依存を手放して仕事や恋愛で自立したい人のたった1つの方法

精神的 自立 依存

 

仕事では頼るばかりで自分1人ではこなしきれない・・・

恋愛にしても家族にしても誰かに甘えてばかりで、

そんな依存をしてしまう自分を変えていきたい!

そうなると精神的に自立したいと心から思うものですね。

 

きっと今のままだといけないと思っていることだと思います。

その通りで今のままだとこの先も問題を抱えることになります。

 

だけどそれは決してあなたがいけないという訳ではないのです。

それは、今回お伝えすることでスッキリすることでしょう。

あなたが本当の意味で精神的に自立できるようになるために、

シンプルなたった1つの方法をお伝えしたいと思います。

 

(前回の自分らしさって何だろう?今の仕事に迷いを感じてる人へでは、

好きでもない仕事を我慢してやってると今の自分に迷いを感じますが、

自分らしさの意味とらしくない違いや才能との関係をお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

自立ってどんなタイプ?

 

あなたは自立と聞くと何を思い浮かべますか?

またどんな風になれたら理想的だと感じるでしょうか。

そして今の自分に対してどんな風に感じているでしょうか。

 

いきなり質問攻めをするような切り出しですが、

僕達は意外と自立に対しての認識が曖昧だったりします。

人間誰しも理想とするイメージのようになれればと思いますが、

大概は誰もがそんな理想通りにはいかないものです。

僕も昔はよく、

 

「俺って全然ダメだな・・・」

「なんでこんなこともできんのんじゃろう・・・」

「今のままじゃ絶対に駄目だ・・・」

 

こんな風に思っていたのです。

だけどここでひとつ疑問が浮かんでくるのです。

それは、何と?誰と?それを比べて思っているのか・・・

ということなのです。

 

実は精神的に自立タイプの人って、

自分は依存的だとか、もっと頑張らないといけないとか、

自己否定的になって頑張り過ぎてしまう傾向があるんですね。

 

つまり、自分はまだまだだと思っている傾向が強いのです。

 

反対に依存タイプは自分じゃなく他人への不満が多いのです。

これは割合なので6:4や7:3など人によって様々です。

そして大切なのは精神的に自立したいと努力することではなく、

今の自分がどのような割合なのかを知ることなのです。

 

 

他人があなたを責めてくる根本的な原因

 

またあなたが精神的に自立したいと、

思うようになったのもキッカケがあるのではないでしょうか。

 

それは、成人してもいつまでも実家暮らしで親に甘えているとか、

彼氏や彼女に頼りすぎてそんな自分を何とかしないといけないとか、

仕事だって一人前になることができないことへの悩みなど、

何かしらのきっかけがあって思っていることだと思います。

 

またこのような状態では、

周囲の人からもあなたを問題視する場合もあります。

たとえば実家暮らしだと1人暮らしをしろと言われたりです。

周囲からも自分のことは自分でできるようになれと言われ、

自分でも何となく自立とはそんなものだと思ってしまいます。

 

だけど、そもそもなぜ周囲からこのように言われるのでしょう。

確かにあなたは自分が依存していると感じてるかもしれません。

そこで自立しなければいけないと思っていまいがちですが、

 

問題は、自分が自分を責めていることにあります。

 

自分で自分のことを責めるので周囲も責めてくるのです。

あなたがそう思うことで雰囲気が他人にも伝わってしまうのです。

 

これはイジメられっ子がどこでもイジメられる心理と一緒です。

イジメられっ子は自分は悪くなく全て他人のせいにするから、

自分を変えることができずにどこの環境でもイジメられるのです。

 

決してイジメられっ子を悪く言っているつもりはありません。

けど共通しているのは自分を真っ直ぐに見つめていないのです。

自立しないといけないと意識が向き過ぎてしまっているのです。

だけど本当は自分を責めてしまっていることが問題なのです。

 

 

自立するのではなく自分を認めること

 

あなたは自立が1人で何でもできることだ・・・

なんて、今まで本気で思っていたかもしれません。

もし、ギクッとしたらそれは勘違いですからね!

 

精神的に自立がしたいのなら、

精神的に自立をしようと思わないことです。

その考えでは問題からズレてしまっているからです。

問題とは自分のことを否定しているそのものなのです。

 

大切なのは、今の自分を認めるということです。

 

このことをよく考えてほしいのです。

自分のことが嫌いなのに人を本気で愛せるでしょうか。

誰かを好きになって前に進めない本質的な理由は、

自分に否定的なのでその罪悪感が前に進めなくするのです。

そして、自分を認める方法とは難しいことではありません。

 

今の自分をそのままで良いんだと思うことです。

 

たったこれだけのことです。

また僕自身がやっている方法は以下の2つです。

 

  • 心の中で「よく頑張ってる」と自分を褒めてみる
  • 身体で感じる感覚に意識を向けてみる

 

実は自分を褒めて身体の感覚をしばらくジッと感じてると、

不思議なことに嬉しさを感じているのに気付くことができます。

この嬉しいという感覚が自分に自信を与えてくれるんですね。

僕達はそれだけ普段から自分のことを蔑ろにしているのです。

 

 

自立って思ってるようなこととは違う

 

今回の内容はいかがだったでしょうか。

精神的に大人になろうと思って今まで考えてたことより、

ずいぶんと違った内容だったのではないかと思います。

 

それだけに僕達は自分のことが分からないものなのです。

 

けどそれは、ただ知らなかっただけのことなのです。

それに精神的に大人になりたいと思っているにも関わらず、

今の自分を否定するのは考えてみればおかしな話です。

 

僕達はよく「○○ができたら認める」という思考になりがちです。

たとえば上手くいくのならやってみようという感じのことです。

だって失敗なんてしたくないので成功の保証がほしいですよね。

けどこの考え方ではいつまで経っても成功はしないのです。

 

というのも人って良いことがあるから笑うのではなく、

普段から笑顔にになってるから良いことが訪れやすくなるのです。

笑顔が素敵な異性はしかめっ面より魅力的に見えますよね。

この原理と全く一緒なのです。

 

自分のことを認めるから精神的にも自立できる。

 

とてもシンプルです。

そしてその方法も先ほどのシンプルなことだけです。

これは僕自身がビジネスを始めた際に大切にしている考えです。

そしてこれは今でもこれから先もずっと大切だと思っています。

もしピンときたら、ぜひご活用して頂きたいと思います。

 

人生を楽しめる大人になれることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ