仕事が精神的に苦痛で会社を辞めたい人の4つのやるべきこと

スポンサーリンク

仕事が精神的に苦痛で会社を辞めたい人の4つのやるべきこと

 

仕事行きたくない、会社辞めたい・・・

毎日、嫌な思いをして精神的に苦痛・・・

 

朝、目が覚めたら身体も気分も落ち込んで、

辛さと憂鬱に悩んでませんか?

 

仕事が精神的に苦痛で会社を辞めたい

仕事が精神的に苦痛で会社を辞めたい人の4つのやるべきこと

 

辞めるなら事前に出来る段取りは必須です。

 

精神的苦痛のほとんどは人間関係

 

僕はこれまでのサラリーマンでの生活は、

精神的に辛いと感じることが多かったです。

 

現在はフリーランスとして独立していますが、

それまでは20社以上転職を繰り返してきました。

ですが、どの会社も上手く馴染めませんでした。

僕にとって会社の何が苦痛だったかと言うと、

 

9割以上は人間関係の悩みでした。

 

なので会社を辞めた理由も、

9割は人間関係の悩みが関係してました。

 

だけどただ闇雲に辞めるよりは、

事前に辞める準備をしてからの方が、

辞める時の負担も意外と軽減されるものです。

 

そこで僕が何度も仕事を辞めた経験の中で、

これはやった方が良いことを4つまとめました。

その後に苦労しない為にやっておくべきことなので、

ぜひ最後まで読んで頂きたいと思います。

 

 

1、得意分野を身に付けておく

 

僕が今現在、独立出来ているのは、

 

仕事をしながら得意分野を磨いてきたからです。

 

何故なら一人暮らしをしていて、

生活をしていかないといけなかったからです。

僕は実家に戻るという選択はありませんでした。

家の事情でそれが許されない状況だったからです。

 

なので仕事を辞めても生活が出来る準備は、

絶対にやっておかなければいけませんでした。

 

他の会社へ転職という選択もありましたが、

それだと同じ悩みを繰り返すだけと思いました。

なので思い切って違う生き方を選択しました。

それがビジネスを所有して独立の道でした。

 

とは言え僕のように独立を目指さなくても、

転職するにも何かしら得意分野を身に付けて、

次の仕事に有利にすることは非常に大切です。

 

何もない状態からの仕事探しは苦労します。

これは、僕自身が身に染みて感じました。

スキルが無いということで評価されなくて、

何度も不採用になってかなり落ち込みました。

 

だけど得意分野を身に付けると言っても、

どうしたらいいのか分からないですよね?

それは以下のような考え方になります。

  • 自分が楽しいと感じること
  • 自分の価値を提供出来ること

 

この2つを軸に得意分野を見つけます。

これらはそんなに難しいことじゃないんですね。

それぞれについて説明していきます。

 

自分が楽しいと感じること

 

これは自分がやってみたいとか、

挑戦してみたいことでも構いません。

あなたは今何に興味があるでしょうか?

 

例えば僕なら最初は心理学でした。

そこから心理学セミナーの講師に挑戦し、

その後にコーチングにも挑戦しました。

 

それらが上手くいかなくて、

次はネットビジネスに挑戦しました。

 

自宅でブログを書くというのが、

自分の性格に向いてることが分かって、

副業として収入を得られるようになりました。

 

こんな感じでとにかく興味のあることを挑戦し、

そこから新しい展開が開けていくんですね。

 

自分の価値を提供出来ること

 

例えばクラウドソーシングがあります。

クラウドワークスとかランサーズとかで、

インターネット上で仕事を受ける訳です。

 

僕は少し前に記事を外注したことがありますが、

クラウドワークスを使って外注をしてました。

 

ほとんどが記事を書いたことがない素人で、

マニュアルを渡して書いてもらってましたね。

 

なのでクラウドソーシングを利用して、

スキルを磨きながら収入を得る方法もあります。

 

後は元々WEBデザインやプログラミングなど、

既にスキルがあるなら高単価で出来ます。

今は色んな仕事を依頼する個人や業者があって、

仕事を選べるようになってきてるのも魅力です。

 

 

2、感情的になって辞めるのは後悔に繋がる

 

僕も経験したことがあるんですが、

勢いで辞めると後悔することがありました。

 

「○○が嫌でしょうがいないんだ!」

「毎日イライラして嫌になったよ!」

「こんな仕事、もうやってられるか!」

 

こんな感じで動機がネガティブで辞めると、

次の仕事を見つけるのも苦労するんですね。

 

だけど誰だって理由はネガティブです。

そうじゃないと会社なんて辞めないですよね?

なのでネガティブなのが悪いということじゃなく、

 

ネガティブ”だけ”がよくないんですね。

 

ではどうすればいいかと言うと、

例えば先程の項目みたいに得意分野を見つけ、

ポジティブな要素を作っておくとかです。

 

これなら人間関係が理由で急に辞めても、

収入がゼロにはならないので安心があります。

僕もいきなり辞めたことで後悔したんですね。

そして仕事が見つからない日々の中で、

スポンサーリンク

 

「辞めるんじゃなかったな・・・」

「どうして勢いで辞めたんだろう・・・」

「もっと冷静になればよかった・・・」

 

なんて思ってたことがありました。

だけど辞めてしまった後なので覚悟するしかなく、

だからこそ前に進めたのもありますけどね。

 

辞めて後悔しない為の考え方

 

なので辞めてはいけない訳じゃないですが、

辞めて後悔しない為にもネガティブだけじゃなく、

しっかりとポジティブな面も作ることです。

 

つまり将来に何らかの希望を持つことです。

 

そしてその為の具体的な質問があります。

それは以下の内容となります。

 

  • 何がしたいから辞めるのでしょう?
  • 人生で達成したい目的は何でしょうか?
  • 挑戦したくてワクワクすることは何?

 

あなたのポジティブな動機を見つけて下さい。

それを見つけてから辞める決断をしても、

決して遅くはないのではないでしょうか。

 

 

3、ある程度の経済的な余裕は必要

 

たとえ実家暮らしであったとしても、

ある程度の経済的な余裕は必要です。

何故必要なのかと言うと、

 

お金は強い精神安定剤だからです。

 

財布にも通帳にもお金が無ければ、

不安になって考える余裕がなくなりますよね。

だけどある程度はお金に余裕を持っておけば、

必要以上に不安に怯える必要もなくなります。

 

例えば転職活動で何度も不採用になっても、

気晴らしにドライブをすることも出来ます。

 

何があるか分からないから余裕を作る

 

人間社会においてお金と人生は、

絶対に切り離すことは出来ないんです。

何故なら貨幣経済で成り立っているからです。

あなたが仕事を辞めて良い選択をする為にも、

 

ある程度の経済的な余裕は確保しましょう。

 

それは仕事を辞めたいと思っている今の段階で、

意識してやっておくべきことでもあるんですね。

何故なら辞めたいという気持ちがある時点で、

いつ辞めるかなんて分からないからです。

  • どのくらいの貯えがあると安心ですか?
  • もし辞めたら再就職は何日で出来そうですか?
  • 大体の予想としていつ頃に辞めそうですか?

 

自分の中である程度明確化しておきましょう。

そしてその為の段取りを意識しておきましょう。

別に辞めないにしても余裕を作っておくことは、

決して不都合なことにはならないはずです。

 

貯金がない状態で仕事を辞めた後の僕の人生

 

4、親切過ぎる対応は逆に怪しい

 

これは僕が強く感じたことなので、

ぜひ、知っておいて頂きたいと思います。

仕事を始めて過剰に親切に接してくれる会社は、

 

大概はその後に人間関係の悩みを抱えます。

 

その会社特有の事情でいつも人が足らず、

なので次の人にはずっと居てもらいたい訳です。

だけど、いつまでもその親切は続きません。

やがてメッキが剥がれてしまうんですね。

 

これは何度も何度も経験しました。

僕の中では間違いないと確信しています。

 

なので会社に限らず妙に親切にしてくれて、

その親切がなんかきな臭い感じが僅かでもするなら、

その環境はあなたとは合わない可能性が高いです。

このことを頭の片隅にでも入れておいて下さい。

 

 

必ず明日に希望はある

仕事が精神的に苦痛で会社を辞めたい人の4つのやるべきこと

 

僕も絶望を感じて20代を過ごしてきましたが、

今では好きなことを仕事にして生きています。

そんな経験をしてきたからこそ言えます。

 

生きていれば必ず明日に希望はあります。

 

自分の可能性を信じましょう。

とことん落ち込んだっていいじゃないですか!

僕だって今でも落ち込むことはあります。

だけど気分が落ち込んだ時って、

 

しばらくするとエネルギーが沸いてくるんですね。

 

そもそも人間の感情って、

上手くバランスを取るようになっているんです。

あなたが毎日苦しい日々を過ごしているなら、

 

必ず幸せな日々を過ごせる時が来ます。

 

素敵な人生に変われることを祈っています。

 

関連記事

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ