才能を活かすと仕事や生活がまるで異なる4つの生き方を紹介

才能を活かすと仕事や生活がまるで異なる4つの生き方を紹介

 

自分が一体これからどうしたいのか、

何がしたくてどんな生き方がしたいのか・・・

これって答えのない永遠のテーマのように感じてしまいますね。

才能を活かす仕事や生活が今までとはまるで異なってきますが、

 

あなたはそれがどんな風に違うのか想像できるでしょうか。

 

つまり何が言いたいのかというと、

人はイメージできないことはどんなに頑張っても行動できません。

なので自分がどうなりたいかが分からなくて当然なのです。

 

才能を活かすとどんな状態になるかなんて、

その状態に実際になってみなければ分からないかもしれません。

だけど事前にそれを知ることである程度は可能なのです。

 

その方法は情報を集めて知識を蓄えることです。

 

スポーツでもやり方という知識をまず頭に叩き込み、

実際に練習をする中で少しずつイメージと現実のギャップを埋めます。

生き方を変えたいなら才能を活かしたそれぞれのステージを知ることです。

そうすることで自分が何がしたいかが見えやすくなるのです。

今回は生き方の5つのステージをお伝えしたいと思います。

 

(前回は、自分の才能を知りたい!誰にでもあるピンとくる7つの瞬間にて、

才能が見つかる近くにいるのに知らなくて気付かないことはよくあることで、

チャンスを失わないための日常でピンとくる瞬間についてお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

1、役に立っていない状態

 

僕が製造業の会社に勤めていた時がこの状態でした。

役に立っていない状態とは仕事のミスが多いとか、

仕事にやりがいを感じないとか、迷惑を掛けて心苦しいとか、

こうした針のむしろのようなイメージがあるかもしれませんが、

 

人間関係で苦しいのも同じことが言えるのです。

 

僕は係長から「お前は優秀な社員だ!」と太鼓判を押されてました。

器用な性格だったので製品のミスが他の社員より少なかったからです。

だけど仕事の内容をトータルでみると非常に苦しかったです。

イライラするし、もちろんやってて楽しくありませんでした。

 

また班長とはソリが合わずパワハラを受けてましたし、

その他の社員とも仲が良くなくて孤立した状態でした。

全体的に見て苦しい辛い感情が多いならそこは居場所ではありません。

 

もしあなたがネガティブな感情の方が多いなら、

転職するか、違う部署に移らなければ見込みはないと言えます。

僕もそうでしたが思い切った決断がいつか必要となります。

 

 

2、普通の状態

 

可もなく不可もなく無味乾燥な毎日・・・

何となく仕事をしていてぬるま湯に浸かった状態。

特に得意なことをやってるわけではないので平均的で、

だけど現代の労働環境はとても忙しいので、

 

息つく暇もない人生に嫌気を感じているかもしれません。

 

給料も日本の平均の400万円もらえたらいい方で、

人によっては300万円しかもらいない場合もあります。

そしてこの生き方の人が世の中で最も多いのではないでしょうか。

 

それでも仲間と楽しく仕事ができるならマシな方です。

仕事が退屈でも楽しい仲間がいればそれだけで感じ方は違います。

だけど反面自分を変えようと思うと身体が動かないのも事実です。

それは寒い冬にお湯に浸かると出れないのと同じ心理なのです。

 

 

3、優秀な状態

 

このステージから当てはまる人は少なくなります。

優秀な仕事をする人はどの業界でもトップ10%以内だからです。

それだけ誰もが認める実力と評価を得ています。

 

だけどそれが本人にとって幸せとイコールではありません。

 

仕事はできるけど家庭環境は崩壊寸前・・・

このような人を見たり聞いたことがありませんか?

また仕事以外での付き合いがなくて孤独なのも寂しいですね。

それにトップを維持するためには頑張り続けなければいけません。

 

高収入、社会的地位、高評価、そして感謝される仕事、

このように傍から見ると一見完ぺきのように感じられますが、

いずれか失うとまるで存在価値がないかのように苦しみます。

つまり今築いているものを失うことへの怖れがあります。

 

また本当に心からそれがしたかったというよりは、

自分の強みを活かすという視点で考えて導き出しています。

なのでどうしても頑張るという感覚があります。

 

 

4、天才性を発揮した状態

 

才能を活かす仕事とはまさにこれにあたります。

まず優秀な状態との決定的な違いとは、

 

頑張るという感覚がないという点です。

 

努力を努力と思わないほどそれを楽しんでいます。

あなたが歌が好きな歌うことが楽しく感じませんか?

あなたがゲームが好きならプレイが楽しく感じませんか?

 

好きなことで生きるとは、それにお金を生む仕組みを作るだけです。

 

たとえばゲームが好きならユーチューブで実況をして、

そこに広告を貼ることで広告収入を得るという具合です。

好きなことと言えど、当然ながら苦しいことも時にはありますが、

会社で精神的に辛いのと比べれば雲泥の差ではないでしょうか。

何よりも前向きな苦しさであり、将来の楽しみや希望があります。

 

アイデアだって自然と浮かんできたり、

やればやるほど湧水の如く不思議と進化し続けます。

ここで生きる人は人生の幸福を意味すると言えるでしょう。

 

  • 役に立っていない状態 = 錆びついて動かない自転車
  • 普通の状態 = 何とか一生懸命に自転車をこいでる状態
  • 優秀な状態 = アクセルを踏んで車を運転している状態
  • 天才性を発揮した状態 = 飛行機のオートパイロット

 

このようなイメージです。

天才性を発揮する状態とは地位や名誉やお金なんかより、

人生で自分が心から幸せと感じることに対して素直になること。

そしてそのためにお金や道具を上手く使うイメージです。

 

なぜなら人生は究極には自分が幸せを感じることにあるからです。

 

欲しい車があるにしても、それを手に入れることで味わう感情

他人の幸せを願っても、それを実現することで満たされる感情

全ては自分がどう感じるかということが人生のカギを握っています。

天才性を発揮する状態とは自分の幸せが何かを知っていることです。

 

 

あなたにも天才性を発揮する才能を持っている

 

天才性を発揮する状態が才能を活かす生き方です。

だけどあなたは自分には無理を感じてませんか?

 

天才性を発揮する項目でもお伝えしたように、

あなたの身近なところに努力を努力と思わないほど、

好きなことって意外とあるものではないでしょうか。

ほとんどの人はそれでは無理だと諦めてしまいますが、

 

そこに自由な人生を送るヒントが隠されているのです。

 

要はその好きなことに対して仕事にならないと思い込んでるだけです。

今の時代ではより自由度は高くなってきていると思います。

 

確かに正社員、派遣社員、フリーターだと生き辛くなってきてますが、

生き方を自由に選べるようにはなってきていると思います。

後はあなたがどう選択して行動していくかです。

 

才能を活かす仕事で自由な人生を楽しめることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連するお勧めの記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ