切です。

ですが自分に自信を持つことと、

過信することは意味が全く異なります。

 

自分を出来る人間だと勘違いしてる人は、

自分の力や能力を過信し過ぎています。

そういった人は態度や雰囲気や言葉など、

過信を垣間見ることがあります。

 

だけど心の奥底では、

自信が無いからこそ過剰に振る舞っていて、

本音がバレることを怖れているんですね。

 

本当の意味での自信については、

以下の記事で詳細に触れています。

自分に自信がない仕事ができないと悩む人の4つの解決策

 

 

11、自分に甘い人、自分に厳しい人

 

自分に厳しくても自分に甘くても、

実はどちらも仕事が出来ない人です。

 

自分に甘い人は、

自分に自信が無いから努力出来ません。

 

自分に厳しい人は、

自分を批判しがちで継続出来ません。

 

そこで大切なのは、

今の自分を素直に認めることです。

 

 

12、会社に残って残業ばかりする人

  • 残業が多い = 仕事が出来る

 

これは当時会社員だった僕も、

自分のことを勘違いしていた部分でした。

 

忙しい部署で仕事量も多かったので、

自分は出来る人間だと勘違いしていました。

 

本当に仕事が出来る人は、

仕事に無駄に時間を掛けようとしません。

 

時間内に終わらせるよう仕事をこなします。

残業を多くする人は非効率なことをしてるので、

仕事が出来ない人の特徴なのです。

 

 

仕事が出来る人は鎧で身を固めない

仕事が出来ない人ってどんな人?ダメな社員の12の特徴

 

仕事が出来る人というのは、

  1. 自分の仕事に言い訳をしない
  2. 肩書きなどの先入観で人を見極めない
  3. 他人をコントロールしようとしない
  4. 仲間との協調性を大切にする

 

このような4つの特徴があります。

僕が以前勤めていた製造業の会社に、

毎日夜遅く残業する課長がいました。

 

朝礼では社員を遠まわしに批判し、

まるで自分が正義のような雰囲気で、

社員の士気はどんどん下がっていきました。

 

そんな発言ばかりしてたので、

社員と課長との間には大きな溝が出来ました。

 

これでは仕事が上手く回るはずがありません。

 

今は部署が縮小して落ち着いているようですが、

他人を批判してコントロールしようとすると、

上手くいかなくなる良い例だと思いました。

 

他人の振り見て我が振り直せ!

 

という言葉がありますが、

自分の仕事の姿勢を見つめ直すことは大切です。

他人を否定して自分を守るばかりしていると、

仕事が出来ない人間になってしまうんですね。

ということで今回はここまでにします。

 

良い仕事が出来ることを祈っています。

 

仕事がうまくいかない時期のある心理的な原因と解決策

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ