嫌いな仕事を好きになるより知っておきたい自分の見つめ方

嫌いな仕事 好きになる

 

毎日同じことの繰り返しで仕事が退屈・・・

それに人間関係に悩まされ、業務もあまり過ぎじゃない・・・

それでも働くしかないから何とか好きになれないだろうか?

嫌いな仕事なのに好きになろうと考える人がいます。

 

けど嫌いな仕事を好きになることは不可能です。

 

そもそも価値観が違うから嫌いになるのです。

そこでネットで好きになるためのテクニックを探し、

実際に行動してみたけどしっくりこなかった・・・

あなたもそう思ったことはありませんか?

 

それに以下のような質問をすれば簡単に分かります。

あなたは嫌いな人と結婚できるでしょうか。

そんなこと、どう考えたって不可能ですよね?

だから嫌いな仕事を好きになることは不可能なのです。

嫌いな仕事を好きになることってそういうことです。

 

そうなってくるとどこまで妥協すべきなのかとか、

やっぱり好きなことを見つけるべきなのかとか、

いろいろ考えると難しくなってしまいそうですよね。

好きになろうとするエネルギーを本来どこに向けるべきか?

自分の感情を通して見つめ方をお伝えしたいと思います。

 

前回は、なぜ今まで不満な人生だったのかを説明し、

自分軸で生きることの意味についてお伝えしました。

自分の人生を生きたいと思ってるあなたが知るべき真実

スポンサーリンク

自分を言い訳することに利用していないか

 

まず嫌いな仕事を好きになろうとすることで、

最初に知っておいてほしいとことがあります。

 

それは自分に対する言い訳になっていないか?

 

ということです。

本当はもっとやりたいことや思いがあるのに、

それが不可能だと思い込んで言い訳にしていると、

どんなに好きになろうとしても心の穴は開いたままです。

 

結局、人は自分の本音に素直に生きなれば、

納得できる人生なんて到底できないのです。

嫌いな仕事とは嫌いがベースとなっているのに、

そこで人生はそんなものと妥協したり、

やりたいことができないことへの言い訳にすれば、

 

下手すれば墓場まで引きずってしまいます。

 

これは言い換えると「被害者意識」と言います。

定年まで我慢し続けるのって嫌だと思いませんか?

あなたはそんな人生で本当にいいと心から思えますか?

そんなのでいいはずがありませんよね。

 

けど被害者を演じている以上は何も変わりません。

嫌いな仕事なのに無理をして好きになろうとして、

それが自分を言い訳することに利用してしまうと、

人生を違う自分で演じて生きることになってしまいます。

どう頑張ったところで納得できる人生は生きれないのです。

 

 

どこまで妥協すべきかという考えは正しいのか

 

人生とは100%思い通りにならないもので、

いくら理想を描いても、それはあくまで理想なのです。

実現できても思い描いたことと誤差があります。

 

そうなると理想なんて所詮は理想だから、

無理して理想なんて追いかけようとするよりは、

どこまで妥協するかを考えるようになります。

 

例えば結婚相手を探すとなると理想は難しいので、

どのラインで妥協すべきかなんて考えますよね。

そりゃあ、理想通りの人と結婚できれば、

それほど幸せなことはないかもしれません。

 

けど現実は理想通りなんて夢のような話なので、

自分の中で妥協すべき部分を考えるわけです。

決してその考え方がいけないわけではないのです。

 

ただ最近、心理学で学んだことなんですが、

そこでは理想の1日を考えてみて下さいと言われ、

僕も含めて受講生はそれぞれ15分ほど考えました。

そして出てきた答えは何だと思いますか?

 

ほとんどの人は普段と変わらない日常だったのです。

 

理想を実現という言葉を聞くと、

まるで億万長者になって優雅な生活なんて浮かびそうですが、

本当のところでは普段の日常が理想だったりするんです。

 

こういうのを「足るを知る」と言います。

 

言葉を変えると「知足」なんて言われますが、

理想は遠いものではなく身近なものだったりします。

理想に対して妥協するということを考える時、

一番問題となることが1つありますが、

 

それは「足りない」ことに意識が向いていないか?

 

ということが言いたいのです。

嫌いな仕事を好きになろうとすることは、

やりたいことができないことの言い訳になっていないか?

あまりにも高過ぎる意識になり過ぎていないか?

それは足りないことへ意識が向き過ぎていないか、

という自己点検をしておく必要があるのです。

 

これは決して妥協がいけないというのではなく、

自分の意識がどこに向いているのか?

ということを確認しておく必要があるのです。

 

また何の為に働いているのか~の記事では、

妥協の選択について別の視点から書きましたので、

こちらの記事も参考にしてみて下さい。

 

 

自分に素直にならなければ幸せにはなれない

 

人って自分の抱いている理想を実現するより、

自分の本音に素直になった方が実現しやすいです。

 

たとえば会社でトップになりたいと思ってても、

本当は自分のペースでゆっくり取り組みたい場合、

どんなに頑張って会社でトップになろうとしても、

その無理な頑張りが祟って身体を壊すことになったり、

精神的に追いつめられて鬱になってしまったりと、

 

どこかで自分にストップが掛かるように思います。

 

他にはやってる途中で自分に疑問を抱きはじめたり、

本当のなりたい自分に気付き始めたりもします。

僕も心理学を学んでセミナー講師に挑戦したり、

コーチングを学んで週末起業として集客をしたり、

嫌いな仕事から離れたくていろいろとやってきましたが、

どれもこれも結果を残すことなく終わってしまいました。

 

そんな自分に疲れて本当はどうしたいのか・・・?

 

自問自動したところ、

自分の思いをブログで表現することに辿り着きました。

もともと人前に出ることに才能も何もない自分が、

全く合っていない場所で一生懸命になっていたのです。

けどブログという自分の合う場所を見つけたことで、

 

同じ行動の「量」でも結果に雲泥の差が出たのです。

 

そんな経験から、

やっぱり自分の気持ちに素直になることなんだな・・・

改めて気付かれました。

 

 

自分の好きという感情から広げてみませんか?

本日のまとめ:

  • 自分を言い訳することに利用していないか
  • どこまで妥協すべきかという考えは正しいのか
  • 素直にならなければ幸せにはなれない

 

あなたに1つ質問をします。

嫌いな仕事をしている時の自分ってどう思いますか?

決してポジティブには考え難いのではないでしょうか。

そんな自分って嫌だし、認められないと思いませんか?

 

つまり嫌いな仕事を通して自分まで嫌いになります。

 

自分が嫌いになってしまうと自己否定になるので、

余計にネガティブなことを引き寄せてしまうのです。

例えば社内で挨拶されないだけで嫌われてると思ったり、

上司の何気ない一言をマイナスに捉えて落ち込んだりです。

 

仲の良い友達同士なら決して気にしないことでも、

自分を嫌いになる環境に身を置き続けることで、

物事の捉え方もネガティブなものになってしまうのです。

ではそうならないためにはどうすればいいかと言うと、

 

自分の好きと感じる感情を広げること。

 

僕は心理学が好きだったので、

プライベートでは心理学を学ぶことをしていきました。

そして次にコーチングを学んでスキルを高めていきました。

先ほどの話では結果を出すことができなかったと言いましたが、

 

ここで学んだことが土台となって今があるのも事実です。

 

このブログでは今までの経験を元にお伝えしてます。

心理学の視点からもアプローチしていたりします。

つまり自分の自由にできる範囲から広げていきました。

 

嫌いな仕事を無理に好きなるのは難しいです。

それよりも好きなものを広げる方が簡単ではないでしょうか。

その方がずっと未来に希望が持てませんか?

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ