会社の人間関係で溜まったストレスを解消する4つの秘策

会社 人間関係 ストレス

 

あなたはどのくらいの期間、

会社の人間関係に悩み続けていますか?

抱えたストレスが今にも爆発しそうになってませんか?

そんな状況では自分だけが苦しいばかりですね。

 

仕事の悩みって基本的に誰も理解してくれません。

 

なぜなら、みんな心に余裕がないからです。

それはプライベートの時と比べると一目瞭然です。

 

そもそもが好きでもない仕事を我慢してやってるので、

自分に火の粉が飛んでこないように立ち回るとか、

自分のことを守ることで精一杯になってるんですね。

 

だからと言って、

他人や会社を憎んでも問題は解決しませんし、

そんな状況が決して悲観すべきことではないのです。

 

今回は、溜まったストレスを解消するための、

僕が当時実践してきた4つの秘策をお伝えします。

 

これを読むことでストレスの付き合い方が分かり、

感情のバランスを正常に保つことができるでしょう。

 

前回は、なぜ会社の人間関係に悩んでしまうのかの理由と、

そして根本的解決のための考え方についてでした。

会社の人間関係にうんざり…そこは居場所じゃないと知るべき

スポンサーリンク

1、仕事の後にご褒美を用意する

 

1週間の仕事の中で、

最も憂鬱に感じる曜日はいつでしょうか。

それは主に日曜の夜から月曜の朝ではありませんか?

つまり仕事の始まりが最もストレスに感じます。

 

そんな憂鬱な気分を毎週味わうことになると、

気が付かないうちに精神的にも影響が出てきます。

気が付いたら最近全く笑ってないとかなってませんか?

ずっと下ばかり見て歩くようになっていないでしょうか。

 

そうなるとポジティブな状態を忘れてしまうので、

余計にネガティブな状態へと陥ってしまうんですね。

なので意図的に流れを変えていく必要があるんです。

そこで最も憂鬱に感じる日に着目して、

 

その日の仕事が終わったらご褒美を用意するのです。

 

例えば気になってた映画を観に行くとか、

温泉に行ってアカスリやマッサージをするとか、

ちょっと奮発して美味しいものを食べるとかです。

自分にご褒美を用意するポイントとしては、

 

それをすることにワクワクするかどうかです。

 

後に楽しみがあるだけで、

その日を乗り切る気分が断然違いますよね。

他には休みの日に友達と旅行に行くなんかも、

考えるだけでもワクワクしてきますよね。

 

ただ、休みの日となると日にちが掛かるし、

毎週のことなのでその日にできることがベストです。

勿論、休みの日に楽しみを作るのもOKです。

 

要するに自分がワクワクして、

憂鬱になる気分を紛らわせるならいいのです。

会社でのストレスは会社では解消できないので、

会社以外で考えることが大切です。

 

 

2、筋トレをする

 

筋トレをすると、

トレーニング最中は集中できますし、

何よりその後の疲労感が忘れさせてくれます。

 

それに疲労感が心地良かったりするんですね。

 

会社の人間関係で溜まったストレスって、

なかなか頭から離れない粘着性がありますよね。

 

そんな時は筋肉を刺激して、

直接、身体に訴え掛ける方法がベストです。

 

それに筋トレを日課にすることで、

身体がシャープになって自信にも繋がりますし、

単純に筋肉を鍛えることは風邪にも強くなります。

新陳代謝が上がることで老廃物が代謝されるからです。

このように身体が強くなるということは、

 

当然ながら精神的にも強くなっていきます。

 

昔から「病は気から」ということわざがありますが、

気持ちが弱ると身体にも悪影響を及ぼしてしまいます。

けど身体が弱ると精神も弱くなってしまうのです。

 

単純に精神を強くするには、

身体を強くする方がシンプルで分かりやすいです。

筋トレはある程度のストレス耐性が身に付きます。

 

また筋トレって自宅で完結するメリットがあります。

ストレス解消が目的なので専用器具を使わなくても、

自重トレーニングで十分に効果があります。

 

 

3、怒りや悲しみに思いっきり浸る

 

会社の人間関係って、

ストレスが一方的にどんどん溜まっていきます。

そして多くの人がストレスを溜め込むばかりで、

会社を辞めたくなるほど辛い毎日を送ります。

 

感情って出さなければ溜まる一方なんですね。

 

そしてそのままにしておくと爆発してしまい、

その結果、急に仕事に行けなくなったりとか、

うつ病などの精神的疾患を伴ってしまうとか、

取り返しのつかないことにもなり兼ねないのです。

 

しかもその弊害はその時だけでなく、

その後のあなたの人生すら悪影響を及ぼしてしまう・・・

そんな可能性だって少なくはないのです。

 

これは僕が心理学を学んだ時に、

その時の先生が実際にやってたことですが、

怒りや憎しみや悲しみなどの感情が溜まった時、

 

誰もいない場所で思いっきり叫んでたそうです。

 

そうすることで溜まったストレスを発散してたんですね。

これはその時間だけ思いっきり感情に浸ることになります。

 

他にはただジッと身体の感覚を見つめる方法もあります。

僕の場合はこっちの方法を採用していることもあれば、

車の中でブチ切れて思いっきり叫んでたりしました。

 

「ふざけんなや、オラァー!!!」

「何しにワシだけ、こんな思いせんといけんのんじゃ!!」

「人を舐めるのも大概にしとけやボケがぁ!!」

 

誰もいないところなら誰にも迷惑掛けないので、

自分の感情を適切に出してあげることが大切です。

ストレスなんて溜めたところでいいことはありません。

 

 

4、副業を始める

 

僕は会社ではパワハラや孤立化など、

人間関係ではかなりストレスフルな状態でした。

なので、時折怒りが爆発しそうにもなりました。

 

そんな時は家に帰ってパソコンを開き、

転職サイトに登録して面接まで行ったりしました。

けど、結局は転職に踏み切れなかったんです。

 

今の収入を手放すことへの怖れとか、

上手くやっていけるか分からない先の不安とか、

こうした心理的な壁があまりに強かったからです。

 

けど転職サイトに登録すること自体は、

情報を得る意味では非常に有効な手段なんです。

 

なので僕は今の会社を働きつつ、

今の状況を変えていく方法を探していきました。

その結果、ネットビジネスというものに出会いました。

 

ネットビジネスはブログで収入を得るビジネスモデルで、

自分が働かなくてもブログから自動で収入が得られます。

 

アルバイトなんかやっても、

結局は自分の時間を切り売りするので意味がありません。

 

ただ自分で稼ぐ力を身に付けることは、

3ヶ月や6ヵ月は辛抱してブログを書き続ける・・・

このようなある意味試しの時期があります。

 

それを覚悟して臨むのであれば、

やること自体は非常にシンプルなので、

どの手段よりも確実性は高い方法だと言えます。

 

会社とは別の収入源を確保してから、

転職するのだって立派な人生の戦略です。

 

 

ストレス解消を逃げ道にしないこと

本日のまとめ:

  1. 仕事の後にご褒美を用意する
  2. 筋トレをする
  3. 怒りや悲しみに思いっきり浸る
  4. 副業を始める

 

今回お伝えした内容は、

僕自身がサラリーマン時代からやってきたことで、

今でもずっと続けていることでもあります。

 

副業から始めたネットビジネスは、

今では専業として、その道で生計を立てています。

 

独立すれば自由ですが全てが自己責任ですし、

収入だって自分の裁量でコントロールできる反面、

現実として不安定な側面もあります。

 

そんな時は自分の不安な感情と向き合うのです。

アルコールや遊び友達に逃げたりはしません。

とは言え、感情って常にバランスを保とうとするので、

ジッと苦しや悲しさを味わってるだけで、

 

逆に生きるエネルギーが湧いてきたりするんですね。

 

そうやって乗り切って成果が出れば、

ちょっと旅行に出掛けるとかご褒美を楽しんだり、

パフォーマンスをフルに発揮するために、

筋トレだって日課として今でもやってます。

 

このように自分をコントロールして生きてると、

凄く心地が良いし、毎日が本当に楽しいです。

なのでストレス解消することを逃げ道とせず、

あなたの本当の生き方を見出してほしいと思います。

 

そうでなければ会社の人間関係で悩み続けるだけ、

ただただ苦しむだけでは損するばかりです。

そこから自分の本当の生き方を見出して、

そして前に踏み出す勇気を持ってほしいと思います。

 

関連記事:

会社の人間関係にうんざり…そこは居場所じゃないと知るべき

もう会社の人間関係なんてどうでもいいと思ってるあなたへ

会社の人間関係で孤立しても無理に修復する必要はない理由

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ