自分に向いてる仕事がわからない35歳までの適職の見つけ方

自分に向いてる仕事がわからない35歳までの適職の見つけ方

 

あなたは今、30代前半でしょうか、それとも20代後半でしょうか。

この年齢に差しかかる人は、自分の今後の人生を考え始めると言います。

自分に向いてる仕事がわからないと思いはじめるのです。

 

「転職するなら35歳まで」

 

この言葉は、世の中の多くの人が言います。

だけど誰が言いだしたのか、なぜ35歳なのか、

そんなことも分からずに言う人が多いのも事実です。

 

僕も現状に不満を感じていた仕事を続ける気はなかったので、

いつか転職しようと面接を受けたり、転職サイトを見たりしてました。

 

「転職するなら35歳まで」

 

僕も、当時はこのような意識が強かったです。

自分に向いてる仕事がわからないけど今の現状を変えたい。

だから、何とか35歳までを一区切りとして転職したい。

そう思ってました。

 

自分に向いてる仕事って何なのでしょうか。

やりがいのあること、本気で何かに打ち込めること。

今回は自分に向いてる仕事が分からない人の参考になればと思います。

 

(前回は、20代後半・30代前半の転職について考えるべきことは?にて、

20代後半・30代前半の転職で自分の枠から考えることをお伝えしました。)

 

 

才能とは何なのか?

 

あなたは才能と聞いて何を思い浮かべますか?

ある特定の人にのみ許された特別な力でしょうか。

たとえば芸能人やスポーツで活躍している人達です。

確かに才能があるからこそ、輝いて見えるのかもしれません。

 

もっと身近なところで言えば、

自分は話すことが得意だから接客が向いているのかもしれないとか、

手先が器用なので技術的な仕事に対する才能があるんじゃないかとかです。

では、自分の才能をどうやって見つければいいのでしょうか。

 

才能とは、自分が無意識にやってしまう行動の中にあります。

不意を突かれると、無意識に反応してしまうことです。

 

たとえば飛行機でハイジャックにあったとき、

ある人は恐怖で立ちすくみ、ある人は果敢に立ち向かうかもしれません。

 

恐怖で立ちすくむ人は、

普段から穏やかで人を癒すカウンセラーに向いてるのかもしれません。

果敢に立ち向かう人は、

正義感に強くレスキュー隊などに向いているのかもしれません。

 

このように無意識にとってしまう行動の中に才能が眠っています。

あなたの無意識に反応してしまうことは何でしょうか?

そんなところを普段から意識してみると良いかもしれません。

 

 

自分の好きなことって何だろう?

 

20代後半から30代に掛けては自分に疑問を感じだします。

このままの生き方で、定年まで向かえていいのだろうかと悩むのです。

僕は25歳のとき、母親が他界したことがきっかけで、

自分の生き方について考える意識が強くなりました。

 

自分に向いてる仕事が分からないとは、

言い換えると、自分探しの旅に出ると言えるのかもしれません。

自分の好きなことは何だろう?一体何がやりたいのだろう?

このように今まで蓋をしていたことに疑問を感じはじめるのです。

 

また、

 

「転職するなら35歳まで」

 

という言葉が、さらに追い打ちを掛けているのかもしれません。

自分の好きなこととは何かとは、極めてシンプルです。

 

時間を忘れてしまうほど夢中になれるもの

 

たったこれだけのことです。

だけど、僕たちはそれを考えるけど答えが見つからないことがあります。

そんなときは、過去に夢中になったことがきっかけになります。

過去はリソースであり、自分を見つけるためのヒントがあるのです。

 

 

適職は能力を発揮しやすいところにある

 

自分に向いてる仕事がわからない場合、

やりがいを感じることや、使命感を感じられることなど、

気持ちが満たされることに意識が向いてしまうのかもしれません。

ですが、そこにもうひとつ重要な要素があるのです。

 

それは、

 

自分の能力が発揮しやすいものは何か?ということです。

 

やりがいを感じるとか使命感を感じることを求めることは正解です。

ただ気持ちを満たすことばかりだと満たされない時期が続くと不満を感じだします。

 

「やっぱり自分には向いてないのかもしれない・・・」

 

このように思ってしまいやすいのです。

そんなときに、結果を出しやすいこと、能力を発揮しやすいことも知っておくと、

たとえ気持ちが萎えてしまっているときでも、モチベーションを保つことができます。

結果が出れば楽しくなり、自分に自信が沸いて適職だと感じられるのです。

 

これも上記の2つの項目を考える中で、

自然と見えてくるようになってくると思います。

ただ気持ちと能力のバランスという意味でお伝えしました。

 

 

適職は自分を知ることが大切

 

あなたが今、転職を考えているなら、

それは何を基準にして転職を考えているのでしょうか。

もしそこが曖昧だとしたら、望む仕事に就くために自分を知ることが先決です。

そこでお勧めしたいのが自分の強みを知ることができるグッドポイント診断です。

 

約30分で完結する簡単な情報を入力するだけですが、

僕が実際にやってみたところでは15分以内にできました。

診断テストでは、全て選択式で直感的に答えればいいので、

難しく考える必要もなければ15分以内に済ませてしまいます。

 

また、結果も時間が掛かることなくすぐに知ることができます。

何よりも直感で選択することは、自分の無意識の反応を知る手掛かりです。

実はじっくり考えても表面的な答えなので人は失敗が多いのです。

 

診断テストの手順:

  1. まずは新規会員登録
  2. 選択方式の診断テストを行う
  3. その場ですぐに結果が出る

 

以下の画像のように簡単な選択方式になっています。

スマホでタップするだけの簡単な入力でできます。

そして質問は何も考えずにパッと直感で選ぶことがコツです。

 

自分の才能や好きなこと、自分の能力とのバランスの良い仕事が見つかれば、

それはまさに天職で、毎日がやる気と充実感に溢れた人生に変わるでしょう。

 

そして更に「スカウト登録」をすることで、

よりあなたの希望に合わせた仕事を探し出す可能性を高められます。

と言うのも世の中、どこにチャンスが転がってるか分からないものです。

友人がいきなり良い会社を見つけて転職なんてことも割とある話だったりします。

 

やり方としては、最初はあまり深く考え込むとしんどくなってしまうので、

また後で修正するようにして最初は何も考えずにパッと進めることがコツです。

修正は「スカウト登録」のところが「レジュメを編集する」となってますので、

今まで入力した内容を自由に変えることができます。

 

朝、目覚めた瞬間から明るい日差しのように晴れやかな気持ち。

仕事では自然と仲間と打ち解け合い、やるべきことも淡々と的確にこなせる。

プライベートでも好きな人を作り、将来の不安もなくデートを楽しめる。

 

このような未来を創るきっかけとなるかもしれません。

転職サイトなんて誰もが思いつくことではありますが、

ほとんどの人は知っているだけで行動せず現状を変えることができません

 

結局のところ、自分が動かなければ何も変えることができないのです。

 

これが不可能と感じていたことを実現するきっかけになればと思います。

あなたの心から求めている未来を築けることを祈っています。

グッドポイント

 

スポンサーリンク


 

関連する記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ