仕事が続かない人の5つの特徴-自分は社会不適合者なのか?

仕事が続かない人の5つの特徴-自分は社会不適合者なのか?

 

どうして仕事が続かないんだろう・・・

仕事が続かない人はあなただけではなく、

意外といますし、恥ずかしながら僕もそうでした。

仕事が続かない人の特徴って一体何なのでしょう。

 

僕は20社以上も転職を繰り返してきましたし、

どんな仕事もしっくりこなくてすぐに辞めてました。

何がしたい訳でもなく、目的がある訳でもない、

 

「自分は一体、何がしたいんだろう・・・」

「こんな自分なんて正社員はなれない・・・」

「俺って何のために生まれてきたんだろう?」

 

そんなことをぼんやりと感じながら、

精神的に楽な仕事なら続けて、辛いとすぐ辞めてました。

実はこれ、仕事が続かない人の特徴のひとつである、

 

人生の目的が不明確な生き方だったのです。

 

生きる目的がなければ頑張りようもありません。

目的のために今は我慢しようとかないからです。

なので何もない僕は常にこう思ってました。

 

「俺って、ほんと社会不適合者だよな・・・」

 

あなたは今、時分が仕事が続かないことに悩んでるなら、

今回のテーマである仕事が続かない人の特徴を知って、

そこから自分の改善すべきポイントから自分を変えていき、

最終的に生き方を変えるきっかけになればと思います。

スポンサーリンク

1、仕事が嫌い

 

仕事が嫌い、とにかく嫌い。

働きたくない人は世の中に多いと思います。

そもそも一体、何のために働くのでしょう?

こう思ってしまう理由には、実は条件があるのです。

それはどんな条件化と言うと、

 

働いている環境が精神的に苦しいからです。

 

別に苦しい思いをしなかったら、

誰だって仕事が嫌いとは思わないはずです。

「今の仕事って退屈だよな~」とは感じていても、

苦しくないなら仕事が嫌いとまではいかないはずです。

 

精神的に辛い職場環境に居れば僕の経験上、

その環境から働くことの意味を見出すことはできません。

仕事が嫌いなら潔く環境を変える覚悟も大切です。

嫌々やってても何も身に付くことはないからです。

 

 

2、人間嫌い

 

  • 人付き合いに苦痛を感じる
  • 気持ちを切り替えて接することができない
  • 他人と関わってる時に焦ってしまう
  • コミュニケーションが上手く取れない
  • 割り切って関わっていくことができない
  • コミュニケーションの後に落ち込んでしまう
  • 自分と周りとの会話に温度差を感じてしまう

 

僕も元々はかなりの人間嫌いでした。

正直、今でも人との関わりに苦手意識はあります。

けど社会で生きる以上は人と関わらなければいけません。

人間なので人間嫌いになる性格も仕方がないと思います。

だけどこのような性格が問題となるのは、

 

仕事で分からないことがあっても躊躇してまうことです。

 

分からないことが聞けないと自分で解決しようとします。

はっきり言って、このような状態は非常に苦しいです。

毎日、何かしらこのような状態が続くと相当な苦痛です。

当時の僕は、怒りと困惑に苛まれてムシャクシャしてました。

 

なぜ聞くことを躊躇するようになるかと言うと、

分からないことを聞けば相手が嫌な顔をするからです。

露骨に態度に出されたり、責められることもあります。

次第に聞くことに申し訳なさとか痛みを避けたいとかで、

余計に人間嫌いに拍車が掛かってしまうのです。

 

それでも忍耐強く向き合うことが大切かもしれませんが、

人間誰しもが忍耐強くなれる訳ではないですね。

他人は変わらないので環境を変えた方が早いです。

 

 

3、経済的な逃げ場がある

 

仕事が続かない人の特徴として、

実家暮らしをしている人が圧倒的に多いと思います。

なぜなら、稼がなければいけない理由がないからです。

 

僕は、二十歳の頃にニートを半年ほどしてました。

家の中で働かずに過ごすことに罪悪感を感じつつも、

自分が稼がなくても生活できることに甘えていました。

余裕があるというのは良い意味ではゆとりがありますが、

悪い意味では危機感がなくて自分に甘くなります。

 

決してニートがいけない訳ではないのです。

何もせず家の中で過ごすことは勿体ないとは思いますが、

このままではいけないという思いも持っているものです。

 

また僕は、一人暮らしをしてから家賃の支払いや生活費、

また車のローンなど借金の返済で稼がなければいけなくなり、

本業の合間にアルバイトや苦手な夜勤も積極的やったり、

残業や休日出勤も全てやるようにしてました。

 

この経済的な逃げ場があることは、

悪い面もあれば良い面もあると思います。

だけど大切なのは経済危機にならないよう、

無理なくできる仕事を継続することです。

 

 

4、責任転嫁ばかりで正当化する

 

仕事でうまくいかないと他人のせいにして、

一方的に自分は悪くないと正当化ばかりしてると、

ちょっとでも意見が合わないと批判的になってしまいます。

他人との違いに敏感なので人間関係がこじれやすいです。

 

とは言え、好きでもない我慢ばかりの仕事をしていると、

ほぼ例外なく誰もがこのような状態に陥ってしまいます。

そもそも会社とは価値観の違う者同士の集まりなのです。

一度こじれてしまうと修復することが困難なのです。

 

僕が勤めていた電子部品関係の製造業の話ですが、

製造業って、そもそも遣り甲斐のある仕事ではありません。

みんな生活のためと我慢しながら嫌々仕事をしてました。

 

派遣社員、正社員、班長、係長、課長、部長、

自己の保身に走り、自分を守るために他人を蹴落とす。

これは、好きでもない仕事を我慢してやる以上は、

僕もそうでしたし、誰もがそうなってしまうのです。

そこに役職のあるなしなんて一切関係ありません。

 

人間である以上、我慢をすれば仕事が続かないものです。

今の仕事をしながら今後の生き方を模索していき、

転職や副業などアクションを起こすことが大切です。

 

 

5、生きる目的がない

 

  • 何のために働くのか
  • なぜ仕事を続けなければいけないのか
  • 自分は一体、何がしたいのか

 

このように生きる目的がないと、

ちょっとでも仕事でプレッシャーを感じることがあると、

自分を支えるものがないので簡単に投げ出してしまいます。

 

仕事が続かない人は、続ける理由がないのです。

 

ほとんどの人は続けなければいけない理由があります。

だから仕事を我慢して続けてる人がほとんどなのです。

好きなことをして生きている人はほんの一握りです。

 

本当はどんなことでも忍耐強く続けることで、

やがて仕事に遣り甲斐を見出す人も少なからずいます。

それでも遣り甲斐を見出せない人の方が多いですが、

ある程度は忍耐強くやっていく必要はあるのも確かです。

 

ただ、どうしても仕事を続ける理由がないのなら、

自分の生きる目的を考える必要があるかと思います。

嫌いな仕事から逃げても自分から逃げてはいけません。

自分から逃げてたら、いつまでも変わらないからです。

 

 

仕事が続かないなら違う世界を見る

本日のまとめ:

  1. 仕事が嫌い
  2. 人間嫌い
  3. 経済的な逃げ場がある
  4. 責任転嫁ばかりで正当化する
  5. 生きる目的がない

 

「この先、自分はどうなってしまうんだろう・・・」

「このままだと生きていけないんじゃないか・・・」

「自分の未来に希望なんて想像できない・・・」

 

20代の頃、僕はいつもこうした不安を持っていました。

仕事なんてまともに続いたこともなかったし、

自信がないのでどうしても将来に不安があったのです。

 

そこで、心理学を思い切って学んでみることにしました。

そこで出会う人々や心理学を学ぶことで知っていく世界。

やがてカウンセリングという自分が施術することを学び、

ネットを通して人間心理の情報発信をするようになりました。

 

違う世界を見ることで、新たな道が開けたのです。

 

自分が社会不適合者だと思うのなら、

自分に適合する世界を見つけることだってできます。

自分の見ている世界が全てじゃなかったりするんです。

 

それは自分から意識的に出ようすることが大切です。

僕の場合は思切って心理学を学んだのがそうでした。

そこから新たな生き方が見つかるのはよくあることです。

 

実は多くの人が仕事が続かない悩みを抱えてます。

けどそれは自分が本当はどんな生き方をしたいのか?

それを知るきっかけを与えられているのかもしれません。

 

あなたが今働いてる仕事が続きそうにないと悩んでるなら、

あるいは何度も転職を繰り返していることに悩んでいるなら、

自分に向いてる仕事がわからない35歳までの適職の見つけ方にて、

才能とは何か、好きなこととは何なのか、適職とは何かなど、

また具体的な対策についても紹介してるので読んでみて下さい。

人生と言う大切な時間を辛いと思って続けるのは勿体ないです。

 

素敵な未来を描けることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ