やりたいことが実現できる人に共通する2つの要素

スポンサーリンク

やりたいこと 実現

 

やりたいことが分からないという人は多いです。

けど一方ではやりたいことがあるんだけど、

それを実現することができない人も多いです。

 

では、やりたいことが実現できる人って、

そうじゃない人と一体何が違うというのでしょう。

実は共通するものがあって何かと言うと、

 

  • 今、何が分かっているのか?
  • 今の自分に何ができるのか?

 

という2つの要素なんですね。

これだけじゃあ、ちょっと分かり辛いですね。

今回は、その具体的な内容についてお伝えします。

やりたいことが実現できる人の思考を知れば、

 

「え、そんなこと考えてたの?」

 

て、目から鱗のような気付きが得られます。

そしてなぜ思った通りの人生を生きれないのか、

なぜ自分に限って悪い状況になってしまうのか、

そういった現状への打開にも繋がってきますので、

ぜひ、最後までお読み頂ければと思います。

 

前回は、何をやっても上手くいかなくて途方に暮れてた時、

あることでしたことで天職に出会えたという話をしました。

やりたいことが分からない…仕事を辞めたら天職に出会えた話

知らないことはできないという当たり前の話

 

僕が30代前半だった頃の話ですが、

当時は部屋の中の95%以上の物を捨てました。

理由はとにかく自分を変えたかったからです。

 

けど何をどうすればいいか分からない・・・

 

だから自分の目の前にあることから始めようと思い、

自分の部屋の物を徹底して捨てまくったんですね。

 

その頃は断捨離が流行っていたようですが、

僕は断捨離の「だ」の字も知りませんでした。

けど、このことだけは分かっていたんですね。

 

それは、捨てることで何か変わる気がする・・・

 

というのを自分の中で感じていたんです。

けどその為の行動が小さいと大きな変化は望めないし、

今の辛い生活状況に影響を与えることができないので、

断腸の思いをするくらいの勢いでやるべきだと思って、

腹を括って半年間、かなり思い切ってやりました。

 

勿論、こんなことやって意味があるのかとか、

途中で挫折して中途半端になったらどうしようとか、

やってて全く不安がなかったわけじゃありません。

 

けどやり遂げると何かが変わりそうな気がする・・・

 

それは自分の中で分かってたんですね。

僕が最後まで完了できたのはそれだと思います。

逆に分かってなかったらやってませんでした。

この経験から分かったことなんですが、

 

可能性を感じることは最後までやり遂げられる!

 

ということだったんですね。

いけるかもしれないという可能性を感じていれば、

途中で不安になっても気持ちを保てるじゃないですか。

心の支えがなければ不安や怖れに負けてしまいます。

 

僕も最初から最後まで順風満帆だったわけじゃなく、

途中で何度も挫折しそうになりましたが、

可能性を感じてたので最後までやり遂げられました。

 

可能性を感じてたから最後までできたわけで、

それは自分の中では”既に知ってた”からなんです。

 

 

行動に繋がるレベルでとにかくアクションを起こす

 

じゃあ今度はどう部屋の物を捨てればいいのか?

実際に行動していかないといけないわけですが、

最初に言ったように断捨離なんて知りませんでした。

なので捨てる方法なんて全く知らなかったんですね。

 

けどそんなことは関係なかったんです。

僕達はつい考え過ぎて行動できない時があります。

僕も余計なことを考え過ぎる性格でしたが、

 

でもその時は今の自分にできることをやる・・・

 

というシンプルなことをとにかく意識しました。

そうしないとやりたいことが実現できないからです。

ずっと足踏みして自尊心が下がってしまいます。

 

なので自分にできそうな小さなことから始め、

迷いが深いとか覚悟が求められることは後回しにして、

スポンサーリンク

とにかく行動していくことを優先してました。

 

そうするともうここまでやったんだし・・・

みたいな感じでどんどん行動ができたんですね。

それが積み重なって最後までいった感じです。

 

副業時代もそうでしたが、

ブログの記事を書くことって億劫になるんです。

けど簡単な掃除をしたり、コーヒーを入れたりと、

 

最初に何も考えないで済む行動から始めたんです。

 

そうすると車の暖機運転みたいにエンジンが温まり、

毎日の作業も何とかこなせるようになりました。

結果、独立するという結果を手に入れたのです。

 

ポイントは考える必要がない行動から始めること。

やりたいことが実現できる人だって同じ人間なので、

最初は行動に繋げるアクションから始めているのです。

 

 

やっていくうちにやりたいことになる

 

やりたいことがないって言う人は多いです。

しかし、いきなりやりたいことが見つかるなんて、

いきなり素晴らしい結婚相手が見つかるくらい、

奇跡的なことだと思って間違いありません。

 

僕が部屋の物を捨ててる時だって、

それ事態がやりたいことだったというよりは、

 

その先に何か見つかるかもしれない・・・

 

という可能性や予感を感じてやってました。

そしてこの行動がネットビジネスへと繋がりました。

 

ネットビジネスも文章を書くことが仕事ですが、

それがやりたいからやっていたわけではありません。

というよりは文章を書くことに興味なんてなくて、

むしろ小学校の卒業文集以来だったんですね。

 

けどこれをやった先には何が待っているのか?

 

僕はそれにワクワク感や胸が高揚する感じがあり、

その為にネットビジネスを取り組んでいきました。

 

最初からやりたいことをやってたわけじゃなく、

それをやった先の未来に何が待ってるかを想像し、

本当にやりたいことを実現しようっていう感じです。

 

今では文章を書くことも歯を磨くような感覚になり、

やりたいことの一部になってる感覚があります。

 

文章を書いて生計を立てる・・・

 

決して楽な仕事とは言えませんが、

僕にとっては生活を整える意味もあります。

途中でやってることへの深い意味を理解し始め、

そこからやりたいことになるって感じなんです。

 

やりたいことが実現できる人というのは、

やっていることがやりたいことになっていた・・・

というケースも意外と多いです。

 

 

やりたいことが実現できる人は自分の本音で生きている

本日のまとめ:

  • 可能性を感じることはやりたいことに繋がりやすい
  • 今の自分にできることからアクションを起こすこと
  • 結局はやってることがやりたいことになっていた

 

今回は、やりたいことが実現できる人・・・

というテーマで僕の経験からお伝えしました。

 

  • 今、何が分かっているのか?
  • 今の自分に何ができるのか?

 

やりたいことが実現できる人は、

この2つの要素があるということでした。

 

僕達はやりたいことが分からないんじゃなく、

最初から自分の中にやりたいことがあるんですね。

というのもやりたいこととは言い換えると、

 

本当はどうなりたいか?

 

というだけのことなんです。

けどそれってあまりに抽象的過ぎて、

具体性がないので何をしたらいいのか分からない・・・

て、そんな感じになりませんか?

 

例えば自由になりたい!だったとしても、

自由ってあまりに抽象的過ぎて方法が分かりません。

だから自分に言い訳を作って諦めてしまうんですね。

 

この諦めというのも人間心理なので仕方がないんです。

けどそれだと何も変わらない人生を送ってしまいます。

だからこそ、逆説的になってしまいますが、

 

本当はどうなりたいのか?

 

と、自問することが大切なんですね。

そこから今回お伝えした内容に繋がるわけです。

 

今回の内容はいかがだったでしょうか。

本日もお読み頂きありがとうございました。

 

関連記事:

やりたいことが見つからない30代の本当の自分の見つけ方

やりたい仕事が見つからない人がきっかけを掴む5つの質問

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ