資格の勉強にやる気でない人の意識を高める5つの方法

資格の勉強にやる気でない人の意識を高める5つの方法

 

やらなきゃいけない・・・だけどやる気でない・・・

資格を取るための勉強ってやる気でないことありませんか?

どうして分かっていても勉強への意識が下がってしまうのでしょうか。

 

今のままでは嫌だし、将来が安泰という訳でもなく、

ここで何か手を打っておかないといけないと思い、

資格を取るために勉強をはじめて最初はやる気に満ちていた。

けど次第にモチベーションは下がってやる気でない状態に・・・

 

これは資格の勉強に限らず、物事をはじめるとよく起きる現象です。

 

なぜなら今までの生活リズムが崩れてしまうからです。

テレビを観たり、ゲームをしたり、家事や雑用など、

今までの生活パターンが変わるのでやる気が出なくなってしまうのです。

 

やる気を出すためには勉強することを習慣に落とし込まなければいけません。

そのためにはやる気でないというネガティブな感情と向き合うことが大切です。

今回は、僕が会社員時代に副業をしてきた意識を高める方法をお伝えします。

資格の勉強を継続させていくことにもお役に立てると思います。

 

(前回は、高卒資格なしでも転職で望む仕事に就くのは可能なのか?にて、

高卒で資格なしでも転職に成功するための考え方をお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

1、部屋を片付ける

 

部屋の片づけをすると気分まですっきりします。

このすっきりする気持ちで資格のための勉強をすると集中できます。

 

片付けの手順:

  1. 机の上の物を片付ける
  2. 床に置いてある物を片付ける
  3. 目で見える範囲の物を片付ける
  4. 引き出しの中の物を整理整頓する

 

片付けにあまり時間を掛けても仕方がないので、

5~10分程度を目安としてサッと片付けてしまいます。

友達が急に自分の部屋に遊びにくるときはとりあえず片付けますね。

それと同じ要領で軽い気持ちで部屋の片づけをします。

片付けの代わりに掃除をしても効果があります。

 

 

2、瞑想をする

 

特に意識が集中できない時などに効果的です。

瞑想をすると心が落ち着いていることを実感できます。

やる前と後とでは、明らかに状態が違うことを自覚できるでしょう。

 

瞑想の手順:

  1. 椅子でも床でも良いので楽な姿勢になります。
  2. まずは自分の自然に行っている呼吸に意識を向けます。
  3. 呼吸に集中した意識を身体の中心へと下していきます(へその下約10㎝辺り)。
  4. 資格を取って理想の仕事に就いているイメージをします。

 

この程度なら5分程度で行うことができます。

5分で意識を高めて集中力を得られるなら価値があると思いませんか?

 

 

3、身体を動かす

 

身体を動かすとは運動をすることではありません。

資格の勉強をする時に一番最初が面倒に感じてしまうのではないでしょうか。

ならばその一番最初は、何か別の行動を取り入れてみるのです。

 

僕は格闘技をやっているのでシャドーボクシングをしてました。

他にはストレッチ、コーヒーを入れるなどもやってました。

 

コツとしては何も考えずにパッと行動できることです。

何でも最初の取っ掛かりは非常に腰が重たいものです。

その取っ掛かりの部分を簡単な行動を取り入れることで、

車のエンジンが温まってきた状態のように好スタートができます。

 

 

4、誰のためにやるのかを決める

 

人は自分だけのことを考えて行うと力が出ません。

不思議なことに誰かのために行うことを力が出るのです。

 

やりたいことがあっても勇気が出なくてできなかったことも、

誰かのためにやることなら意外と前に進めた経験はないでしょうか。

 

資格の勉強がやる気でないのも、

もっと身近な人を助けるためになると考えると意識は高まります。

あなたが成功することは誰が喜んでくれるでしょうか?

このことを少し考えてみて下さい。

 

 

5、過去の成功体験を組み込む

 

よく居酒屋で自分の武勇伝を語る人がいますが、

どうせ成功体験をしたのなら、これからの行動に活かすべきです。

なぜならせっかくの貴重な経験を無駄にしてしまっているからです。

それでは宝の持ち腐れと同じことではないでしょうか。

 

どんな小さなことでも構わないのであなたの成功体験を思い出して下さい。

そして、その成功体験は何がきっかけになっているのかを見つけます。

 

「もしかしてこれかもしれないな・・・」

 

最初は何となくでも感じられるものがあれば十分です。

そこから資格の勉強にどう組み込んでいくかを考えます。

 

僕は学生の頃はテレビゲームに夢中になってました。

この夢中になるという状態は継続力を得るためのヒントになりました。

そこからブログを書いてアクセスを集めることに夢中になり、

今ではインターネットビジネスで独立することができました。

 

 

ネガティブな感情との付き合い方が大切

 

新しいことをはじめる時などは特に感情が揺れます。

最初は「やるぞ!」とやる気に燃えていても長続きしません。

次第に面倒だとか、やる気でない状態になっていきます。

 

このようなネガティブな感情が出てきたらチャンスなのです。

 

なぜなら、人が変化する時の健全な反応だからです。

もし変化してきてなければ、そのような感情は出てきません。

シンプルに淡々と行動していくことで人は慣れていきます。

 

資格の勉強が面倒だとか、やる気でないと感じた時に、

上記の方法を試して理想の現実を手に入れられることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ