このままでいいのか…今の仕事を続けても幸せになれますか?

このままでいいのか…今の仕事を続けても幸せになれますか?

 

可もなく不可もない人生・・・

果たしてこのままでいいのか・・・

一体、何のためにこの世に生まれてきたのか・・・

 

僕達の生まれてきた意味は、一体何なのでしょう。

 

この問いに明確に答えられる人は一握りしかいません。

それはたとえ経済的に成功した人であっても言えることです。

 

「上場までしたけど一体なんだったのか・・・」

 

人生の目的に経済的な差は関係ないのかもしれません。

僕は本当に夢のない小学生で卒業文集の将来の夢に対して、

 

「ファミコンショップのアルバイト」

 

と本気で書いて先生に書き直されたことがあります。

中学、高校、社会人になってもやりたいことがありませんでした。

だけどただ仕事をして何となく生きる人生なんて嫌ですよね。

 

だからこそ、このままでいいのかと思っているのではないでしょうか。

 

好きでもない仕事をしている人は誰もが感じているはずです。

それは人や業務内容が良かろうが悪かろうが関係なく、

本当はやりたいことを見つけて挑戦したいのではないでしょうか。

 

(前回は、後悔しない人生を送るやりたいことを具体化する5つの質問にて、

潜在的に眠っているやりたいことへの具体化についてお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

味気ない今の仕事を続けてしまう理由

 

あなたはサーカスに行って像を見たことがありますか?

像は大きくて力もかなり強い動物ですね。

 

そんな像でも木に結んだ小さな縄を足に結ぶだけで、

不思議なことに縄をちぎって逃げようとしないのです。

像の力なら簡単にちぎれるはずなのにです。

 

それはあなたもご存知だと思いますが、

それは小さな時から足にロープを縛られたら逃げられないと、

何度も何度も経験させられてきたからなのです。

なので大人になっても無理だと諦めてしまうのです。

 

これは味気ない仕事を続けてしまうことにも当てはまるのです。

僕達の両親はほとんどが仕事を楽しんできてはいないはずです。

また学校では卒業したら誰もが就職というイメージを持ちます。

 

好きでもない仕事を我慢して働き続ける・・・

 

幼い頃からずっと見続けてきたのではないでしょうか。

僕も父親が仕事が楽しいなんて一言も聞いたことがありません。

どっちかと言うと生活のために仕方なく働いている印象でした。

 

そうなると自分達も大人になるとああなるんだと、

何となく感じながら子供時代を過ごすことになります。

そして社会人になるとそれしか選択肢がないかの如く、

就職活動をして会社に入って仕事を持つようになります。

 

 

人は見たいものしか見えないようになっている

 

あなたの学生の頃、

好きだった人が1人はいたと思います。

たとえばあなたが教室に入ろうとした時、

好きな人がどこにいるのかすぐに見分けられなかったでしょうか。

 

あるいは欲しいなと思っている物があった時、

コンビニの雑誌コーナーや本屋に立ち寄ると、

その欲しい物の情報がパッと目にとまったり、

誰かが持っているとそれに気付いたりしなかったでしょうか。

 

僕達の脳は興味のあることに意識が向く特徴があるのです。

 

これは潜在意識による「焦点化の法則」と呼ばれるものです。

無意識に興味のあることへ集中するようになっています。

そしてそれは、僕達の日常で当たり前のように行われています。

 

その反対に嫌なことに対しては忘れようともします。

大勢の前で話すの誰もが緊張してしまうものですね。

だけどその原因は何なのか覚えている人は少ないはずです。

 

 

慣れないことへの挑戦こそ枠から抜ける鍵

 

僕達は毎日同じ時間に起きて、

同じ時間に出社して同じ業務を淡々とこなして、

ほぼ同じ時間に帰宅して同じ時間に眠ります。

多少の誤差はあってもほぼ同じ生活パターンですね。

 

そうなると怖いのが思考停止になってしまうことです。

 

思考停止になると新しいことへの挑戦が億劫になります。

普段のやるべきことすら面倒に感じて腰が重くなってませんか?

僕はいつも先送りにしてギリギリになってやってました。

 

このままではいいのかと思いながらも何がしたいのか分からない・・・

それはサーカスの像と同じようにいつの間に思い込まされて、

それしか見えないようになってしまうから分からなくなるのです。

そんな怠慢な今の現実を変えていきたいと思うなら、

 

1日1回、数秒からでも興味のあることに触れ続けること。

 

ネットで情報を集めるでも、

専門雑誌を購入して読んでみるでも、

最初はそんなレベルからでも構いません。

そこからほんの少しずつ広げていくことです。

 

 

小さなことの積み重ねがやがて道を切り開く

 

僕は2014年1月から副業をはじめたのですが、

最初は何もかもが分からなくて非常に面倒なことの連続でした。

今まで無料ブログでしかブログというものを扱ったことがなくて、

ワードプレスを使った方法なんて知りませんでした。

 

最初の一週間、1日2~3時間ほどマウスでカチカチ動かすだけでした。

 

だけど不思議なことに次第に慣れてきはじめて、

ブログの更新の仕方や内部的な様々なことを理解していきました。

もちろん、その中でも失敗することも何度もありました。

 

だけど僕達は触れ続ければ段々と身に付いていくのです。

 

最初は本当に訳の分からないことでも、

触れ続けることで少しずつ理解しはじめるんだと実感しました。

そしてこれは全てのことにおいて当てはまることだと思います。

 

あなたもこのままでいいのか・・・

今の仕事を続けて本当に幸せになれるのか・・・

 

そう思う気持ちがずっとあり続けているのなら、

興味のあることに少しでも良いので触れ続けること。

そしてそこから少しずつ広げていくことを意識することで、

自分の幸せになれる道が開いていけるのではないかと思います。

 

自分の生き方を変えられることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連する記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ