大手キャリアから楽天モバイルに乗り換えたら月3000円に

スポンサーリンク

大手キャリアから楽天モバイルに乗り換えたら月3000円に

 

大手3キャリアを使っていると、

スマホ代に1万以上払ってませんか?

僕もずっと高い月額使用料を払ってました。

 

ですが今回思い切って格安SIMに乗り換え、

生活がグッと楽にすることが出来ました。

 

大手キャリアから楽天モバイルに乗り換えたら月3000円に

大手キャリアから楽天モバイルに乗り換えたら月3000円に

 

使用料1万から3000円になったことで、

毎月7000円も固定費が削減出来ました。

年間で84000円なので結構大きいです。

 

格安SIMは知ってるけど、でもなぁ・・・

 

僕は数年ほどドコモを使っていたので、

契約元を変えるのは何だか名残惜しくて、

気持ちとしては複雑な心境ではありました。

 

やっぱり何かを変えることって、

心に何らかの負担を感じてしまうんですね。

けどここで勘違いしてはいけないのは、

 

数字と感情を混同しないこと

 

ここは必要なことと割り切って、

ドコモの契約を解除しようと決めました。

そもそも契約元が変わるというだけの話で、

それで毎月のスマホ代を激減出来る訳です。

 

このまま損して生活が圧迫し続けけるのと、

月7000円も浮いて楽になるのと比べると、

額安SIMに乗り換えた方が賢い選択になります。

 

感情を入れてしまうと名残惜しくなりますが、

数値で冷静に考えるとただの損なだけなので、

気持ちを割り切って行動することにしました。

 

楽天モバイルと契約した理由

 

次にどこのSIM会社にしたらいいのか?

全く知識が無くて分からなかったんですが、

一番利用者が多い楽天モバイルにしました。

順位 SIM会社 シェア率
1位 楽天モバイル 25.3%
2位 mineo(マイネオ) 11.7%
3位 UQモバイル 11.1%
4位 OCNモバイルONE 7.2%
5位 IIJmio(アイアイジェイミオ 6.9%
6位 BIGLOBEモバイル 6.2%
7位 LINEモバイル 6.0%
8位 イオンモバイル 4.6%

引用:2019年9月格安SIMサービスの利用動向調査

 

楽天モバイルが圧倒的に利用者数が多く、

選んでおいてまず失敗はないと思いました。

表の通り圧倒的なシェアを占めています。

 

乗り換える前に9つほど不安があった

 

とは言ってもいざ乗り換えるとなると、

様々な疑問が浮かんできたんですね。

それは以下のようなものです。

  1. 通信速度が遅くなるかもしれない
  2. 違約金を払わなければいけない
  3. スマホの残債がまだ残っている
  4. 今のスマホを使うことが出来るのか?
  5. もし今後通話をする機会が増えたら?
  6. もし通信料が足りなくなったら?
  7. LINEで使えなくなる機能がある
  8. スマホが壊れたらどうすればいい?
  9. アフターケアは大丈夫だろうか?

なのでこれらの不安を乗り換える前に、

自分の中でじっくり考えてみました。

 

1、通信速度が遅くなるかもしれない

格安SIMにすれば確かに遅くはなるんだが、

それは以下のような場面に多いみたいです。

  • 人混みなど電波が多く飛び交う場所
  • 昼、夕方、夜など使用率が高い時間

 

この問題は体感として差は感じないらしく、

実際に乗り換えてみて僕も感じなかったです。

 

楽天モバイルには通信速度の切り替えができ、

速度をOFFにすれば確かに遅いと感じました。

ただそれはコントロール出来ることなので、

通信速度に関しては問題ではなかったです。

 

2、違約金を払わなければいけない

僕はずっとandroidを使っていて、

iPhoneにしたくてドコモと契約しました。

3年近く経つ中途半端な期間でもあったので、

違約金として1万くらい取られました。

 

ただそれで月7000円も浮くんなら、

違約金を払ってでも乗り換えた方が断然得で、

ここは特に問題ではないなと思いました。

 

3、スマホの残債がまだ残っている

androidでもiPhoneでも、

スマホ本体って結構高いですよね。

僕も分割払いで払っていたんですが、

この機会に残一括返済をしました。

 

後格安SIMは一括返済をしないと、

乗り換えれない訳じゃないみたいです。

 

4、今のスマホを使うことが出来るのか?

格安SIMに乗り換える人の多くは、

手持ちのスマホで乗り換えると思います。

当然、僕もそんな感じで考えてました。

 

これは格安SIM会社のHPで調べ、

対応しているかを確認する必要があります。

よっぽど古い端末とか特殊な端末じゃない限り、

どの端末も乗り換えられるかと思います。

HPで確認はした方がいいですね。

 

それからここも大切なんですが、

楽天モバイルはドコモとauに対応していて、

ソフトバンクはSIMロック解除が必要です。

僕はドコモなので解除は不要でした。

 

5、もし今後通話をする機会が増えたら?

今はほとんど通話をすることがないけど、

今後通話をする機会が増えてしまったら?

スマホ代が高くなるのではと思いましたが、

長電話をするのって家族か友達くらいで、

それならLINE通話で問題ないと思いました。

 

それ以外で通話をする場面と言えば、

店の予約とか公共施設への問い合わせとか、

そこらへんが考えられると思いましたが、

滅多にないので問題ないと思いました。

 

それにどうしても気になるなら、

最初の10分無料とかのオプションがあって、

そういったものを付ければ対処出来るので、

そこまで困ることはないと思いました。

大手キャリアから楽天モバイルに乗り換えたら月3000円に

 

6、もし通信料が足りなくなったら?

僕はドコモの時は20GBプランにしていて、

通信料を気にせず使い続けてきました。

けど格安SIMは安さも魅力のひとつなので、

今回は10GBプランを選びました。

 

そうなると使用量オーバーが気になります。

ただもしオーバーしてしまった場合は、

以下のようにチャージが出来るみたいです。

1GB 980円(税別)
500MB 550円(税別)
100MB 300円(税別)

このように楽天モバイルは追加が出来ます。

ただ追加すれば当然ですが料金が発生するので、

使用料オーバーにならないよう注意したいです。

 

7、LINEで使えなくなる機能がある

これはID検索が使えなくなることです。

ID検索とは友達を追加する機能のことで、

特に無くて困るということはありません。

 

そもそもQRコードで追加が出来ますし、

僕は友達追加はいつもQRコードでした。

 

8、スマホが壊れたらどうすればいい?

大手キャリアの場合は紛失とか盗難とか、

後は壊れた時の補償サービスがあります。

勿論その分月額数百円ほど払いますが、

楽天モバイルにも破損や水没した時など、

保障してくれるオプションはあります。

 

ただ僕個人としてはもし壊れてしまえば、

たちまち安い端末を買ってしばらく使い、

お金が貯まったら新しいiPhoneを購入すれば、

それで対処すればいいかなって思いました。

 

9、アフターケアは大丈夫だろうか?

例えば大手キャリアなら店舗があるので、

店頭でのサービスを受けることが出来ます。

それに対して格安SIM会社は店舗が少なく、

だからこそ安いというメリットがあります。

 

ただ通話やメールでのサポートがありますし、

楽天モバイルも大手キャリアほどじゃないけど、

全国に店舗があるのでそこまで問題だろうか?

と言えば特に問題じゃないと思いました。

 

楽天モバイルに申し込んでみた

 

以上のことから9つの不安に対しては、

問題無いと思ったので申し込んでみました。

流れはシンプルで楽天モバイルのHPで、

まず「申し込み」のところをタップし、

  1. プラン選択
  2. オプション選択
  3. 契約者情報入力
  4. 支払い情報入力

 

これで完了です。

後は自宅にSIMが届くのを待つだけです。

 

まずはMNP予約番号を取得することから

番号をそのままでSIM乗り換えをするなら、

MNP予約番号を取得しなければいけません。

とは言っても自宅で簡単に取得出来ます。

因みに方法は以下のように3つあって、

  1. 店頭で予約番号を取得する
  2. ホームページ上で番号を取得する
  3. 電話を掛けて番号を取得する

 

この中から選びます。

一番手っ取り早いのは電話を掛けることです。

今回僕も電話でMNP予約番号を取得しました。

大手キャリアの番号は以下の通りです。

ドコモ 151 9:00~20:00
au 0077-75470 9:00~20:00
ソフトバンク 0800-100-5533 9:00~20:00

店頭や電話だと引き止められたり、

面倒なことを言われるとか聞きますが、

実際に僕が電話した時は全く無かったです。

スポンサーリンク

 

なのでネット上の記事のほとんどは、

自分が実際に試して書いてる訳じゃないので、

実体験ではないので当てにならないな・・・

というのを改めて感じました。

 

これでMNP予約番号を取得が出来て、

その後に申し込みという流れになります。

 

申し込みをする前の4つの注意点

 

実際に申し込みをする時に、

ここは注意しておいた方がいいな・・・

というポイントがあったので紹介します。

それは以下の4つになります。

  1. 自分のスマホが対応機種なのか?
  2. MNP予約番号の有効期限は10日以内
  3. SIMカードの規格を確認
  4. ご自宅MNPの項目をチェック

 

注意と言っても致命的なことではなく、

意識しておいた方がいいくらいなものです。

それぞれを順番に説明していきます。

 

1、自分のスマホが対応機種なのか?

端末によっては対応しないものもあります。

とは言ってもよほど古いとか特殊な端末で、

ほとんどの人は問題ないかと思います。

 

それでも確認をしておくことをお薦めします。

万が一を考えて必ず確認はしておきましょう。

楽天モバイルのHPで確認することが出来ます。

 

後はソフトバンクの場合はSIMロック解除です。

解除する方法は2つあって、

  1. ソフトバンクショップで店頭手続き
  2. My SoftBankのオンライン手続き

 

店頭だと手数料3000円を取られてしまうので、

安く済ませるならオンラインがお勧めです。

 

2、MNP予約番号の有効期限は10日以内

MNP予約番号には有効期限があります。

ドコモの場合は当日を含めて15日間です。

ただ15日までに乗り換えるのではなくて、

10日以上期限が残っていないといけません。

 

有効期限が足りなくなってしまったら、

再度電話を掛けて再発行すれば大丈夫ですが、

面倒なので1回で済ませるようにしましょう。

 

3、SIMカードの規格を確認

SIMカードにもサイズがあります。

今使っている端末がどのサイズなのか?

予め調べておかないとせっかく届いたのに、

使えないという悲惨なことになります。

 

また再発行することになりますが、

その際に手数料が3000円掛かるので、

HPでしっかりと確認して申し込みましょう。

 

4、ご自宅MNPの項目をチェック

ご自宅MNPとは何かと言うと、

格安SIMに乗り換えるのは契約元を変えるので、

手続きで使えない期間が2~3日ありました。

 

けどご自宅MNPがあることで、

SIMカードが届いてから手続きをするので、

その日のうちに手続きが完了する訳です。

 

デフォルトでは既にチェックが入ってるので、

外して申し込みをしないよう注意しましょう。

 

早速自宅にSIMカードが届いた

 

申し込みから2~3日経った頃に、

楽天モバイルからSIMカードが届きました。

こんな感じの白い封筒で届きます。

大手キャリアから楽天モバイルに乗り換えたら月3000円に

 

中身を開けてみるとこんな感じ。

大手キャリアから楽天モバイルに乗り換えたら月3000円に

 

左側にSIMカードが入っています。

大手キャリアから楽天モバイルに乗り換えたら月3000円に

 

このSIMカードを取り出してからは、

以下のような流れになります。

  1. 開通手続きの電話をする(自動音声)
  2. SIMカードを差し替える
  3. ネット接続の為にAPN設定をする

こんな感じで簡単に出来ます。

説明書にも書いてあるので大丈夫です。

やることがシンプルで簡単に出来ました。

 

ちょっとしたトラブルが発生した

ただここでちょっと問題が起こりました。

それはなかなか開通しなかったことです。

 

楽天モバイルは20:39分までなら、

当日中に開通出来るとのことでした。

僕が手続きをしたのはそれ以降の時間で、

翌日には開通されるはずだったのです。

 

ところが昼12時を過ぎても県外のまま。

気になってサポートに問い合わせました。

大手キャリアから楽天モバイルに乗り換えたら月3000円に

 

するとこのような返事が来ました。

大手キャリアから楽天モバイルに乗り換えたら月3000円に

 

しっかりと返答してもらえたことで、

安心出来たので待つことにしました。

それにサポートの対応が丁寧でした。

大手キャリアから楽天モバイルに乗り換えたら月3000円に

 

ところが19時を過ぎても開通せず、

不安になってまた問い合わせてみました。

大手キャリアから楽天モバイルに乗り換えたら月3000円に

 

しばらくやりとりをしましたが、

親切な対応で無事開通出来ました。

 

サポートはチャット形式で出来るので、

リアルタイムで相談して問題解決出来ます。

このシステムは非常に有難かったですね。

 

僕はパソコンでやりとりしましたが、

スマホでも前のSIMカードに差し戻して、

そこからやりとりも出来るかと思います。

それに家にWi-Fiがあれば問題ないですし。

 

何が原因だったかを考えてみた

今回の件を受けて何が問題だったか?

自分自身の行動を振り返ってみました。

 

まずご自宅MNPとは何かと言うと、

電話やネットが出来ない期間がないことです。

なので大手キャリアが圏外になったのを確認して、

格安SIMに差し替えれば問題なかった訳です。

 

僕は先にSIMカードを差し替えてしまい、

丸一日圏外の状態で過ごしてしまいました。

それが原因で余計に不安になっていました。

 

根本的な解決という訳ではありませんが、

何時に開通するかまでは分からないので、

そこは上手く対処出来てなかったですね。

とは言え無事開通出来たので良かったです。

 

専用アプリが分かりやすくて便利だった

 

後は説明書に載ってあるQRコードを読み取り、

専用アプリをダウンロードしたら終了です。

大手キャリアから楽天モバイルに乗り換えたら月3000円に

 

こんな感じで非常に見やすいです。

今月トータルで何GB使っているかとか、

1日単位で何GB使ったかも分かるので、

通信料の管理がしやすいのが特徴です。

 

大手キャリアは小難しかったです。

パスワードを3回間違えるとロックされて、

その度に連絡をして解除しないといけないし、

いちいち毎回入力しないといけないしで、

面倒で最後は確認すらしませんでした。

 

楽天モバイルは専用アプリ上で、

高速データ通信のONとOFFの切り替えや、

プランの変更も簡単に行えます。

 

嫌な仕事を抜け出す為に出来ることをやる

 

ここまで色々と説明してきましたが、

結局今好きでもない仕事を我慢してやってきて、

これからもそんな仕事続けたくないですよね。

 

そらなら具体的な行動は必須なんですね。

 

お金を稼ぐことって時間の掛かることですし、

上手くいくかの保証もなかったりする訳ですが、

固定費の削減は今すぐ出来ることです。

 

それに変動費の節約のように努力が必要なく、

毎月確実に結果を得続けることが出来る訳です。

今の自分に出来ることを淡々をやらなければ、

 

いつまで経っても現状は変わらないのです。

 

固定費を一つずつ削減していけば、

上手くいけば月3万4万の削減が出来ます。

僕自身4万くらい固定費を削減出来ました。

 

それだけで仕事への精神的負担は軽くなるし、

お金と心の余裕が出来てから副業に挑戦すれば、

余裕がある分良い結果も出やすくなるものです。

 

明るい未来に繋げていく為に、

自分で出来る一歩を踏み出してみませんか?

ということで今回はここまでにしたいと思います。

 

↓↓↓こちらから楽天モバイルのHPへ行けます。


スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ