今のままでいいのか…続けてはいけない仕事の3つの特徴

スポンサーリンク

今のままでいいのか…続けてはいけない仕事の3つの特徴

 

僕はやりたくない仕事をやった頃、

常に自分の現状に疑問を抱いてました。

 

「俺は今のままでいいのか・・・」

「こんなんじゃ後悔するぞ・・・」

 

そんな思いが年齢を重ねるごとに強くなり、

副業を始めて独立という道を選びました。

 

全く別の生き方に変えてみたことで、

続けてはいけない仕事の特徴が見えたので、

今回は特に重要な3つをお伝えします。

 

何れか該当してれば続きません

今のままでいいのか…続けてはいけない仕事の3つの特徴

 

これからお伝えする3つの内容は、

人生の無駄遣いと言っても過言ではないくらい、

精神も肉体も疲弊して全く報われないものです。

これは僕の経験で最も強く感じたことですが、

  1. 価値観の合わない人間
  2. 自分の将来に繋がらない
  3. 常に憂鬱な気分になる

 

これら3つのうちどれか1つでも該当すれば、

ほぼ間違いなく仕事に対して強く不満が残り、

かなりの確率でその仕事を離れるはずです。

 

僕も何れもこれらを実際に感じていた頃、

精神的苦痛が強くて耐えるのが必死でしたし、

仕事を辞めた理由もこれらが該当してました。

次の項目から詳細について語っていきます。

 

1、価値観の合わない人間

今のままでいいのか…続けてはいけない仕事の3つの特徴

 

これは絶対に外せない項目ですね。

仕事を辞めたいと思ってる人の中で、

 

断トツで多いのが人間関係です

 

しかも上司とかの目上の関係が多いです。

職権乱用と言えるくらい立場を利用して、

自分にとって気に入らない社員を攻撃してきて、

どんどん居場所を失わされて結果辞める・・・

これってホント最悪ですね。

 

僕の場合は班長によるパワハラでした。

プライドが高いので歩み寄りなんて不可能で、

身も心もボロボロになって会社を逃げました。

 

どんなに努力しても報われない環境

 

僕は自分が実際に経験をしたことで、

全く報われない環境が存在すると知りました。

全ての行動が不思議なくらい裏目に出るので、

まるで魔法でも掛けられたかのようでした。

こうした環境では以下の要素があります。

  • 改善の努力が必ず裏目に出る
  • 毎日必ず精神的苦痛を味わう
  • 年数を重ねるごとに辛くなる
  • 孤独で全員信用できなくなる
  • 情緒不安定で体調も崩しがち
  • ストレスで散財してしまう

 

こんな感じに陥りやすいですね。

できればそれでも少しでも状況が改善して、

何とか働き続けたいと思ってしまいがちです。

けどそんな願いも虚しく追い込まれるんです。

もう精神がボロボロの布切れの様でした。

 

環境を手放す為に必要なこと

 

こうした報われない環境っていうのは、

実はそうそう出会うことではないんですね。

けどたまたま出会ってしまうと最悪で、

孤独な上に全てが完全に報わないので、

 

その環境を手放す勇気が必要です

 

けど長く居続けば居続けるほど、

年齢を重ねれば重ねるほど手放し辛くて、

追い込まれながらしがみつくんですよね。

これは僕自身が経験したので分かります。

 

そんな僕がそんな会社を抜け出せたのは、

以下の記事でも書いているんですが、

関連記事

 

副業をして他に収入を作ったからでした。

その他の方法はうまくいったためしがないので、

これがいいです!って言うことはできません。

 

けど部署を異動させてもらうとか、

転職サイトや転職エージェントを使って、

他の会社で働くのでも別に良いと思います。

 

要は今の苦しみから解放されて、

落ち着いて仕事ができて普通に生活ができれば、

取りあえずは文句がないと思うんですね。

 

ただ一番ダメなのは何もせず耐えることです。

今あなたがジリ貧で追い込まれてるいるなら、

当時の僕のように覚悟を決めて手放す為に、

その為に何を段取りしていくかが重要です。

 

2、自分の将来に繋がらない

今のままでいいのか…続けてはいけない仕事の3つの特徴

スポンサーリンク

 

今やってる仕事は何の為なのか?

それは生活、ローン、家族など理由はあれど、

それってほとんどの人にとっては、

 

お金の為に稼いでいる

 

という状況にあると思います。

中にはそうじゃない人もいるかもしれません。

けど以下の質問をすればそれは明確です。

もしあなたにとって働く理由が無くなれば、

今すぐ仕事を辞めても構わないでしょうか?

 

いかがでしょうか。

ほとんどの人がお金の為に我慢して働き、

可能なら辞めたいところではないでしょうか。

ご多分に漏れず僕もずっとそうでした。

 

働かなくても生活することができるなら、

ローンの支払いが綺麗さっぱりなくなれば、

こんな仕事おさらばだって僕は思ってました。

 

この弊害による最も厄介なこと

 

けどただ我慢して働いて、

それで済むなら良いのかもしれませんが、

人間っていうのは年齢を重ねていきます。

意味のない仕事を続ける最大の弊害は、

 

人生という大切な時間を奪われる

 

ということなんですね。

もう二度と今という瞬間は訪れないのです。

10代20代の頃に戻ることなんてできません。

だからこそ考えなければいけないんです。

 

今やってる仕事が、

自分の本当にやりたいことに繋がってるなら、

その場所に居ることは大きな意味があります。

 

けど当時の僕を含めてほとんどの人にとって、

そうはなり得ない環境で我慢して働いてます。

今そうあるあなたに僕は問い掛けたいんですね。

 

「今のままで後悔しませんか?」

 

これは今すぐどうにかなる問題ではりませんが、

人生を犠牲にすることになるので人生を通して、

自分の本音に素直に生きる道を歩むべきです。

 

3、常に憂鬱な気分になる

今のままでいいのか…続けてはいけない仕事の3つの特徴

 

あなたが今いる職場では、

普段からどんな感情を感じていますか?

或いはどんな感情を感じやすいでしょうか。

 

当時僕が働いていた製造業の会社では、

怒りとか不安とか困惑とか疑念とか虚しさとか、

そんなネガティブな感情の割合が多かったです。

多いどころか9:1以上で圧倒的でしたね。

そうなると僕は常に思っていたのが、

 

苦しみと賃金の対価が見合ってない

 

という理不尽を感じる思いだったんです。

仕事って働いた分だけの賃金を貰うのが普通です。

けど精神的苦痛を味わうのって無駄なんですよね。

その分だけの対価を得られるなら少なからず、

そこに意味を感じることもできるでしょう。

 

けど会社はそこまで保証してくれません。

当たり前と言えば当たり前なことなんですが、

当時の僕はその理不尽さに納得がいきませんでした。

誰にも言えず一人で悶々としていたんですね。

 

ほとんどの人が勘違いしてる

 

僕達は自分のやりたいことを考えると、

何がしたいかがパッと出てこないものです。

それはたとえ50代60代になったとしても、

分からない人は分からないままなんです。

 

このやりたいことっていうのは、

ただそれをやりたいってそんなんじゃなくて、

それをやることで味わう充実感とか喜びとか、

そうした気持ちの部分が満たされるこそ、

やりたいことをやりたいわけです。

 

やりたいことって聞くと、

どんな仕事が良いかとか考えてしまいますが、

それより何をしたら心の充足感を得られるとか、

こうした気持ちの部分が何よりも大事なんです。

なので人生で大切なのは何を成し得たより、

 

どんな感情を味わったか

 

本当はこれが最も重要なことなんですね。

高い車に乗っても広い家に住んでも何でも同じで、

仕事も結局はその職場でどんな感情を味わい、

それはどのくらいの割合かが大切なんです。

 

そこを意識して生きることって、

後悔しない生き方に強く繋がっているんですね。

ぜひこのことも考えてみてほしいと思います。

 

自分の本音に素直に生きること

今のままでいいのか…続けてはいけない仕事の3つの特徴

 

今のままでいいのか・・・

人生このままでいいのか・・・

人生に対する問い掛けの答えはシンプルで、

 

如何に自分の本音に従うか

 

自分の本音とは本当はどうしたいのか?

ということでやりたいことは分からなくても、

本当はどうしたいかというのはどんな人でも、

必ず答えを持っていて答えられるはずです。

  • 本当はもっと自由に生きたい
  • 本当は好きなことだけやって生きたい
  • 本当は〇〇だけして生きていきたい

 

こんな感じでこれが自分の本音なわけです。

そこにフタをして生きると後悔に繋がり、

本音とズレるから苦痛を感じやすいんですね。

 

仮に自分の本音に限りなく近いとこで生きると、

たとえその時その瞬間が苦しい時期であっても、

それさえも意味を感じたり前向きになれたりと、

必ず自分の心の持ちようが違うはずなんですね。

 

好きでもないことをやってるのに、

前向きに生きようというのが土台無理な話です。

 

ということで今回はここまでにします。

最後までお読み頂き有難う御座います。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ