何かがおかしい!才能を開花させる人生とそうでない人生の違い

何かがおかしい!才能を開花させる人生とそうでない人生の違い

 

最初、はじめて入社した頃は、

あんなにもやる気に満ちて頑張っていたのに、

何故か今は我慢や不満だけの無味乾燥な仕事の日々・・・

 

「こんな人生って何かがおかしい!」

「このまま、ここにいて本当にいいのか!?」

 

あなたも今の職場の疑問が解決できなくて悩んでませんか?

今の仕事のままでいいのかと疑問に感じても答えは出ないものですね。

だけどこの先ずっと今の会社に居続けるのも何だか嫌なものですね。

ではなぜ答えの出ない問いにいつまでも悩み続けてしまうのでしょう。

 

それは仕事とは生き方そのものに相当するからです。

 

なぜなら、仕事は人生の大半を占めます。

1日24時間ある中で仕事の占める割合はどのくらいでしょう?

それを考えるだけでも容易に仕事の重要性が分かりますね。

 

そんな重要なものだからこそひとつひとつの選択も重くなる。

たとえば転職なんてある意味では一代決心に近いものがあります。

それもそうで誰だって失敗なんかしたくはないですよね。

 

だけど世の中には才能を開花させて自由に生きている人がいます。

このような人達はまるで生き方が違うかのように感じてしまいますね。

それはまるで外国人のような違う人種に見えてしまうほどです。

 

では僕達のような人間には才能は開花させることは無理なのでしょうか。

それこそ、今の職場に疑問を抱きはじめたあなたに問われているのです。

普通なら現状に不満がなければ何も考えることなく今を生きるはずです。

では才能を開花させる人生や現状を抜け出すにはどうしたらいいのでしょう。

 

(前回は、才能がないと夢を諦めて辛い仕事を我慢してしまう7つの誤解にて、

自分には才能がないからと追いかけていた夢を諦めてしまう人は多いですが、

知っていれば夢が叶ったかもしれない才能の誤解についてお伝えしました。)

スポンサーリンク

 

いつの間にか苦しくなる職場環境

 

会社に入社したての頃は、

まだお互いにお互いのことを知らないですね。

だからこそ遠慮して気を使って接したりします。

仕事の内容にしたって丁寧に教えてくれますし、

業務でミスをしても優しくフォローしてくれたりします。

 

ところがそんな優しさもつかの間で、

時間の経過と共にどんな人でも我が出てしまうもので、

さらに職場では価値観が異なる人同士の集まりでもあるので、

そして職場だけにある程度の距離感を保って接してきているので、

 

他人のことをネガティブに捉えやすい環境でもあります。

 

相手が本音では何を考えてるのか分からないと思いませんか?

学校の仲の良い友達のように遠慮なく付き合えるわけではないですね。

このようにいつの間にか職場環境というのは苦しくなっていきます。

ほとんどの人が何かしらの不満を抱えているのではないでしょうか。

 

それでも何とかやっていけるのなら良いと思います。

そのような人は社会に上手く適応してやっていけてると思います。

だけど僕みたいにコミュニケーションが上手くできない場合、

会社の人間関係で精神的に辛くなって時に鬱になることもあります。

 

そして業務内容も淡々と同じことの繰り返しの中で、

人間関係にも仕事にも不満を抱きつつも我慢する日々を送り、

このままでいいのかという将来への漠然とした不安も加わり、

何かがおかしい!と思うようになるのではないでしょうか。

 

 

ほとんどの人が自分の人生を線引きしている

 

ところがです。

何かがおかしいと思いはじめても、

そこから先をどうしたらいいのか分からないものですね。

何かがおかしいけど何をしたらいいか分からない・・・

 

そこで僕達はいろんなことに手を出しはじめます。

資格スクール、趣味のサークル、人と会う、本を読む、

人によっては高額のお金を払ってセミナーに通ったり、

また人によっては価値観を変えるために旅に出たり、

 

とにかく自分の生き方を求めて行動を開始します。

 

僕も母親が病気で亡くなったことをきっかけに、

2年後に20万円払って心理学講座を学びはじめたのが最初でした。

そこから30万、40万円する心理学系の高額セミナーに参加したり、

20万、30万円払ってコンサル、コーチングを受けたりしました。

 

そんな時代を2007年から7年間続けてました。

投資したお金も200万円は超えていました。

金額云々よりも僕達は今の自分を変えたくて動き出します。

だけど、こうして自分を変えたくて行動してもなかなか変えることができない・・・

誰にでもこうした先の見えないモヤモヤした日々を経験します。

 

そこでほとんどの人は諦めて自分の人生に線引きしてしまうのです。

 

「まあ、こんなもんかな・・・」

「まあ、自分にはどうせ無理だったな・・・」

「ここまで頑張って芽がでないならダメだ・・・」

 

そう思ってしまうのも無理はありません。

先の見えないことに自分を信じて行動し続けることは困難です。

また後に引きかえせる環境なら甘えが出て余計に頑張れなくもなります。

だけど諦めてしまうことが悪いと言っているのではありません。

なぜなら人生にはタイミングというものがあるからです。

人によっては今ではないのかもしれないのです。

 

 

才能を開花させると人生はどうなれるのか?

 

では今の自分の生き方に何かがおかしいと気付き、

そこから才能を開花していくとどのように人生が変わるのでしょう。

才能を開花さえせる生き方とどうでない生き方の大きな違いは、

 

今の自分の人生が、生きていることが楽しいかどうかです。

 

僕が製造業の会社に勤めていた頃は、

好きでもない仕事をやって関わりたくもない人間と接して、

1日の中で圧倒的にネガティブな感情を味わう比率が多かったです。

イライラ、苦しみ、憎しみ、辛い、嫌悪、怖れ、悲しみ・・・

これでは何のために生きているのか分かりませんでした。

完全に心にフタをして感じないように生きてました。

 

ところが独立をした今ではどうかというと、

サラリーマン時代には無理だと思っていたやりたいことなど、

今までできなかったことがどんどんできるようになりました。

仕事にしたって好きなことならストレスはさほど感じません。

 

確かに不安を感じることもありますが考え方次第です。

つまりネガティブな感情すらも上手く付き合えるようになります。

これは実際に経験してみて明らかな違いだなと思いました。

 

 

才能がない人はこの世に1人もいない

 

僕達は自分には才能がないと思って生きています。

だけど本当は才能について知らないというだけなのです。

自分の才能が分からない人が夢を実現するための7つの真実にて、

具体的にお伝えしてますが才能とは何かをまず知ることが大切です。

 

確かにスポーツ選手や芸能人など、

華やかな人にこそ才能があるようなイメージがありますね。

スポーツ選手や芸能人など距離の離れた存在ならまだしも、

職場や勉強など、身近なところで見せつけられてしまっては、

自分なんて大したことはないと思ってしまいそうですね。

 

僕が学生だった頃は、

勉強もスポーツも女の子にモテるでさえ、

クラスで各分野で輝いている人がいたので、

適わないとはじめから諦めて隅っこで大人しくしてました。

正直言うと、あんな学生時代なんて二度と戻りたくないくらいです。

 

だけどそんな僕でも今では好きなことで独立しています。

自分の才能を見つけて、そしてそれを成長させるには、

ある程度の時間が掛かってしまうのはどうしてもあります。

 

「だけど何かがおかしいぞ・・・」

 

そう思いはじめた時、

それはあなたが変わるためのきっかけを得たということです。

人生を変えるためのチャンスが訪れているのです。

 

ワクワクする人生に変われることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連するお勧めの記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ