人生変えたいと本気で望んでも社会人が行動できない心理

スポンサーリンク

人生変えたいと本気で望んでも社会人が行動できない心理

 

今まで人生逃げてばかり・・・

もっと本気になれる自分になりたい・・・

社会人になったけど仕事が上手くいず、

人生変えたいと本気で悩んでませんか?

 

人生変えたいと本気で望んでも行動できない

人生変えたいと本気で望んでも社会人が行動できない心理

 

ひとつ決めて、ひたすら続けるだけです。

 

本気で行動すると誰もが味わうことがある

 

何か変わるきっかけが欲しくて何かしたいけど、

自分には無理そうだと感じて何もできないまま・・・

行動できないと自分を過小評価しがちになります。

 

確かに新しいことに挑戦してみても、

やってくうちに辛いことや苦しいことは多いです。

更に仕事で精神的に辛い時は自分だけが不幸に感じます。

僕も会社でパワハラや孤立化してた時は思ってました。

 

「なんで俺だけこんな思いをせにゃあ、いけんのんじゃ!」

 

周りにいる人間がみな憎らしく感じてましたし、

職場に限らず人と関わるのを避けるようになってました。

 

自分のことなんて誰も理解してくれないと思うようになり、

希望も期待も無くして人間嫌いになってしまったのです。

だけど、そんな僕でも今は好きなことで独立しています。

 

大切なことですが世の中で成功している人は、

ほとんどが耐え難い辛い苦しい時期を味わってます。

辛い時期に人生変えたいと心の底から望んで行動し、

挫折を味わいながらも立ち上がって進み続けたのです。

僕も独立するまで沢山の挫折を味わいました。

 

人生本気で行動すればどこかで挫折は味わいます。

 

今回は、あなたの人生を変える為の、

ひとつのきっかけになれたらと思います。

 

 

なぜ、変えたいのに変えられないのか?

 

変わりたいけど変われない・・・

何度も人生変えたいと思っても何もできなかった・・・

これにはある2つの声が原因で、

  1. 他人からの批判の声
  2. 自分からの批判の声

 

この声によって現状変われないまま生きてしまいます。

たとえば本当に乗りたいと思っている車があったとします。

それは値段が高くて見た目も目立つような派手な車です。

もしそれを買おうとすると、

 

「あんなのに乗って見栄を張ってるよ」

「どうして無理して車にお金使うんだろう?」

 

など、他人からの批判の声が気になって、

本当は欲しいけどつい自分を抑えてしまいます。

また自分からの批判の声とはどいういうことなのでしょう。

それは車を購入することが現実味を増してくると、

 

「自分には相応しくないんじゃないか・・・」

「もっと他に使うべきことがあるんじゃないか・・・」

「別にそこまで必要なものじゃないかも・・・」

 

このように自分の心の中から出てくる声のことです。

これは今いる環境が大きく変化すればするほど強くなります。

ではこれを仕事しながら転職先を探すとなるとどうでしょう。

 

「苦労するから止めときなよ」

「こんな仕事もできないようじゃ他でもダメだ!」

 

など上司や同僚からの声が気になったり、

 

「もし次の会社が辛かったらどうしよう・・・」

「もし新しい会社で人間関係が上手くいかなかったら・・・」

「今の会社も何だかんだで良いところはあるよな」

 

このように自分の中からも声が聞こえてきます。

転職なんていったら環境の変化は大きいものがありますね。

人生変えたいと強く望むほど批判の声も大きくなるのです。

 

 

居心地の悪さを感じることにチャンスがある

 

このような批判の声が出てくると、

変わることへのエネルギーが沸いてきません。

そして今までの安心できる領域へ戻ってしまいます。

 

これを「コンフォートゾーン」と言います。

 

僕の場合、パワハラで酷い扱いをされて怒りが充満した時、

その怒りの勢いから家に帰ってで転職サイトを開いてました。

だけど面接を受けて、いざ転職がリアル感を増してくると、

上記で説明した特に自分からの批判の声が強くなってきて、

結局、現状のままに甘えていつまでも苦しんでました。

 

ここにいても自分にとって良くないことは分かっている。

だけどいざ行動してみるとどうしても不安が拭えない・・・

人生変えたいと本気で望んでいるのにどうしてもダメ・・・

スポンサーリンク

それはコンフォートゾーンを抜け出せないからなのです。

なぜなら、苦しくても今までやってこれたからです。

 

行動できない理由は脳のメカニズムにある

 

辛くても苦しくてもそれでも生きていけるのなら、

脳はそこを安全領域として出たくなくなるのです。

これはコンフォートゾーンが裏目に出てる状態です。

こんな状態って一刻も早く抜け出したいですよね。

 

これが頭では分かっていても変われない理由です。

つまり脳のメカニズム的に行動出来ない訳です。

しかしこの時の居心地の悪さを感じるということは、

 

行動すれば変わるチャンスがあるという意味なんです。

 

ということはこのコンフォートゾーンを抜ける為の、

自分を強く押し出してくれる力を手に入れる必要があります。

ではそんな力を手に入れるにはどうすればいいのでしょうか。

それは以下で説明する非常にシンプルなことをするだけです。

 

 

自分を肯定し続けることが変わる原動力

 

うつ病になった時に最も効果のある方法は何だと思いますか?

カウンセラーやセラピストや精神科で薬を処方してもらわなくても、

たった1人でできて最もシンプルな方法があります。

 

それは、自分を褒めるということです。

 

どんな小さなことでも、どんなに些細なことでも、

朝起きれたら、朝食を食べれたら、外に出られたら、

電車に乗れたら、会社や学校の近くまで行けたら、

こんな小さなことを1回1回自分に褒めてあげることです。

 

なぜなら僕達は、些細なことほどないがしろにするからです。

 

何かアクションを起こして、

それが思ったような成果が出ない時はがっかりしますね。

だけどそこまで努力して近づいたことは確かですよね。

意識して行動しなければ目標に近づくことはありません。

 

自分を肯定することを積み上げていく

 

だけど僕達は結果だけしか見ようとしないことがあります。

そうなると結果を得られないとダメだと思ってしまうのです。

人生変えたいと本気で望んでいるなら、

 

この些細なことでも自分を褒めることが大切です。

 

小さなアクションの1回1回が大切なのです。

なぜなら小さなことの積み上げでしか変えられないからです。

僕達は一気に変わることを望んでしまいがちですが、

小さなことを積み重ねることでしか人生は変えられません。

 

これが自分を肯定し続けることが、

変わる原動力になるという理由です。

これなら今すぐにでもできると思いませんか?

 

 

「千里の道も一歩から」あなたは自由になれる

人生変えたいと本気で望んでも社会人が行動できない心理

本日のまとめ:

  • 本気で行動すると誰もが味わうことがある
  • なぜ、変えたいのに変えられないのか?
  • 居心地の悪さを感じることにチャンスがある
  • 自分を肯定し続けることが変わる原動力

 

僕が今、好きなことで独立できたのは、

自分を褒めることの意外なほどの力に気付いてからです。

 

毎日毎日ブログを書き続けて3年3か月になりますが、

誰も自分のことを認めるとか褒めてくれるわけではありません。

その中でも自分自身と向き合って淡々とやる必要がありました。

では、そんな孤独な中でどう自分を奮い立たせるればいいのか?

 

それが自分を褒めるということだったのです。

 

「よく頑張った!」

「ホント、すごいな!」

「できるじゃないか!」

 

このように自分のモチベーションを保ちながら、

これまでずっとやってきました。

このような1人の仕事でも効果のある方法です。

だとしたらあなたにも十分に効果があるのではないでしょうか。

 

社会人になって自分を変えようと思っても、

周囲や自分自身の心の声に負けて前に進めない時、

その時の感情が本当は何を意味しているのか?

そして本当に人生変えたいと望んでいるのなら、

その時のコンフォートゾーンをどう抜け出せばいいのか?

 

そのために日頃から自分を褒めること。

最初は何の効果もないと感じられるかもしれません。

だけど意識して変えなければ変わることはできない。

何の効果も感じないと思って行動を止めてしまうことそのものが、

コンフォートゾーンに甘んじてしまっていることになるのです。

そんな自分に負けないために、ぜひ意識していきましょう。

 

人生を変えられることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ