ハローワークの求人に応募して失敗しかねない5つの注意点

ハローワークの求人に応募して失敗しかねない5つの注意点

 

転職活動にハローワークを活用する人も多いと思います。

ですが求人票に書いてあることを鵜呑みにしてませんか?

仕事は人生の大半を占めることになるので、

 

しっかりと求人の応募には注意をする必要があります。

 

表面上は良いことを前面に出して書かれているものです。

そしてそれだけで判断してしまうと失敗することもあります。

僕自身、過去に20社以上の転職を繰り返してきました。

その中でハローワークの求人に応募して、

 

1年以上続いた仕事は、たった1つしかありません。

 

しかもそれは1年2ヶ月という短い期間でした。

確かに20社以上も転職しているので、

普通の人と比べると多い傾向にあるのかもしれませんが、

それでも5年以上続いた仕事もあってそれは、

 

  • 自分の足を使って探した
  • 求人サイトに登録して見つけた

 

この2つの方法で長く続けられる仕事を見つけました。

ハローワークで紹介されている全ての求人が問題とは言いませんが、

気を付けておきたい失敗の種になる注意点をお伝えしたいと思います。

 

(前回は、もう転職活動に疲れた…一人で解決しようとしてませんか?にて、

転職活動に疲れた時に見つめるべき、ある視点についてお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

1、求人票に書いてある条件と実際は違う

 

ハローワークの求人票を頼りに応募して、

書いてあることと実際に行ってみると内容が違っていた・・・

ということが面接などで分かることがあります。

 

これはできるだけ幅広い範囲で応募者を集めるためと言われています。

 

条件を緩くして記載する方が集めやすいのは確かです。

ですがそれをあてにして応募する人にとってみれば、

採用の可能性が低く、時間の無駄になりかねません。

まず、このことを頭の中に入れておくことが必要です。

 

 

2、補助金の支給を目当てにする会社もある

 

ハローワークに求人を募集するのは、

全くの無料でできてしまうという事実があります。

普通なら広告費に数十万円は掛かってしまうものなのですが、

それどころかハローワークを介して人を雇い入れることで、

 

その会社は補助金がもらえる制度があるのです。

 

そこで何が問題になってくるのかと言うと、

補助金を目当てにして募集を出し続けていることもあります。

ということは、採用される確率が低いことを意味するのです。

そうなると足を運ぶだけ無駄足となってしまいかねません。

 

 

3、虚偽の記載の可能性がある

 

項目1と似ていますが、

例えば「社会保険加入」とあっても、

実際は加入させてもらえないこともあるようです。

ここにおいては僕も経験していないので定かではありません。

 

ですがハローワークに虚位の記載をしても罰せられることはありません。

 

民間の会社なら職業安定法違反を問われてしまいます。

そうなると免許を取り上げられて事業が続けられなくなります。

求人紹介ができないと事業ができないので死活問題です。

となるとここも失敗しかねない要因となるのではないでしょうか。

 

 

4、ブラック企業への精度が整っていない

 

最近ではハローワークもブラック企業への対策を行いだしました。

しかしそれは、今のところ新卒求人に限ったことであって、

 

第二新卒者などの中途採用者への転職活動には行き届いていないのです。

 

ハローワークにブラック企業の募集が多いことは有名ですね。

もちろん、全ての求人がブラックであることはないと思います。

中にはその逆に良心的な企業だって存在しているのも確かです。

それでも失敗の可能性があるのは怖いものではないでしょうか。

 

 

5、そもそも人を募集していない

 

この不景気なご時世に、

人を雇い入れる余裕のある会社がどれほどあるでしょうか。

景気が良くなる兆しなんて何も感じないと思いませんか?

それは同時にハローワークへの求人数も少なくなることを意味します。

 

となると職員の方から頼み込んで求人に載せてることもあるのです。

 

ということは会社としては、

そこまで人を必要としてないということなのです。

なので会社側の求める条件にピンポイントで人を選ぶようになります。

それは同時に採用率の低さを意味することになるのです。

 

 

民間の求人サイトを上手に活用する方が希望が叶いやすい

 

いかがでしょうか、

ハローワークを活用するなら、

以上の5つのことを注意する必要があります。

予め知っておくことで上手く活用できるのではないでしょうか。

少なくとも良い求人に出会えやすくなると思います。

 

そして求人サイトなども複数登録するなど、

自分の可能性を多角的に見る視点を持つことも大切です。

1つの可能性が消えても、もう1つに望みがあるのなら、

希望を持って転職活動を続けられると思いませんか?

 

最終的に判断をしていくのはあなた自身なので、

いくつかの選択肢を持っておくことが大切です。

 

心から楽しめる仕事が見つかることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連するお勧めの記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ