やりたいことがわからない-転職先を選ぶ前の自分の見つめ方

やりたいことがわからない-転職先を選ぶ前の自分の見つめ方

 

仕事に不満があったり、辛い思いをしていれば、

仕事を辞めたいと思うのが当然だと思います。

ですが、転職を考えてもやりたいことがわからない・・・

 

実際に転職をしようと思っても、

 

求人サイトや様々な情報を見ていく中で分からなくなっていったり、

面接に何度か言っているうちに、何がしたいのか分からなくなったり、

このように転職もうまくいかず、自分自身も分からなくなってしまいます。

 

僕も20代の頃は、自分は何がしたいのか・・・

やりたいことがわからないままで過ごしてきました。

 

このように仕事を辞めて、転職しようか悩んでしまうと、

なかなか答えが出てこないのが苦しいところだと思います。

 

ですが、僕の経験でこれだけは確かです。

 

自分の頭だけで考えても、答えなど出てきてはくれません。

 

もしそれで答えが分かっていれば、

今まさに仕事に迷う苦しい現状であるはずがないのです。

やりたいことが分かっていれば、今と同じではないはずです。

では、一体どうすれば良いのでしょう?

 

(前回は、やりたいことが見つからない30代の本当の自分の見つけ方にて、

やりたいことが見つからない30代の自分探しの方法をお伝えしました。)

 

 

やりたいことがわからないのは考え方の違い

 

あなたは自分のやりたいことと聞いて何が浮かんできますか?

また「やりたいこと」そのものに対して、考えたことはありますか?

この質問で、何が言いたいのかというと、

 

「やりたいこと」にたいする自分の認識はどうなのかということです。

 

たとえば、やりたいことと聞いたら、

 

「自分の適正に合った仕事」

 

と思うのが当然なのかもしれません。

では、なぜ自分の適正に合った仕事がやりたいことと繋がるのでしょう?

なぜ「やりたいこと = 自分の適正に合った仕事」となるのでしょうか。

それは、誰が決めたことなのでしょう。

 

誰もがみんな、そう思っているからでしょうか?

 

だとしたら、あなたはみんなと同じように人生の迷い人になってしまいます。

なぜなら、世の中のほとんどの人が自分の情熱と出会っていないからです。

 

 

やりたいことを見つけるには視点を変える

 

では、どうすればやりたい仕事を見つけることができるのでしょうか。

転職で失敗する人は、自分の能力的な適正で仕事を選んでしまうことがあります。

 

ただ、

 

  • 能力的な適正が合う = 転職先の仕事が合っている

 

という風にはならないのです。

そこには、ある重要な視点が欠けているからです。

 

その視点とは、

 

自分が喜びを感じる瞬間がなにか?・・・という視点です。

 

僕は、ただ給料が良いというだけで仕事を選んだ経験があります。

派遣社員として入社して、手取りで30万近くはありました。

ですが入った会社は製造業で、この業界は内部の状況の変化が激しいのです。

 

給料が良いという理由で仕事内容も退屈で、もちろん人間関係良くはなく、

ただただ給料が良いだけで我慢して働いていましたが、

残業ができなくなったり、派遣社員から契約社員になって更に給料が下がり、

次第にやる気もなくなっていった僕は、ついに退職をしてしまいました。

 

あなたの今の状況は、当時の僕は違うかもしれません。

 

ですが、

 

転職をするならば、自分が喜びを感じる瞬間はなにか?

 

ここを無視して転職をしてしまうと失敗する可能性があります。

できるだけ心から納得できる環境を最優先させるべきなのです。

 

 

まずはふんわりした内容でも喜びの瞬間を

 

転職を考えるときに、やりたいことがわからない人というのは、

自分の能力的にみて適性が合うか合わないかで判断する人が多いです。

なぜなら自分の能力は目で見て確認できるからです。

 

  • 細かい作業が得意で手先が器用
  • 人に任される業務が好きで幅広く活動したい
  • 機械の扱いが好きなので機械を操作したい
  • 他人に説明したり会話をする仕事がしたい
  • クリエイティブに活動したい

 

これらは、一見もっともらしく見えてしまいますが、

 

大切なのは、

 

これらの奥にある何を感じるかなのです。

 

上記のような活動を通して自分がどんなことに喜びを感じるのかを知ること。

そのためには、まずはふんわりしたことでも良いので、

 

あなたの過去でもっとも感動した瞬間を思い出してみると良いでしょう。

 

そこにきっとヒントがあるはずです。

自分の棚卸をしなければ自分を見つけることはむずかしいです。

やりたいことがわからないなら、自分を見つめることが大切なのです。

 

 

自分が嬉しい瞬間なら何でもいい

 

自分が嬉しいと感じられる仕事なら、

どんな内容であっても納得できると思いませんか?

何でもいいと聞くと偏見を持たれてしまいそうですが、

 

多くの人は、転職探しに余計なことを考えすぎてしまうように思います。

 

本当は、自分が嬉しいとか楽しいと感じることをすればいいだけ。

言葉にしてみればたったそれだけのことと言えるのかもしれませんが、

まずは、いろいろと自分の中にある条件を一旦脇に置いておいて、

 

自分が喜びを感じる瞬間の視点から考えてみてはいかがでしょうか。

 

やりたいことが見えてくるようになるかもしれません。

また自分一人ではやりたいことなんてどうしても分からないという場合、

自分に向いてる仕事がわからない35歳までの適職の見つけ方では、

今までの仕事より、もっとやりがいのある仕事に就けるようになるために、

必要となる考え方や方法についてお伝えしてますので、

ぜひ、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

 

毎日が充実した良い会社へ転職ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ