人生を楽しんでいる人の意外と知られていない5つの共通点

スポンサーリンク

人生を楽しんでいる人 共通点

 

僕は30代中盤まで人生が楽しくありませんでした。

けどある考え方に変えたことがきっかけとなって、

人生が180度全く別物に変ったのです。

そして後になって分かったことなんですが、

 

それは人生を楽しんでいる人の共通点でした。

 

僕がそのことに全く気付けなかった理由は、

当時、ネットで副業を始めて必死だったからです。

 

けど独立して心も時間も余裕が得られた今、

当時を振り返ると成功する考え方に変ってたな・・・

ということに気付いたんですね。

 

今回は、心から人生を楽しんでいる人の、

意外と知られていない本質的な5つの共通点について、

僕自身の経験を元にお伝えしたいと思います。

 

僕が独立して人生を変えたほどの知識なので、

それぞれが人生に強烈なインパクトがあり、

人生を変える上での精神的基盤となります。

 

前回は、楽しくない現実を引き寄せてしまう原因と、

その状態を変えていく為の考え方をお伝えしました。

今の仕事が楽しくない…働くことって所詮そんなもの?

1、時間を最も大切にしている

 

あなたは以下の4つの中で、

最も大切なものって何だと思いますか?

 

  1. 経済的な自由
  2. ゆとりのある時間
  3. 健康的な身体
  4. 精神的な豊かさ

 

いかがでしょうか。

実は成功している人のほどんどは、

時間を最も大切にしていると言われます。

ではなぜ時間が大切なのかと言うと、

 

人生は限られた時間しかないからです。

 

人生と聞くと長く感じるかもしれませんが、

20代、30代、40代、50代、60代と、

その年代は一度過ぎれば二度と訪れないのです。

 

人生を楽しんでいる人というのは、

その年代でできることを最大限に楽しんでます。

 

例えば20代では失敗を恐れずに挑戦するとか、

30代では自分のビジネスを所有して、

自分の人生に責任を持つことを学ぶとかです。

そして何よりも意識していることは、

 

人生にいつかは終わりが来るということ。

 

あなたはもし明日死ぬと分かっていれば、

今日一日をどのように過ごすでしょうか。

 

きっと今までのようにはならないはずです。

それが人生を本気で生きることになるんですね。

これが人生を楽しんでいる人の共通点です。

 

 

2、距離感を意識している

 

距離感と聞いて何を思い浮かべますか?

この距離感とは人や物事の距離感を言います。

というのも僕達人間というのは、

 

個々人で適切な距離感があるんですね。

 

例えば他人との関りの中で、

最も自分が心地よいと感じる距離感です。

自分の感じる感性で距離感を掴んでいるのです。

それが人生を楽しんでいる人の共通点です。

 

この距離感とはバランス感覚でもあり、

近過ぎると他人に翻弄されやすいいですし、

遠過ぎると孤独を感じて辛くなってきます。

 

つまり適切な距離感は幸福感にも繋がるのです。

 

例えば僕の場合はビジネスをする時、

人と直接関わるような仕事はプレッシャーになり、

自分の能力を最大限に発揮できませんでした。

 

けど間接的に関わる仕事に変えたことで、

自分に集中できて価値提供ができるようになり、

その結果、安定的に独立することもできました。

 

また人間関係で最も重要な要素って、

実は距離感だと言われているんですね。

 

自分の適切な距離感はどのくらいなのか?

自分のことを理解して人生を生きることができれば、

自分の人生に納得して生きることができます。

当然、その方が人生も幸せに感じるはずです。

 

 

3、成功曲線をコントロールしている

 

僕達は何かに挑戦した時って、

右肩上がりで成長していくイメージを持ちます。

けど実際のところは最初は低空飛行なんですね。

そしてある時期を境に一気に伸び上がります。

 

例えばスポーツを始めた時、

最初はいろんなことを教わって吸収します。

けどある時期から伸び悩みを経験することなります。

 

こうした時期は倦怠期ともいわれており、

ほとんどの人はこの時期で挫折をしてしまいます。

なぜなら何をやっても変化が現れないからですね。

しかし、この倦怠期を淡々と練習していくと、

 

  • いきなり身体が軽くなる
  • 出来なかったことが出来るようになる
  • 今までと別の感覚を持つようになる
  • 視野が広がっていろんなものが見える
  • 集中力が上がって冷静な状態になる

 

など、覚醒したような状態になります。

スポンサーリンク

これをパラダイムシフトと呼んだりもします。

しかし、もっと大切なことがあるんですね。

 

それは伸び上がる曲線をコントロールすること

 

僕達は一気に成功したいと思いがちですが、

それをやると反動が返ってきてしまうんですね。

 

例えば1億円の宝くじが当たった人が、

その後に人生崩壊するのは誰もが知ってますよね?

それこそが反動が返ってきた証拠なのです。

 

だからこそ一気に上がり過ぎないよう、

出来る限りのコントロールを意識するわけです。

その方が長く安定的に成功していけるからですね。

 

そして長い目で見た時に、

結局は単発より遥かに多くの利益を受け取れるのです。

だからこそ一気に成功しない方がいいわけです。

これが人生を楽しんでいる人の共通点です。

 

 

4、感情のバランスを意識している

 

人生は何で決まるかご存知でしょうか。

それは”どう感じたか”で決まるのです。

 

なぜなら不満のある仕事をし続ければ、

何の為に生きているのか分からなくなりますよね?

けど意気投合した仲間達と一緒に仕事をしていれば、

毎日が充実して楽しくて幸せな気持ちになりますね!

 

つまり、これが”どう感じたか”なのです。

 

幸せも苦しみも全ては人が感じることです。

どっちの割合を多く感じたかで人生が決まります。

だったらプラスの感情をたくさん味わいたいですよね。

 

けどマイナスの感情全く味わうことなく、

人生を送ることなんてできないですよね?

 

ということは考え方を工夫する必要があるんです。

 

例えば人に裏切られて悔しい思いをした時。

確かにその瞬間は大きな損をしたかもしれません。

けどそこから学んで成長していく選択もできますよね。

そうなると、人生がより味わい深くなっていくのです。

 

するとプラスはより味わい深く感じられ、

マイナスは成長の局面だと捉えることができます。

 

つまり考え方で感情のバランスを取るわけです。

 

このように考え方を工夫する意識を持てば、

どんなことも上手く乗り越えられそうに思いませんか?

これが人生の波を上手く乗りこなすコツでもあり、

そして人生を楽しんでいる人の共通点です。

 

 

5、自分の本音に素直に生きている

 

やはりこれが何よりも重要です。

自分の気持ちにウソをついて生き続けたところで、

心から満足して生きられた人がいるでしょうか。

そんな人は世界中のどこを探してもいません。

 

やはり自分の本音に素直に生きることなのです。

 

自分の本音とは非常にシンプルで、

本当はどうしたいのか?と問い掛けるだけです。

あなたが今、不満のある日々を送ってるとしたら、

 

本当はどうなりたいのでしょうか?

 

これって答えやすい質問でもあるんですね。

例えばやりたいことは何?って聞かれても、

誰もがパッと答えが出てくることはありません。

 

けど本当はどうしたい?と聞かれると、

何となく胸の奥にあるものうずくのです。

なぜなら誰もが自分の本音があるからです。

 

けどほとんどの人は大人を演じてしまうので、

自分の本音すらも分からなくなってしまうんです。

なので、これは本能を呼び起こす言葉なのです。

 

自分の本音に素直に生きること。

これは人生を楽しんでいる人の共通点です。

 

 

人生を楽しんでいる人は自分に嘘をつかない

本日のまとめ:

  • 時間を最も大切にしている
  • 距離感を意識している
  • 成長曲線をコントロールしている
  • 感情のバランスを意識している
  • 自分の本音に素直に生きている

 

今回は、人生を楽しんでいる人の共通点として、

意外と知られていない本質をお伝えしました。

 

僕は独立してもうじき5年目に入りますが、

未だにこの5つの要素を軸に考えています。

その中でも特に大事にしていることは、

 

自分の本音に素直に生きること!

 

このブログのテーマであり、軸でもあります。

僕は自分に本当はどうなりたいと自問し続けてきて、

心から望んでいた人生が手に入りました。

 

僕自身が実際の経験を通して、

体感として深く理解したことだからこそ、

今回の5つの要素をお伝えしています。

 

勿論、あなたが共感したところだけ、

あなたの人生に活かして頂きたいと思います。

 

今回の内容で参考になったところはありましたか?

次回も、ぜひよろしくお願い致します。

 

関連記事:

つまらない仕事を辞めることで得られる5年先の人生の差

人生で決断に迷ったら知っておきたい意外なタイミング

仕事を辞める勇気を出して人生を変えたい4つの言葉

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ