精神的に強くなる為の心を鍛えて逞しくなる4つの考え方

スポンサーリンク

精神的に強くなる為の心を鍛えて逞しくなる4つの考え方

 

弱過ぎる自分の心を強くしたい!

今よりもっと精神的に強くなりたい!

僕は自分が普通より弱いと感じてました。

仕事やスポーツは特に気になりますよね。

 

今回は精神的に強くなるにはどうすればいいか。

精神性の弱かった僕が乗り越えていくにあたって、

特に大事だった考え方について話していきます。

 

精神的に強くなる考え方

精神的に強くなる為の心を鍛えて逞しくなる4つの考え方

 

実はちょっとした考え方の違いなだけです。

 

精神の鍛え方は肉体の鍛え方とは違う

 

まず精神的な強さって何があるでしょう。

例えば以下の内容なんかがそうかもしれません。

  • どんな困難が訪れても立ち向かえる
  • 失敗しても恐れず前に進み続ける
  • 何日でも情熱を持って目標を追い続ける
  • ひとつのことに集中して全力を出す

 

どんな分野でも成功している人には、

皆、このような傾向がありそうですよね。

 

だけどこれでは無理だと思いませんか?

これって分かってても出来ないな・・・て、

僕だったら思ってしまうんですよね。

 

例えば嫌いな仕事をしているのに、

上記のような精神的強さを発揮できますか?

僕は絶対にそれは無理だと思うんですよね。

 

本当の意味での強さとは?

 

精神的に強くなるというのは、

肉体のように鍛えて強くするのではありません。

精神的な強さとは、

 

自分の考え方を変えることです。

 

だってこのことをよく考えて欲しいんです。

過去に噛まれたトラウマで犬が苦手だった人が、

大人になって平気になるケースはよくあります。

じゃあ、そこに何があったのかと言うと、

 

間違いなく犬への考え方が変わったんです。

 

この内面の変化こそが強くなる秘密で、

だからこそ肉体のように鍛えるんじゃなくて、

 

考え方を変えることにあるんですね。

 

そこで今回の話になってくるんですが、

その為の具体的な考え方を4つ紹介します。

 

 

1、自分がコントロール出来る領域を知る

 

失敗をした時、

つい誰かや何かのせいしたくなりませんか?

恥ずかしながら僕はよくありました。

 

だけどそれは気付かないうちに、

自分のコントロール出来る範囲を越えていたからです。

 

「コントロール出来る範囲ってどういうこと?」

 

て、思ったかもしれませんが、

縛られるより自由の方が良いと思いませんか?

例えば好きでもない仕事を夜遅くまでやるのって、

時間を大量に拘束されてストレスですよね?

 

失敗を成長の糧に出来る理由

 

失敗した時というのは、

自分のコントロールの範囲を越えたことで、

制御不能になって失敗を招いてしまう訳ですが、

 

失敗から学べることは成功よりも深いんです。

 

ですがその失敗を学びに変えるには、

このことが非常に重要なんですね。

 

失敗から学ぶには自分が納得しているからで、

それは自分のコントロールの範囲内あるから。

だから失敗を素直に受け入れることが出来る。

 

ということです。

仮に失敗をしてどう対処したらいいか、

そこが分からなかったらいかがでしょうか。

 

きっと学びに変える心の余裕はありません。

そこで自分がコントロール出来る領域を知り、

その範囲で失敗すれば学びに繋がる訳です。

ではその範囲をどうやって知るか?ですが、

 

それは原因を見つける手段を持っているか?

 

ということになります。

例えばブログのアクセスが急に落ちた時、

アクセス解析のツールで原因を究明し、

そして対策を講じるかということです。

 

これならたとえ失敗をしたとしても、

自分のコントロール下に入ってる訳です。

お手上げ状態ほど怖いものはりません。

 

 

2、出来ないことは潔く諦める

 

あなたの得意なことは何でしょうか?

或いは好きなことは何でしょうか?

実は精神的な強さと深い関係があって、

 

自分の得意なことや好きなことをしてると、

当然ながら精神性も強くなっていくんです。

 

例えば独立して好きなことをするとします。

だけど急な経営危機って意外とあるもので、

誰もが何処かで経験するものなんですね。

 

そんな時、好きなことをしていると、

その状況を前向きに捉える傾向が強いんです。

そして具体的な対策を施していきながら、

やがて経営を立て直したりします。

スポンサーリンク

 

ただ自分が強くなれる場所に居るだけ

 

逆に嫌いなことをやってると、

すぐに根負けするのは言うまでもありません。

精神的に強い人って強さというよりは、

 

自分が強くなれる場所に居るだけなんですね。

 

そして、それ以外の出来ないことは、

素直に認めて潔く諦めている訳です。

その方が効率が良いからです。

 

自分のコントロール出来る領域が狭いところは、

どんなに努力しても報われることは少ないです。

仮に報われたとしても合う場所と比較すれば、

圧倒的に差があるのは間違いないんですね。

 

 

3、価値観の合う人と付き合う

 

あなたの所有する車、肩書き、成功など、

あなたという人そのものを見ていない人は、

必要ないし、必要になることもありません。

 

価値観の合わない人は捨てて、

価値観の合う人と付き合うべきです。

 

一緒にいて楽しい、フィーリングが合うなど、

同じ時間を同じ気持ちで共有し合えることは大切です。

 

それは、いざ困った時でも、

気持ちに共感してくれているかで分かります。

 

価値観が合わない人間と付き合わない

 

金の切れ目が縁の切れ目という言葉があるように、

あなたという人そのものを見てくれない人は、

自分にとって利用価値がないと分かった瞬間から、

あっさりとあなたを捨てて逃げてしまうんです。

 

素晴らしい人間関係には、

無理して好印象を与えようという気持ちは出ません。

素の自分をさらけ出して過度に気を使うこともなく、

お互いに等身大の自分で楽しめるんです。

 

良い人間関係を築けば、

お互いを励まし合って行動し続けることも出来ます。

そんな仲間の存在は精神的にも強くさせてくれます。

 

 

4、過去には成功のタネがある

 

大きな失敗をした経験はありませんか?

誰にも言えないような恥ずかしい過去は?

 

いかがでしょうか、

そんな過去の1つや2つは誰にでもあると思います。

勿論、僕にもたくさんあります。

 

しかし、どんな過去でも、

これからの人生の成功のタネになります。

 

そして過去の経験を成功に生かすのは、

あなたがどう捉えるか?それ次第なんですね。

 

精神的に強い人の過去の捉え方

 

所詮、過去は記憶に過ぎません。

今の現実に影響することなんてありえないのです。

影響しているのは自分の中の思い込みです。

 

けど過去に辛い経験を負ったことがあると、

今現在で似たようなタイプの人が現れたら、

どうしても警戒して身構えてしまいますよね。

 

そして頭では大丈夫と分かっていても、

身体が反応するのでどうしようもないのです。

 

例えば大勢の前で凄く恥ずかしい思いをしたら、

手が震えたり、ドキドキしたり、緊張する訳です。

これって頭では大丈夫だと分かってるこのなのに、

身体が反応して言うことを利かない状態なんです。

 

だけどそんな過去も活かすことが出来ます。

ではどうやって成功のタネにするかと言うと、

 

身体の反応に対して

ただその感覚を味わうだけです。

 

たったこれだけです。

他に何も考える必要はありません。

ただ、今感じている感覚を見つめるだけです。

 

僕も身体の感覚を感じるだけで、

何が変わるのか全く分かりませんでした。

けどこれってかなり重要な意図が含まれていて、

  • 感覚を感じる = 自己承認

 

ということになるんですね。

そもそも身体が反応してしまう理由は、

過去の自分を許すことが出来ていないからです。

なので勝手に反応してしまうんです。

 

けど過去の自分を受け入れられるのなら、

わざわざ身体の反応なんて必要がない訳です。

その為の解決法がただ味わうだけなんです。

 

 

この世に生まれたことは既に恵まれている

精神的に強くなる為の心を鍛えて逞しくなる4つの考え方

 

あなたがこの世に生まれてくるまでに、

たくさんの試練があったはずです。

 

その試練を乗り越えて母親のお腹の中で育ち、

無事にこの世に生まれてくることができました。

そう考えると精神的に強くなる要素は、

 

実は初めから備わっているんですね。

 

自分が恵まれていると思えることは、

自分自身に満足して幸せを感じることができます。

それが精神的な強さに繋がっていると思います。

 

あなたがより幸せになれることを祈っています。

 

関連記事

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ