ワーキングプアに悩む非正規雇用の割合がどんどん増えている

%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%97%e3%82%a2%e3%81%ab%e6%82%a9%e3%82%80%e9%9d%9e%e6%ad%a3%e8%a6%8f%e9%9b%87%e7%94%a8%e3%81%ae%e5%89%b2%e5%90%88%e3%81%8c%e3%81%a9%e3%82%93%e3%81%a9

 

真面目に額に汗して働く人が幸せになる・・・

そんなコツコツ努力すれば報われる時代はどこへ行ったのでしょう。

日本では年々、非正規雇用の割合は増加の一途をたどっています。

年収200万円以下でどうやって生活すればいいのでしょう。

 

  • 非正規雇用だから将来への不安も大きい
  • 所得が低いから対策を立てることも難しい

 

こんな今の生活にギリギリの状態では、

今の不安定な状況を立て直すお金も時間もないですね。

こうしたワーキングプアに悩まされてる人が増えています。

 

日本ではあまり聞きなれないワーキングプアですが、

年々非正規雇用の割合が増えているということは、

同時にワーキングプアの割合も増えているとも言えます。

 

だけど一方では好きなことで生きていく人々も増えています。

実際に一昔前と比べれば個人が自由になれるチャンスは、

実は今の時代の方が方法も可能性もたくさんあります。

では、そのチャンスをどうやって掴めばいいのでしょう。

 

(前回は、ワーキングプアの原因と将来の不安はどう対策すればいい?にて、

なぜ真面目に働いているにも関わらず当たり前の生活が困難になるのか、

その原因と根本的に抜け出すための対策についてお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

援助してくれる親類や知り合いがいない

 

両親が高齢で年金暮らしで頼ることができなかったり、

特に最近では他人とのコミュニケーションが不足しており、

賃貸の保証人すら頼ることができない人が増えています。

 

ワーキングプアの定義としては収入面だけでなく、

実家暮らしで年収200万円以下でも食べていけたり、

資産を所有して給与以外の収入があるなら該当しません。

 

つまり低所得で援助が頼めない完全孤立した状態です。

 

一歩踏み外すと生活保護の受給資格があるくらい、

生活状況が危機的状況にある人をワーキングプアと言います。

仕事がなくなれば即座に生活保護を受けることすらできる・・・

日本にいてこんな貧困生活状況になる人が増えてるのです。

 

 

非正規雇用のワーキングプアから抜け出すには?

 

日本の景気が回復する見込みはない・・・

このように思う人の方が世の中の大半だと思います。

実際のところ、国に雇用問題を何とかしてもらうことを期待するのは、

あまりにも時間が掛かるだけでなく個人の影響は少ないはずです。

 

とたえば日雇い派遣が改定によって禁止されましたが、

それが個人に直接良い影響を及ぼすことはありません。

個人の問題は、あくまで個人で解決する方が早いのです。

ではそのための対策として何があるのでしょう。

 

  • 有利になるような資格を取る
  • 能力を付けるために職業訓練校に通う
  • 株やFXなどの投資に手を出す

 

他にも方法はあるかもしれませんが、

これらの方法で望みを感じることができるでしょうか。

もし上手く資格や能力を身に付けて転職しようとしても、

転職が上手くいくと限らないし、会社も存続するとは限りません。

株やFXなんかは多額の資本金が必要なので話になりません。

 

 

好きなことで生きている人の生き方

 

少し前から「好きなことで生きていく」というフレーズで、

YouTubeに動画を投稿して生活をしている人が出てきました。

これは個人がメディアを持つことで影響力を持てるようになり、

そのメディアの広告収入でお金を稼いでいるスタイルです。

 

2010年以前には考えられなかった生き方です。

YouTubeで動画を配信する人のことをYouTuberと呼んでたりします。

他にはアフィリエイト、せどり、輸入転売、ドロップシッピング、

インターネットを使ってお金を稼ぐ方法がたくさんあります。

だけどどんな方法でも共通することがあります。

 

それは淡々と地道な作業を毎日積み上げていくということです。

 

好きなことで生きる前にまずこの作業が必要です。

世の中の多くの人は今の自分を変えたいと思っています。

だけど思うだけで行動をしないとか行動が中途半端になるなど、

途中で自分に負けて止めてしまう人がほとんどです。

どんなことがあっても行動を止めてはいけないのです。

 

自分を変えるとは何か分かりますか?

自分の枠の中から抜け出して新しいものを受け入れることです。

それには今までの自分でなくなるので痛みを感じるものです。

 

前に進むことへの不安や怖れなどの感情がそれにあたります。

だけどこの痛みを感じなければ変わったことにはなりません。

それはただ変わったと思い込んでいるだけのことで、

実際のところは自分の安全領域から抜けていないのです。

 

たとえばブログを毎日更新するとしましょう。

今までやったことがないとすれば途中で辛くなります。

パソコンの前で手が動かない日々もあることでしょう。

その時の苦しみと向き合い続けてそれでも前に進むのです。

やがてブログを更新することが楽になって抜け出すことができます。

これが変わるということの本質なのです。

 

 

覚悟を決めて踏み出していく勇気

 

自分の大切な時間を会社に完全に管理され、

本当のやりたいと思っていることを我慢してしまい、

まともな生活すらできない薄給でも何もしないとしたら、

それでは将来が不安だらけでも文句は言えません。

 

だけどダイエットでも節約でも同じように、

結局自分がやらなければ何も変えることができない。

 

そこに覚悟を持って臨んでいくしかないのです。

 

そこだけはどんなに時代が流れても変わらない部分です。

ネットで調べれば自分を変える方法はいくらでも出てきます。

お金さえ出せばより具体的な方法を知ることができます。

 

しかし、そこで覚悟を持って臨んでいくことは、

自分自身で実際に行動を起こす中で養っていくしかありません。

そして痛みを抜けた人だけが自由を手にすることができます。

 

ワーキングプアに悩み続けるしかないのなら、

覚悟を決めて自分に挑戦してみた方が未来の可能性は広がります。

たとえ非正規雇用であっても働きながら挑戦もできます。

今の時代は自分を変えるチャンスが最も大きいのです。

 

やりたいことへ素直になれることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ