給料が安いから転職したい?手取り10万3千円からの逆転劇

給料が安いから転職したい?手取り10万3千円からの逆転劇

 

仕事は無理はしたくないけど給料が少なすぎると、

そこが問題になってまた転職することを考えてしまうかもしれません。

生活とお金は切っても切り離せない関係です。

 

  • 給料は安いけど精神的に楽な仕事
  • 給料は高いけど精神的に辛い仕事

 

僕たちはどうしてもこの2つしか選択肢がないように感じてしまいます。

どっちを選んだとしても、一方が魅力的に感じてしまうものです。

僕が以前、勤めていた会社は安月給で有名でした。

 

「この会社は給料が安い」

「社員の給料の格差がひど過ぎる」

 

このように社員の間では給料が安すぎることに悩んでました。

実はこの会社は合併して、親会社の社員の給料との格差が激しかったのです。

ただでさえ基本給安いのに特にボーナスでは、半分くらいの差がありました。

 

ただ、

それでもまだ正社員なら良いのです。

ちゃんとボーナスもそれなりに貰えるからです。

 

僕は派遣で入社して派遣会社の抵触日により契約社員となりました。

契約社員はもっと最悪で、正社員よりも基本給は安くボーナスも寸志でした。

 

そんな僕の手取りは、たったの10万3千円だったのです。

 

一人暮らしをしていたので、当然この給料では生活ができません。

かと言って転職することも技術も何もない僕には当てがありませんでした。

 

(前回は、職場の人間関係が上手くいかない人が転職で気を付けたいことにて、

職場の人間関係が上手くいかないときの転職の成功の秘訣をお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

転職を選ぶべきか副業を選ぶべきか

 

転職を選ぶとするなら、

転職先の給料が前職よりも良かったとしても、

 

  • 仕事の内容が耐え難い
  • 時間外労働が多い
  • 職場の人間関係に問題がある

 

などの点に注意する必要があります。

しかもそれらは実際に入ってみないと不透明なものばかりです。

転職先で後悔するケースは上記のような内容が主ではないでしょうか。

 

もし、給料が安いだけが問題だと思うのであれば、

現職を維持しながら他に収入を得る方法を考えるべきだと思います。

なるべく環境を大きく変えない方が精神的な負担が少なくて済みます。

 

  • 給料が安いだけなら副業
  • 給料以外も含めて問題なら転職

 

このような基準で考えてみてはいかがでしょうか。

僕はパワハラを受けた部署を異動して退職するまでの1年間は、

会社以外で収入を得る方法を選択しました。

 

 

やはり仕事はやりがいで選ぶべき

 

就職であっても転職であっても、

優先すべきなのは給料よりもやりがいで選ぶべきです。

 

人間関係や仕事内容は実際に働いてみないと分からないところですが、

やりがいのありそうな仕事で選ぶことである程度の働き方を決めることができます。

また給料も会社の業績によって変わることもあるので参考程度のようなものです。

 

僕は製造業の会社に入社した理由は給料が良かったからでした。

だけど入社して4年後には手取りが1/3まで減ってしまったのです。

事情がどうあれ数字だけ見れば、そこまで減ることは異常です。

給料のために入ったのだから、減ってしまえば当然やる気もなくなります。

 

だけどやりがいで選ぶことが簡単にできれば苦労はしません。

僕も自分のやりがいが分かっているなら給料で選択はしませんでした。

 

 

残業をして給料を増やしても特にならない

 

家庭を持っている社員は特にでしたが、

仕事をわざと残業するところまで遅らせながらやってました。

ここは上手いこと考えながら皆、残業代で稼いでました。

 

ただ、これで思うことは、

日銭を一生懸命に稼いでいるみたいで将来に何の得もないということです。

つまり、目の前に落ちた小銭を一生懸命に拾い集めているようなものです。

更にそれに拍車を掛けたのが、社員の顔にやる気が全くなかったのです。

 

課長は残業をすることが当たり前のように思い、

残業をしない社員は、それだけ仕事に対する姿勢が足りないと判断し、

一方で残業を積極的にする社員は仕事を遅らせてやってました。

 

「なんて歪んだ会社なんだろうか・・・」

 

給料の格差も激しい上に社内の人間は会社の利益云々ではなく、

自分達の個人的な感情が優先されているように見えました。

 

残業をする社員 = 仕事ができる・やる気がある

 

これって何か変だと思いませんか?

時間外勤務を積極的にすることが会社への貢献と思っているのです。

だけど、そのような中で会社が倒産でもしてしまえばいかがでしょうか。

その後に残るのは年齢を重ねて手ぶらになった自分だけです。

完全に路頭に迷うことになってしまいます。

 

 

自分の思考の枠から思いっきり飛び出してみる

 

今はインターネットのお陰で情報が手に入りやすいです。

副業をしようと思えば、どこかに雇ってもらわなくても、

自分で稼ぐ仕組みをつくることは十分に可能なのです。

 

僕はブログを毎日更新し、そこに広告を貼ることで収入を得る仕組みをつくりました。

そして今では独立してフリーランスとして生計を立てています。

 

正社員になることが安定だと言われていますが、

自分に合わない仕事、精神的に苦痛でいつ辞めるか分からない。

そんな状態がとても安定とは思えませんでした。

 

それよりも、

ゼロの状態からいつでも自分の力で稼ぎ出せる能力を身に付ける方が、

よっぽど精神的に安定するし生活も安定だと思ってました。

僕は今の自分の方が安定していると思っています。

 

それだけ、

時間や収入を他人に決められることは窮屈で、

本当にやりがいのある仕事をするには難しいと言えます。

 

現在は手取り10万3千円から何倍も収入を得ていますが、

副業として自分で稼ぐことも方法のひとつであると思います。

時間を対価として得る仕事よりは時間が掛かるかもしれませんが、

その方が将来の自分のためになるのではないでしょうか。

 

良い仕事ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ