仕事を辞めてフリーターになることは恥ずかしいことなのか?

仕事 辞める フリーター

 

僕は二十歳の頃に1年2ヶ月ほど正社員で働いてました。

けど仕事がきついので辞めてその後はフリーターになりました。

そして20代のほとんどはずっとフリーターをしてました。

あなたは今の仕事を辞めたくて仕方がないでしょうか?

 

フリーターになることは決して恥ずかしいことではありません。

 

確かに社会的に弱いと言われる立場かもしれません。

周囲の人の自分を見る目はあまりよくないかもしれません。

それに仕事を聞かれて素直に答え辛いこともあります。

 

  • けど、もし他にやりたいことがあるのなら?
  • 仕事が精神的に肉体的に辛くて合わないのなら?

 

それに正社員であることが本当に自分のためになるのか・・・

昔と違って単純に正社員であることが幸せにはなれないのです。

僕は正社員歴は浅いですが今では好きなことで独立しています。

 

もし、今の仕事を辞めてフリーターを考えているのでしたら、

フリーターをどのように活かすと良いかをお伝えしたいと思います。

 

(前回の仕事が辛くて辞めたいけど妥当な理由がない時の3つの方法では、

仕事を辞める時の壁となるのが上司を納得させる理由を考えることですが、

適切かつ心理的に乗り越えやすい理由の考え方についてお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

古い価値観を振りかざしてくる人の心理

 

「そんなことで次もできると思ってるのか?」

「仕事を辞めるようなヤツは次も続かない!」

「仕事は辛いのが当たり前、みんな同じだ!」

 

このような古い価値観を持っている人は未だに多いです。

しかし、こうした人に限って他人の気持ちは分かりません。

ではなぜこのようなことを考え伝えてくるのでしょう。

 

それは今の状態をなるべくキープしたいからです。

 

たとえば上司が引き止めをするのがよい例です。

社員が1人欠けると穴を埋めるのが面倒だからです。

ですが実際のところはいなくなっても会社は回ります。

 

ではこのキープしたいというのを脳の視点からみると、

潜在意識の現状を維持する機能がそうさせているのです。

というのも潜在意識は生命の維持が何より最優先です。

 

現状を維持することの反対は状況が変化することです。

辞められると職場でいつも通りのパターンが崩れてしまうので、

現状を維持できなくなるので上記の説得をしてくるのです。

 

確かに仕事してのという側面もありますが、

脳の視点ではいつものパターンを崩したくないのです。

ですが実際は1人欠けたとしても何とか回していけます。

そして回していけることも頭では分かっているはずです。

 

 

人は環境の変化を嫌ってしまう

 

しかし、問題はそんなことだけではありません。

潜在意識は現状を維持することを最優先とします。

これは僕達は仕事を辞めようとする時に厄介なのです。

 

僕は以前に製造業の会社に派遣社員として働いていた頃、

班長からパワハラを受けていて精神的な苦痛の日々でした。

特に精神的なダメージを受けて腹が立った日には、

帰ってパソコンを立ち上げて転職サイトを開き、

 

「やってられるか。なんあクソ会社、辞めてやる!」

 

その勢いでよく面接希望を出してました。

そして無事面接までこぎつけていざ転職がリアルさを増すと、

急に不安や後悔が襲ってきてこれより先に進めないのです。

 

僕は結局転職せずに元の会社で働き続けました。

仕事は居続ける期間が長ければ長いほど離れ難くなります。

それは今までずっと同じ環境に慣れ過ぎてしまっているからです。

 

そしてその原因も潜在意識の現状維持する機能なのです。

 

仕事を辞めてフリーターになろうと思っている・・・

そこには自分の心と向き合う必要があるかもしれません。

だけどそれでも今の会社で働くことが嫌な場合は、

どう自分と向き合って前に進めばいいのでしょう。

 

 

時代の変化と共に新しい選択肢を見つける

 

なぜ、フリーターになろうと思っているのでしょう。

それはあなたなりに理由があってのことだと思います。

だけどその理由は最後までやり遂げることができますか?

あるいはただ単にフリーターになって楽したいだけでしょうか。

 

僕もフリーターになった時は目標を見失い、

ただただ楽な日々を送って将来なんて考えてませんでした。

それではフリーターと言う自由な立場を活かせません。

 

ただ闇雲にフリーターになっても惰性で生きてしまうのです。

 

そこで再就職のために資格取得や職業訓練校など、

あるいは他にも何かしらの手段はあるかもしれませんが、

こうした昔ながらの手段ばかりに目を向けるのではなく、

時代の変化と共にもっと新しい選択肢も考えられます。

 

日本は先進国でありインフラしっかりと整っています。

その上、スマホの普及によってネットがより身近になりました。

ネット上でブログやYouTubeなどで稼ぐという方法もあります。

 

つまり、個人のメディアを持つことで情報を発信していくのです。

 

実際に僕はブログを構築することで副業をはじめ、

今ではインターネットビジネスで独立をしています。

他にはせどりやFXなどの副業の手段はいろいろあります。

こうした選択肢も考えとしてもいいのではないでしょうか。

 

 

自分で自分の価値を評価していく

 

今回お伝えした新しい選択肢とは、

今までは会社という他人に自分を評価されていたことが、

ネット上で自分のメディアを持つことで情報発信を行い、

それによって結果を得る自分で自分を評価する生き方です。

 

僕達、人間は他人にコントロールされることを嫌います。

会社とは時間を拘束され行動を制限される場でもあります。

自由出勤や直行直帰なんてありますが決められた時間の範囲内だし、

仕事の内容だって仕事に則っての判断や行動をすることになります。

 

こうした制御された環境にいることは窮屈でもあります。

そこで苦手な業務内容や人間関係に陥れば余計に苦しみます。

それなら、今の仕事を辞めてフリーターになった方がマシです。

それらも自分がその環境で何を感じるかで決まるのです。

 

  • 今の状況が辛いと世界や人が厳しく感じます
  • 今の状況が幸せだと世界や人が優しく感じます

 

つまりは自分が今どんな状態なのかで感じ方が変わるのです。

同じ出来事であったとしてもまるで違った感じ方をします。

どうせなら人生は楽しく幸せでありたいものですね。

 

また仕事を辞める時は上司への言い方に悩んでしまいがちですが、

仕事を辞めるときの言い方とは?退職理由の3つの考え方にて、

退職理由を考える際のコツをお伝えしていますので、

ぜひ、こちらの記事も参考にして下さい。

 

自分の本当の望んでいる生き方ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ