中小企業の転職エージェントを絶対にお勧めしない裏事情

スポンサーリンク

中小企業の転職エージェントを絶対にお勧めしない裏事情

 

転職エージェントに相談すれば、

個人でやるより上手くいくかもしれません。

けど中小企業のエージェントは危険です。

 

その理由は僕自身が騙されたからです。

今回はその理由について話していきます。

 

中小企業の転職エージェントを絶対にお勧めしない裏事情

中小企業の転職エージェントを絶対にお勧めしない裏事情

 

個人でやってる転職エージェントは、

それ以前に今まで何をやってきたのか?

それをよく調べておく必要があります。

 

転職エージェントとは?

 

転職エージェントとは人材紹介サービスです。

専門のアドバイザーが求職者の相談にのり、

再就職までのサポートしてくれるところです。

 

転職エージェントが何故無料なのかと言うと、

企業側から受け取る仕組みになってるからです。

テレビのスポンサーと同じ仕組みですね。

 

転職サイトと転職エージェントの違い

そこで比較されるのが転職サイトですが、

この場合は専門のアドバイザーがつきません。

なのでサイトに登録して自分で求人を探し、

応募から面接までをやっていきます。

 

転職サイトのメリットとしては、

何より自分のペースで進められることです。

 

「もう俺は転職すると決めている!」

 

という確固たる意志がある人の場合、

転職エージェントを活用した方がいいですが、

大抵の人はそうでないケースが多いです。

 

というのもまずは情報収集からとか、

取り合えず今の転職事情を知ってみたいとか、

 

転職に迷ってて取り合えず情報が欲しい

 

という人の方が圧倒的に多いからです。

まずはどんな状況なのかを知っておかないと、

どう対策を取ればいいか分からないですよね?

そういった意味でも活用しやすい訳です。

 

大手と中小企業(個人)の違い

 

そして転職エージェントの中には、

大手と個人でやってる中小企業があります。

大手はマイナビ、リクナビ、リクルートなど、

誰もが知っている企業のことを言います。

 

それに対して中小企業の転職エージェントは、

誰も聞いたことない会社がやってるのが多く、

中には完全に個人でやってるケースもあります。

大手と中小企業の特徴は以下の通りです。

 

大手のメリット

中小企業と比較してのメリットです。

  • 求人数が圧倒的に多い
  • 良い担当と出会える確率が高い
  • セミナーやWEBの情報提供が豊富
  • 転職に関するノウハウが豊富

 

大手のデメリット

中小企業と比較してのデメリットです。

  • 一人が一貫して対応しない分業制
  • なので若干サポートの質が下がる
  • 更に情報の相違が出てしまうことも

 

中小企業のメリット

大手と比較してのメリットです。

  • 一人が一貫してサポートしてくれる
  • 中小ならではの求人に出会えることも
  • 一貫してるので情報の相違が出ない

 

中小企業のデメリット

大手と比較してのデメリットです。

  • 求人数が少ない
  • 若い担当だと経験が浅い
  • なので誤った転職をする可能性もある
  • 職種が決まってないと活用出来ない

 

なぜ中小企業ではダメなのか?

 

さて、ここからが本題になりますが、

大手の転職エージェントを活用することは、

個人的には全く構わないと思っています。

ただ問題は中小企業の中でも、

 

金儲けしか頭にない輩がいることです。

 

運悪くこれにあたってしまうと、

適当な会社に再就職されることになり、

結局苦しむのは自分だけになります。

 

決して全ての中小企業が悪ではない

但し中小企業の転職エージェントが、

何も全て否定している訳ではないんです。

勿論、中には優良なところもあります。

 

だけどそれはむしろ少ない方で、

優良企業を探すことの方が難しいです。

なのでそれなら大手を使った方が無難で、

自分が苦しなくて済むと言いたいんですね。

 

というのも僕自身がある経験をしたことで、

どうしても危険と言わざるを得ないのです。

 

中小企業(個人)の裏の顔とは?

では何故そこまで危険性を促すかと言うと、

 

情報商材屋の裏の顔を持っている

 

そんな人間がやってるケースがあるからです。

情報商材屋とはネットで情報を売ることです。

PDFファイルやYoutube動画などで構成されており、

それを以下のサイトで売っているのがそうです。

関連サイト

 

特に危険なのが年齢が比較的若い人間で、

個人で会社を立ち上げているケースです。

 

元々は大学時代にアフィリエイトを行い、

卒業と同時に人材紹介サービス業を始めます。

アフィリエイトで培ったマーケティング力を使い、

ネット上で集客をして稼いでいく訳です。

 

ではこれが何がいけないのかと言うと、

先ほどもお伝えしたことですが、

 

金儲けの道具としか考えていないこと

 

彼らにとって求職者も求人企業も、

自らの金儲けの為の道具でしかないからです。

勿論、真面目な中小企業も必ず存在します。

なので全てを否定してるのではありません。

 

けど事実を知っている身としては、

放ってはおけない事実なので話しています。

 

どうやって危険な会社を見極めるのか

ここからは危険な中小企業の、

転職エージェントの特徴を話していきます。

これに該当する場合は絶対に避けるべきです。

 

1、無料プレゼントでメルマガ登録を促す

ネットで検索していれば、

一度は見たことがあるかと思います。

 

 

電子書籍の無料プレゼントを促し、

代わりにメルアドの登録を促すページです。

これはアフィリエイトと同じ手法なんですね。

 

 

 

 

だからと言ってそれが悪い訳ではありません。

アフィリエイトに限った手法ではないのです。

 

こうした手法はフリー戦略と言って、

マーケティングでは当たり前に使われてます。

このフリー戦略そのものは悪ではないんです。

 

問題はそれを扱う人間の問題です。

 

撒き餌を巻いて獲物が網に掛かるのを待ち、

引っ掛かったら金儲けの道具に使う訳です。

 

2、代表取締役など自分を立派に見せている

人は何を言うかより誰が言うかを重視します。

例えば小学生がお金の大切さを必死に語るより、

スポンサーリンク

同じ内容でも企業の社長だと信じてもらえます。

何故なら立派な肩書や実績があるからです。

 

アフィリエイトの世界では、

実績をねつ造するのは日常茶飯事です。

なので犯罪の温床のような世界なのです。

 

例えばせどりというビジネスがありますが、

100万の仕入れをして90万売った場合、

その90万の売り上げを証拠画像にします。

実際は10万の赤字でも隠せば分かりません。

このような方法で実績をねつ造する訳です。

 

個人の転職エージェントの場合だと、

法人で登録すればたった一人でも社長です。

つまり代表取締役の肩書を得られるのです。

 

そうやってスーツをビシッと着て、

さも自分が立派な人間のように見せてきます。

 

マーケティングの世界では権威性を示すのは、

立派な手法ですがアフィリエイトの世界では、

手法を悪用した行き過ぎた人間が多いのです。

 

3、テレビやラジオなどの出演をアピール

これも権威性のアピールの一つです。

 

例えば有名大学でセミナーを行ったとか、

テレビ局に出演したなどがそうです。

 

但しどの規模で開催したかは分かりません。

有名大学なのでさも数百人を前に行ったかと言えば、

たった一人でも行えばそう言える訳です。

 

またテレビ局の出演にしても、

地方なら有料枠というものがあります。

資金さえあればどうにでもなるのが事実です。

 

このように有名大学とかテレビとか聞くと、

それだけで立派な人間に勘違いさせられますが、

具体的にどうなのかをしっかりと明示してない場合、

さも立派に見せたねつ造の危険があります。

 

なぜ裏の事情を知っているのか?

 

ここまで話してきた内容は、

消費者の立場では得られない情報です。

何故なら包み隠された裏の顔だからです。

 

なので個人の転職エージェントを利用する場合、

出来れば会社の過去を調べる方が身の為です。

ITで起業とか在学中に起業と謳っていても、

中身はアフィリで騙してきた場合もあるのです。

では何故僕がそんなことを知ってるかと言うと、

 

僕自身が詐欺で200万騙し取られたからです。

 

そんな人間が転職エージェントをしてるのです。

過去に情報商材や法外な金額のコンサルを売り、

そこで得た資金を元に実績をねつ造していき、

今も日の当たる場所で生きている訳です。

 

被害を受けた僕自身の立場としては、

それを黙って見てはおけないんですね。

 

転職エージェントを名乗った詐欺師は、

また次の獲物を虎視眈々と狙っているのです。

 

ですがもう一度言いますが、

全ての中小企業の転職エージェントが悪いとか、

そんなことを言っているのではないんです。

 

彼等真っ当な企業の中に雲隠れをして、

今でも詐欺行為を働いてることが許せないんです。

その事実を知ってる立場として出来ることは、

こうした情報の開示をすることと思ってます。

 

けど過ぎたことを悔やんでも仕方がない

僕自身は耐えがたい経験をしてきて、

1年数ヵ月毎日苦しみ続けてきました。

 

だけどこのままではいつまでも足踏み状態で、

本当の意味で前に進めないと感じたんですね。

そこで僕はその苦しみを手放したいと思い、

 

全てを捨てて新たにスタートすることにしました。

 

自分にとって200万というお金は大金です。

失ってしまったことは本当に辛かったんです。

けどもうここまでで自分を許してあげたい・・・

という気持ちが不思議と溢れてきました。

 

自分でもよく分からないのですが、

昨日まで毎日苦しさを抱えて生きてたんですが、

今は1年数ヵ月前の元の自分に戻った感じで、

心が軽くなったような感じがしています。

 

それよりも自分の本当にやりたいこと、

そっちに集中した方が何よりも人生楽しいです。

どうせなら楽しい人生を生きたいと思ったので、

僕は今までの自分を手放すことにしました。

 

自分の道を他人に任せてはいけない

 

少し話が脱線してしまいましたが、

ここからは転職サイトや転職エージェント、

こうしたサービスを利用する前の前提として、

知っておくべき重要なことをお伝えします。

それは既に見出しに出しているんですが、

 

自分の道を他人に任せないことです。

 

例えば転職エージェントを活用するにしても、

アドバイザーの言うことを鵜呑みにしないこと。

相手の言うことだけ信じて行動しないことです。

何故ならあなたを100%理解出来ないからです。

 

たとえ専門的な知識や豊富な経験があっても、

その人のフィルターを通して情報を伝えます。

人間には脳の中で3つの処理をしていて、

  • 歪曲
  • 一般化
  • 省略

 

この3つを通して脳内で処理を行い、

あなたに情報が伝わってくるのです。

つまり他人のフィルターを通して来るので、

少なからず真実とは違いが出る訳です。

 

これは人間の脳の構造上そうなってるので、

誰が悪いとかそういうことではありません。

 

あなたが本当にやるべきこととは?

 

では具体的にはどうすればいいのか。

それが最も知りたいところですよね。

では具体的に何をすべきかと言うと、

 

まずは知識を身に付けていくことです。

 

例えば転職サイトに登録して情報を得ること。

転職エージェントを活用する前に下調べをし、

転職というものの相場を理解することです。

 

相場とはどの業種がどのくらいの求人数とか、

ネットの掲示板などで実際の生の声を知るとか、

個人のブログがあればイメージは掴みやすいし、

そうやって自分の足で歩いて情報を掴むのです。

 

そうすることで他人に任せきることなく、

自分の道を自分で精査していくことが出来ます。

 

そうなると転職エージェントに頼るのではなく、

転職エージェントを活用する立場になれます。

相手も仕事なので上手くいけばOKな訳です。

それでは相手に使われるだけになります。

 

そうではなく自分が使っていく立場になり、

自分の人生を有利に運んでいくことです。

その為に転職の相場を知ることなんですね。

 

自分の身は自分で守る力を付けよう

中小企業の転職エージェントを絶対にお勧めしない裏事情

 

僕自身もかなり痛い経験をしてきて、

本当に情けなくてバカだったと思いました。

 

「なんであの時OKしたんだろう」

「なんで違和感を無視したんだろう」

「なんで素直に聞き入れたんだろう」

 

こんなことが頭の中をグルグル回って、

後悔や憎しみが1日1回は必ず出てきます。

けどいずれはその思いを乗り越えていき、

人間として強く成長したいと思ってます。

 

経験を積むことは確かに良いことですが、

不必要な経験は積む必要はありません。

何度も詐欺に騙され続ける経験をすれば、

生きることすら希望を失い兼ねません。

 

だからこそ自分の身は自分で守れるよう、

たとえ面倒でも知識を付けていくことです。

それが自分の身を守る力の意味です。

 

ということで今回はここまでにします。

最後までお読み頂き有難うございます。

 

関連記事

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ