仕事を辞めたら生活できないから辞められないと言う不安

仕事を辞めたら生活できないから辞められないと言う不安

 

仕事を止めたら、その後の生活ができなくなる・・・

そう思うと辞める決断ができずに辛い会社に居続けてしまいますね。

だけど、もしパッと辞める決断をして次に進めるとしたら?

 

僕が仕事を辞めることに一番苦労したのは34歳の時でした。

当時はパワハラを受けていた部署を飛び出して、

社内の部署を転々としていました。

 

だけどもう既に抜け殻のようにやる気を失って、

人の目も見れずに避けてしまうようになった僕は、

どこの部署に行っても積極的に仕事はしませんでした。

 

文字通りの言われたことだけをして、

残業や休日出勤を頼まれても全て断っていました。

もう、こうなってしまっては会社を辞めなければいけない・・・

頭の中ではずっと抱えていて、だけど生活のことを考えると、

辞める決断ができずに過ごしていました。

 

あなたも生活のことを考えると辞められないんだけど、

だけど今の現状を何とかしたいと切実に感じているのではないでしょうか。

このような状況を一体どうやって乗り越えていけば良いのでしょう。

 

(前回は、仕事を辞めたいと思ったら考えたい先の不安への対処法にて、

辞める時は不安があるものですが不安の解消法についてお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

今のまま会社にいてもじり貧で苦しくなる

 

生活の心配さえなければ、

辛い仕事なんてすぐに辞めることができますが、

納得するほどの貯蓄もなければ毎月の支払があったりすると、

そう簡単にはいく話ではありません。

 

だけど今のまま会社にいても、

退屈でつまらない思いをして消耗していくばかりです。

それどころか上司と仲が悪いなどの問題を抱えていると、

悪くなることはあっても良くなることはほとんどありません。

 

つまりこのまま会社にいても良くはならない。

 

このような現実をじっと耐え続けなければいけないのは、

将来のことを考えるだけで愕然とした気持ちになりませんか?

 

「ああ、一生こんな人生なんだろうか・・・」

 

あなたもこのような気持ちになったことはないでしょうか。

やはり今の会社に不満を感じ続けながら働くことは、

どこかできっぱり片をつける必要があるのではないでしょうか。

 

 

辞められないのは辞める決断ができないだけ

 

僕も自分の生活のことを考えると辞められませんでした。

当時、製造業でマシンオペレーターの部署に3年いましたが、

そこでは班長からパワハラを受けて精神的に限界でした。

 

しかし生活ができなくなる不安から、

ジッと耐えて我慢することしか手段がなく、

そうやって自分に無理しても状況は良くなりませんでした。

良くなるどころか苦しくなる一方でした。

 

こんな状況を打破するには、どこかで思い切って決断するしかありません。

 

僕は思い切って逃げるように部署を飛び出しました。

当時は副業で収入を得られるようになってはいましたが、

1万、2万程度しか稼いでいない状態だったので、

副業の収入だけではとても生活ができる訳ではありませんでした。

 

僕のように部署から逃げ出すのは人に迷惑を掛けてしまうので、

そんなに自分が追いつめられるほど我慢し続けるのも問題がありますが、

自分の状況を変えるには、思い切って決断することが大切です。

 

 

今が苦しいから生きる為の知恵が身に付く

 

もし今が楽な状態なら自分を変えようと思うでしょうか。

人生で何億と稼いでいるような成功している人がいますが、

そのほとんどは最初は苦しい環境にいて一代で築いた人ばかりです。

 

つまり最初のスタートは誰もが同じでもあるのです。

 

よく成功している人は生まれた時から良い環境にある。

なんて話を聞きますし、そう思えるかもしれません。

だけどむしろ元から良い環境に生まれる人の方が、

少なくて僕達のような苦しい状況を経験しているのです。

 

やはり今が苦しいからこそ生きる為の知恵が身に付くのです。

 

僕は会社でパワハラを受けたり孤立化しているだけでなく、

実家には父親だけでしたが風呂、トイレ、台所、など、

自分の部屋以外は一切使うことを禁止されていました。

借金も抱えていて生活費の為にクレジットのリボ払いをしてました。

 

どん底までいってしまうと後は上がるだけです。

あなたが今、仕事で辛い思いをしているのでしたら、

それは生きる為の知恵を本気で身に付けるチャンスでもあるのです。

なぜなら問題を抱えていなければ自分を変えようと思わないからです。

 

 

人は生きている限り何とかなるもの

 

僕もそうですが僕の友人達を見ていても、

人生何だかんだでどうにかなって今も生活しています。

当時はもうダメだと思ったとしても、

 

どんな状況でも生きる道は存在するものです。

 

あなたが一生懸命になっていれば、

不思議と手を差し伸べてくれる人が現れるかもしれませんし、

人生を一変してくれるような情報と出会えることだってあります。

それは今を変えたいと本気で思うようにならからこそ、

不思議と自分の元へと飛び込んでくるのです。

 

決して今の現状で何とかなっている人には訪れません。

僕も不満はありつつも何とかやっていけている状況の時では、

本気で自分を変えたいと思ってはいなかったので、

自分を変えることなくダラダラと過ごしていました。

 

パッと辞める決断をするには、

自分の意志で思い切って辞める決意をするしかありません。

だけど決めれば道は開かれると言われているように、

必ずあなたの道はどこに行っても用意されているのも確かです。

 

自分の生き方を見つけることに勇気を持てることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ