つまらない仕事を辞めることで得られる5年先の人生の差

 

退屈な仕事を続けた先の5年後・・・

仕事を辞めて別の道を歩んだ5年後・・・

好きでもない仕事をこの先何年も働き続けても、

希望ある未来なんて感じられないものですね。

 

仕事がつまらないなら変えるべきです!

 

何故なら3年以上働いてもつまらないなら、

その先5年後10年後も変わらないからです。

 

今回はつまらない仕事を続けた5年先と、

自ら道を切り開いた5年先の違いについて、

僕が脱サラして事業を始めた経験を元に、

お伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

つまらない仕事を辞めると得られるもの

つまらない仕事を辞めることで得られる5年先の人生の差

 

僕は思い切ってレールを外れたことで、

手に入れたい未来を実現することが出来ました。

 

ただ誰もが独立に向いてるなんて言いませんし、

人によって答えは千差万別だと思っています。

 

とは言え僕も当時は好きでもない仕事をし、

そのまま働き続けることに疑問を感じてたので、

同じように迷いや不満を持って働いてる人は、

僕の想像以上に多いんじゃないかと思います。

 

スポンサーリンク

最も大切なものを失ってしまう…

つまらない仕事を辞めることで得られる5年先の人生の違い

 

世の中好きな職場や職種で働ける人って、

ほんの限られた運が良い人だと思うんですね。

その証拠に世間一般的に言われることとして、

  • 仕事は辛くても我慢すべき
  • 汗水流して働くのが当たり前
  • 仕事を辞めるのは単なる甘え
  • 最低でも3年は働き続けるべき
  • すぐ辞める奴はどこにも通用しない
  • 皆苦しくても我慢して働いてる

 

このようなことを言う人が多いですし、

こうした考えが世間の常識のようになってます。

だけど間違いなく言えることですが、

 

つまらない仕事を続けてもつまらないだけ!

 

これはハッキリしてると思います。

そもそもたった一度しかない人生というのに、

しかも今という一瞬はもう二度と訪れないのに、

ただただ耐えるだけの日々になるわけです。

それって意味がないと思いませんか?

 

勿論、耐えることに意味があるというなら、

それは本人の問題なので一向に構わないですが、

だけどこの記事に訪れて頂いてるということは、

少なくとも意味なんて感じていないはずです。

 

つまらない仕事を続ける最大の損失

しかも仕事は1日の1/3は使うので、

言い換えると人生そのものがつまらない・・・

嫌いな仕事をするとはそういうことなんです。

そしてこれによって最も大きな損失は、

 

人生という大切な時間を失い続ける!

 

ということを声を大にして言いたいんです。

時間が限られているのは誰もが知っています。

時間とは言い換えると「命」と言えるんです。

 

命という時間を消費し続けてるのに、

それをただただ我慢して時間を消化するのは、

まさしく人生の無駄遣いと言えるわけです。

 

失い続ける先の未来は後悔しかない

苦しみばかりで定年まで向かえてしまう・・・

そんな人生だと将来にも不安を感じるはずです。

僕達はただ普通に生きていきたいだけなのに、

なぜこんなにも苦しい思いをするのでしょう。

 

ただ普通に生きようとするだけで、

不思議と辛い毎日を送ることになってしまう。

つまらない仕事が当たり前の日常になっている。

仕事は1日の大半を占めるだけに深刻な問題で、

もっとやりがいのある日々を送りたいですよね。

 

それがたとえ100%望み通りにいかなくても、

今より10%・・・いや、5%でも良くしたい・・・

僕達は辛い日々を送ると永遠に感じやすいですが、

それくらいなら決して無理ではないんです。

 

つまらないと思っている仕事に意味はありません。

この先も不満や不安を感じて生きることになります。

 

次の項目でつまらない仕事を辞めるのと続けること、

この両者の違いについて大切なことをお伝えします。

 

分かってるけど辞められない苦悩

 

仕事を辞める決心がつかない・・・

仕事って簡単には辞められないですよね。

生活も掛かっているのでお金は必要です。

 

辞めたいけど辞められないというのは、

仕事がつまらないと感じる人の共通の心理です。

でも辞められなくてずっと続けてしまいます。

 

では何故、仕事が永遠につまらないのに、

それでも辞めることが出来ないのでしょう。

それは以下の2つが原因です。

  • 慣れた環境を手放すことへの怖れ
  • 新しい環境という先の見えない不安

 

今、何だかんだで安定して収入がありますよね。

もし辞めて上手くいかなくて収入が無くなったら?

それってもの凄く怖いことだと思いませんか?

 

そしていざ新しい職場に転職出来たとしても、

また同じ苦しみを繰り返してしまったらとか、

仕事が合わなくて上手くいかなったらと思うと、

先のことを考えると不安になりませんか?

 

人は慣れた環境を失いたくないんですね。

怖れと不安の2つがあなたを混乱させるからです。

そして追いつめられたように切迫した気持ちになり、

結局、慣れた環境にすがってしまうのです。

 

慣れた環境にすがって踏み切れない…

 

つまらないと思いながらもずっと続ける・・・

これはホントに多くの人の悩みだと思います。

僕も働き続けても意味がないと分かっていても、

辞める勇気が持てずダラダラと5年も働き続け、

人生という時間を無駄に過ごしてきました。

 

先ほどの項目でお伝えしたように、

僕は完全に慣れた環境にすがっていたのです。

この職場で定年まで働けるならまだいいですが、

それすら不可能なことは分かってました。

 

そもそも当時の僕は派遣社員でした。

そこから契約社員になることができたんですが、

結局は契約を切られてしまえばお終いなんです。

なので使い捨てというのは変わらなかったので、

未来はないだろうと思ってました。

 

当時の僕が先がないと分かっていながら、

それでも慣れた環境にしがみついていたのは、

 

やはり「怖れ」と「不安」が強かったからです。

 

どうしても一歩踏み出せなかったのです。

ですが慣れた環境にすがってしまうことで、

結局何を失ってしまうかというと、

 

人生という大切な時間を失い続ける!

 

ということになるわけです。

20代は今のうちしかありませんし、

30代、40代だって今のうちしかありません。

 

人生を良いか悪いかを判断する基準

だけどそんな今しかない大切な時間を、

仕事がつまらないと思いながら過ごすことは、

人生の無駄遣いとなってしまうわけです。

 

じゃあ何故ここまで時間は大切だと言い、

時間は命そのものとまで言い切ってしまうのか。

あなたがつまらないと思いながらする仕事は、

日々どのような感情になってるでしょうか。

  • 辛い
  • 苦しい
  • 悲しい
  • 憎しみ
  • 不安
  • 恐怖
  • 怒り

 

このようなネガティブな感情を、

1日に感じる割合が多くないでしょうか。

こうしたネガティブな感情を多く感じる環境では、

誰もが不満に感じてしまうのは当たり前です。

これが人生の無駄遣いの原因なんですね。

 

そもそも人生が良かった悪かったというのは、

その人がどう感じるかの価値観で決まるものです。

つまりそこで感じる感情のことを指しています。

 

仲の良い友達と過ごす時間は楽しく感じるし、

嫌いな上司と一緒の空間は苦しく感じるわけです。

そしてその時どう判断するかはお分かりの通り、

 

自分の感じる感情を基準に判断するわけです。

 

なのでネガティブに感じる割合が多いと、

その環境に居続けるのは良いとは言えないんです。

 

そして更に怖ろしいことに、

僕達はお金を失うことには敏感なのに、

時間を失うことに関してはあまり自覚してません。

 

何故なら時間は目には見えないからです。

けど時間って取り戻すことはできないんですね。

誰もが同じ年齢をやり直すことはできないのです。

 

「怖れ」や「不安」で辞めることができないと、

大切な時間を失いますがほとんどの人は自覚してません。

一度失ったら取り戻すことのできないのにです。

お金なんかより、よっぽど大切なんです。

 

今の仕事で辞めるかどうか迷いがずっとあるのなら、

仕事が本当に向いてないと判断して~で書いたように、

続けるべきかどうかの判断基準を分かっていないからです。

 

因みにこの記事で書いている基準に合致していれば、

その続けても得るものはなくても失うことは多いです。

 

スポンサーリンク

臨終の瞬間に何を思いますか?

 

僕達の人生が一度きりなのは分かっていることです。

分かっていても前に進めないことは多いと思います。

具体的にすべきことが分かっても前に進めないものです。

そこで大切なのは長期目線で考えるということです。

 

このまま生きて臨終の瞬間には何を思うでしょう。

 

そこであまり良い感情を感じないようでしたら、

今いる場所は適切ではないことが分かります。

何らかの行動を取るべきだと判断出来る訳です。

 

つまらない仕事なら辞めるべきなのも分かります。

その仕事を続けることの延長線上に待っているのは、

 

「あぁ、やりたいことに挑戦すれば良かった・・・」

「あの時、思い切って決断すれば良かったなぁ・・・」

「何故こんな仕事を続けてしまったんだろう・・・」

「もっと別の人生だってあったんじゃないのか・・・」

 

こんな風に思って後悔することも十分にあります。

しかし、そうなってからでは遅いんですね。

だから時間を失うのは「怖れ」や「不安」よりも、

最も怖れるべきものだと言えるのです。

 

今の現状を変えたいなら辞めることを前提に

つまらない仕事を辞めることで得られる5年先の人生の差

 

いきなり明日から仕事を辞めろとは言いません。

仕事がつまらないとか、苦しいとか、辛いとか、

そんな無意味な仕事を我慢して続けるなら、

 

どこかで決断しなければ永遠に苦しいままです。

 

なので今いる場所を変える選択は大切なんですね。

現状を変えたいなら辞めることを前提に考えるべきです。

最も本気で変えたいと思わなけば話は別です。

 

僕も製造業の会社員を5年勤めていましたが、

延長線上の未来は嫌なので思い切って決断しました。

そして独立という道を選んで今に至ります。

 

仕事って長く居続ければ居続けるほど、

人生の決断を下すのが億劫になります。

慣れた環境を手放すのは怖いからです。

 

僕も5年くらい勤めてましたが、

会社に慣れてたのでかなり悩みました。

たとえ人間関係や業務で苦しんでる日々でも、

安定した生活を失うことは怖かったのです。

 

だけどこのまま今のつまらない仕事を続けるのと、

思い切って辞めた5年先を想像してみて下さい。

 

世の中どんな人も仕事を辞めても、

何だかんだで生きているという事実があるんです。

 

確かに長い人生で失敗はあるかもしれませんが、

苦しさを我慢し続ける方が勿体ないと思いませんか?

 

好きなことややりたいことに思い切って挑戦して、

様々な経験をした人生の方が有意義なはずです。

 

僕は会社員を更に5年先続けることを想像すると、

とても人生を謳歌できることはあり得ないどころか、

ジリ貧追い込まれていくことが分かってました。

 

今の仕事を続けることでリアルに将来を想像した時に、

これほどつまらない人生はないと感じたのです。

 

どこかで決断をすることが大切ではないでしょうか。

 

辞めることを前提にして考えたら、

あなたは今から何をするべきなのでしょうか?

そこからまず考えてみてはいかがでしょうか。

 

またつまらない仕事から現状を変えたい人の為に、

仕事へのやる気がなくなった人が将来へ希望を~にて、

無理をせずに行動する為の考え方を紹介しています。

ぜひ、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

 

望む生き方を手に入れられることを祈っています。

スポンサーリンク