仕事でミスを連発!まさかのありえない状況の4つの対策

仕事でミスを連発!まさかのありえない状況の4つの対策

 

仕事でミスをしてしまうと、

不思議とそのミスが連発して起こることがありませんか?

 

「そんな、まさか!?」

 

このようなありえない状況の中、

仕事のミスに対して、どう気持ちを立て直していいのか。

なぜミスが連発して起こってしまうのか。

 

答えが分からない苦しみと、

現実に起きてしまった苦しみに嫌になってしまいますね。

どうして仕事でミスが連発してしまうのでしょう。

 

誰にだって仕事でミスすることはあります。

僕も仕事でミスを連発するドツボにはまったことがありました。

頭では「また起こるかもしれない」と注意しているつもりでしたが、

不思議と注意のスキを突くかのようにミスが起こってしまうのです。

 

今回は、そんな仕事でミスを連発することについて、

どのようにしたら防げるのかの根本的な対策を紹介します。

 

(前回は、仕事がうまくいかなくて辞めたいあなたへ贈る5つの処方箋にて、

仕事がうまくいかない人に自分をムリさせない処方箋を紹介しました。)

スポンサーリンク

 

精神的なストレスを出すことが対策

 

仕事でミスが連発してしまうとき、

それはいつの間にか精神的なストレスを抱えているケースがあります。

 

  • 今まで自覚がなかったが疲れていた
  • 別のことに気をとられることが多くなる
  • 心配事が多くなり出して情緒不安定
  • 気付かないうちに仕事のやり方がズレていた
  • 気持ちに余裕がなく仕事を急いでしまう
  • 周囲の人間に良く見られたいという見栄
  • つい「ま、いいか」で業務を遂行してしまう

 

いかがでしょうか、

上記の内容で心当たりのあるものはありましたか?

心は目には見えないので自分の思い込みで行動してしまって、

ついうっかりミスすることは多いものです。

このような仕事でミスすることへの対策には、

 

  1. その場での対処療法としては確認をしっかり行うこと
  2. 長期的な戦略として精神的なストレスを出せる工夫をする

 

大きく2つのことになると思います。

特にミスを連発してさらにそれを繰り返さないためには、

精神的なストレスを溜めない普段からの工夫が大切となります。

 

 

1、本音を打ち明けられる相手

 

仕事でミスを連発してしまったとき、

あるいはミスを連発するかもしれないと予感しているとき、

 

そんなときは、

 

自分の話をしっかり最後まで聞いてくれる相手に、

自分の本音を打ち明けられるとミスを抑えることができます。

 

なぜなら、

 

自分の本音を打ち明けることで感情がリセットできるからです。

パソコンも余計なデータがメモリーに残っていると動作が鈍るように、

どこかで余計な感情を外に出すことが大切なのです。

 

身近な友人や家族などに打ち明けられればいいかもしれませんが、

いなければカウンセラーやセラピストやコーチングなど、

仕事や人間関係をテーマとして扱う専門家に相談するのも方法です。

 

 

2、運動を習慣にしてストレス対策

 

僕たちは健康に対して軽視しがちになってしまいます。

それは身体がまだ自由に動けるので危機感を持てないからです。

 

よく風邪を引いたときに、

健康であることのありがたみが身に染みると聞きますね。

 

人はいざ問題が起こったときでないと行動できないのです。

ですが行動できないと自分を甘やかしてしまうと、

結果的に仕事でミスを起こしてしまうなどの目に見えるかたちで、

僕たちに問題が降り掛かってしまうことになります。

 

やはり「予防」という意識が大切なのです。

 

運動を習慣にすることで、

ストレスに強くなり、脳の回転も良くなります。

結果として仕事でミスを連発することを防ぐことができます。

運動は有酸素運動などのリズムを刻むものがベストです。

ランニング、マラソン、水泳、ダンスなどが良いでしょう。

 

 

3、「だろう」ではなく「かもしれない」

 

仕事のミスを防止する根本的な対策は、

 

「だろう」ではなく「かもしれない」と考えることです。

 

これは、運転免許の講習で教えられる事故防止の考え方です。

あなたも免許を取得するときに教わらなかったでしょうか。

もし免許をお持ちでないなら、ぜひ覚えておいてほしいことです。

 

  • 「だろう」運転をすることで大丈夫だろうと思い込んで事故に巻き込まれる。
  • 「かもしれない」運転をすることで事故を未然に防ぐことができる。

 

車でのミスは大きなことなので、

とにかくミスすることは避けなければいけません。

教習所で教わることは、運転の仕方を学ぶことと思いがちですが、

 

路上で安全に走るための「予防」を学ぶところと言えます。

 

結局、ミスしないためには予防するための知識が必要なのです。

何でも物事を始めた最初のころは、失敗することが多いと思います。

しかしその失敗を経験することで正しく軌道修正していくのですが、

 

最初から予防するための知識があれば、ミスを未然に防ぐことができるのです。

 

そのために「だろう」ではなく「かもしれない」と考えること。

たったこれだけで、仕事のミスそのものを未然に防ぐことができます。

 

 

4、机の整理整頓は心の整理整頓

 

あなたの仕事場の机、あるいは作業する場所は、

ちゃんと整理整頓しているでしょうか。

 

必要な道具が乱雑となっていて、

いざ仕事に取り掛かるときに「あれがない」「これがない」では、

時間もムダになりますし、仕事の効率も下がってしまいます。

 

何よりも、仕事でミスする可能性を高めてしまうのです。

 

なぜ整理整頓が大切なのかと言うと、

 

部屋の片づけをすると気分がすっきりするからです。

目で見える空間が綺麗になると、同時に心もすっきりします。

心がすっきりするということは、物事を整理して考えることができます

だからこそ仕事でミスを連発することも防げるのです。

 

ぜひ仕事でミスすることへの対策として考えてみてください。

良い仕事ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ