やりたいことの意外な見つけ方を知りたくありませんか?

やりたいことの意外な見つけ方を知りたくありませんか?

 

世の中にはやりたいことが見つからない人が多いです。

そもそも自分のやりたいことってどうやって見つけるのでしょうか。

まるで雲を掴むようなことで見当も付かないことですね。

 

僕が10代、20代の頃は何がしたいのかさっぱり分かりませんでした。

そして人生の大半を好きでもない仕事に時間の大半を奪われて、

少ない賃金で我慢して生きることが嫌で嫌で仕方がありませんでした。

 

「そんなに苦労するんなら就職なんてしたくない!」

 

そんな思いが特に10代の頃は強かったです。

なので20代ではずっとフリーター生活を送ってました。

就職して正社員になるのは縛られることで怖かったからです。

もっと自由に気楽に生きる道を選びたかったのです。

ましてや他人と競争して自分に無理するなんて嫌でした。

 

だけどフリーターでは30代、40代を生きるのは不安でした。

でもどうやってこの先の自分の道を見つけたら良いのか・・・

やりたいことなんてどうやって見つけていけばいいのでしょうか。

そこで今回は、意外な方法の見つけ方をご紹介します。

 

(前回は、手に職をつけたいと考える前に知っておきたいやりたいことにて、

手に職つけて失敗しないための考えるべきことをお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

嫉妬心はやりたいこと探しのヒントになる

 

あなたも嫉妬したことは一度くらいはあると思います。

それは友達が自分よりも良い物を買っていたり、

自分よりも他の人の方が良い成績を出していたり、

自分よりも収入が良くていい暮らしをしていたり、

身近な人が賞賛されている姿を見てしまった時など、

嫉妬を感じる場面はいろいろとあると思います。

 

つまり自分よりも上手くいっている人に嫉妬心は抱きやすいのです。

 

なぜ嫉妬するのかと言うと、

自分が欲しいと思っているものを先に達成されたからです。

そしてそれは自分が現実として達成できそうなものほど、

先に他の誰かに達成されてしまうと感じやすいのです。

 

ということは嫉妬の中にやりたいことのヒントがあります。

嫉妬とは違う側面から見ると自分の道を知る手がかりになるのです。

あなたが嫉妬してしまうこととは何でしょうか?

 

 

身近な人ほど嫉妬心は強くなる

 

僕はあるコンサルタントの人に嫉妬心を抱いていました。

その人とはコンサル契約をしてネットの音声通話を使って、

月額32,000円で独立準備をしていました。

 

だけど心のどこかで、

その人のことが許せないという感情が強かったのです。

それはなぜかと言うと、

 

目の前で自分のやりたいことを先に実現している人だったからです。

 

僕達は自分が本当にやりたいと思っていることを、

先に実現している人を見ると嫉妬してしまいます。

そしてそれは身近な人ほど強く感じてしまいます。

なぜなら、それをリアルに感じることができるからです。

 

それは今の自分と理想のギャップを感じてしまうからです。

 

僕にはそのコンサルタントの人が自分の理想を先に実現していて、

そして今の何もできない自分とを比べて到底追いつけないと感じてました。

そこから実現できているコンサルタントの人に嫉妬していたのです。

 

それは自分が有名人になりたいと思っていても、

テレビやCMでバンバン出ている芸能人よりも、

やはり身近で上手くいっている人への嫉妬心の方が、

比べものにならないほど強いものなのです。

 

 

本当にやりたいことは感情的になりやすい

 

僕は嫉妬心を抱いていながらも、

そんな感情にフタをして何も感じないようにしてました。

でも心の中ではいつもムカついた感情を抱いてました。

 

そんな時は別の方法で憂さを晴らしたい気持ちにもなりました。

なのでSNSで否定するような言葉を書いたこともありました。

遠まわし気味でしたが、それは嫉妬心からの行動でした。

 

だけど本当にやりたいことはそれだけ感情的になりやすいのです。

 

あなたが嫉妬を感じることがあるならば、

嫉妬心から許せない気持ちを無理にどうにかしようとせず、

その感情から何が嫉妬させるのかを見つめてみて下さい。

そこにはやりたいことへのヒントが隠れているのです。

 

 

自分に気持ちに素直になること

 

嫉妬してしまうと、

相手のことを否定して、

 

「あんな奴はろくでもないことをしている!」

 

などと言って、つい自分を誤魔化してしまいがちです。

自分のやりたいことを先にやられてしまうことは、

確かに気持ちの良いことには感じられないものですね。

僕もそうやって相手を否定して自分を誤魔化していました。

ですが心の中で起こることと外側の世界とはリンクしているようでも、

 

実は外側の刺激に心が反応しているだけに過ぎないと気付きました。

 

つまり外側で起きていることと、

心の中で起こっている反応を切り離して考えるのです。

そして心の中で動いている感情をずっと見つめ続けていると、

 

本当は何がやりたいことなんだろう?

 

ということが少しずつ見えてきました。

そしてそんな自分の気持ちに素直になることが大切です。

外側で起こることは自分の気持ちに気付くきっかけでしかありません。

嫉妬心と向き合うと、今まで気付かなかった自分が見えてきます。

 

本当にやりたいことが見つかることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連する記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ