ゲーム実況を始めました!経緯ややり方について語ります

スポンサーリンク

ゲーム実況を始めました!経緯ややり方について語ります

 

このブログを読んで頂いてる方の中には、

副業で収入を得て稼ぎたい人も多いです。

なので稼ぐ情報も少しばかり書いてます。

 

今回は僕自身新たな試みとして始めた、

ゲーム実況についての話をしていきます。

 

副業に挑戦してる人やしたいと思う人へ、

参考になる部分も多々ある内容となってます。

ぜひ最後までお読み頂ければと思います。

 

チャンネルはこんな感じです!

 

取り合えず機材を揃えてスタートしました。

とにかく行動しながら考えるスタイルです。

ゲーム実況チャンネル

 

チャンネル名はまだ決まってません。

ワクワク感と不安感の両方が混在してますが、

どんどん失敗しながら進もうと思います。

 

なぜゲーム実況チャンネルなのか

ゲーム実況を始めました!経緯ややり方について語ります

 

僕は元々もゲームが好きで、

前からゲーム実況がしたいと思ってました。

以前から興味があったわけです。

 

けど世間で言われているゲーム実況の市場は、

もう飽和状態で新規参入は無理と言われてます。

パイの取り合いで大手実況者にほとんど奪われ、

このジャンルでは無理だと言われてるわけです。

けど僕は天邪鬼な性格なので、

 

世間一般の常識は果たして正しいのか

 

やってみたいと思ってたことだし、

他人の情報を鵜呑みにして諦めるなんて、

何か勿体無いなって思ったからなんです。

 

勿論どうするかの戦略もある

 

僕は数年前からゲーム実況に興味があり、

やってみたいなって思っていたわけですが、

何もただやりたいってわけではありません。

具体的には以下のようなことを考えていて、

ある程度煮詰まった段階でスタートしてます。

  • 集客経路はどうするか
  • どんな人を集めていくのか
  • どんな価値を与えたいのか
  • 配信スタイルはどうなのか
  • 誰をモデリングしていくのか
  • 1ヶ月間の具体的なプラン
  • 半年間の具体的なプラン
  • 1年間の具体的なプラン
  • 1日の中のスケジュール管理
  • 配信が辛くなった時の対処

 

ざっとこんな感じです。

事前に考えられることは考えておくことで、

ある程度状況を想定しながら進められます。

中には動画内で語ってるものもあります。

ゲーム実況チャンネル

 

またゲーム実況を始めるにあたって、

なぜ今更ゲーム実況なのかにも理由があって、

それは以下のような内容になります。

  • 何より継続がしやすい
  • アフィリの経験が活かせる
  • 元々YouTubeの経験がある
  • 登録者数万なら可能性がある

 

このブログを書いてる段階で、

ゲーム実況はスタートしているわけですが、

ブログと比較して遥かに継続はしやすくて、

アフィリやYouTubeの経験が活きています。

 

登録者に関しては1年後にちょっとずつ増え、

3年後以降に5万達成できればと考えてます。

桃や栗の木のように育つまで時間が掛かるので、

最初は閑古鳥が鳴く日々が続くと覚悟してます。

 

正直言うと不安で仕方ない

 

うまくいくかなんて分かりません。

色々と考えてその上でのスタートですが、

 

「無駄だったらどうしよう」

「失敗するんじゃないか・・・」

「失敗したら次はどうする?」

 

いろんな不安が頭の中をよぎります。

それにYouTubeって過去に3度失敗しており、

今回が4度目の挑戦になるんですよね。

 

けどそんなこと考えても仕方がなくて、

前に進み続けるしか道は開かないわけで、

それに何よりも大事な考えがあって、

それは何かと言うと、

 

たとえ失敗でも次に必ず繋がる

 

ということなんですね。

いつまでも立ち止まって考えてままでは、

いつまでも状況は変わらないままですが、

失敗でも行動すれば状況は変わります。

 

「これがダメなら次はこれ!」

 

みたいな感じでどんどん進んでいけば、

自分の抱く理想の現実も近付いてきます。

少なくともここは強く信じています。

 

新たな決意に至った経緯について

ゲーム実況を始めました!経緯ややり方について語ります

 

僕がゲーム実況をしたかった理由は、

ゲームが好きでその道で収入を得たいからです。

 

けどなぜ今このタイミングなのか?

ということについても話したいと思います。

理由は今ある収入の柱が崩れたからなんです。

以下の記事にも書いているんですが、

スポンサーリンク

関連記事

 

SEO集客メインのブログ運営をしていて、

ある日突然Googleアルゴで弾かれたからです。

収入が一気に激減してしまいました。

 

資金がないとできないゲーム実況

 

けどゲーム実況って資金が必要です。

なぜなら機材を揃えないといけないからです。

具体的にどんな機材が必要かと言うと、

  • ゲーミングPC
  • ゲーミングモニター
  • キャプチャーボード
  • ゲーム機
  • マイク

 

最低限これだけは必要になります。

最も高額になるのはゲーミングPCなんですが、

ものによっては50万以上もするんです。

 

僕も今の経済事情では到底無理でしたが、

けど自分の住んでる街のHPを閲覧していたら、

補助金の案内が載っていたので申請しました。

全額ではないけどかなりの割合で申請が通り、

晴れてゲーム実況をスタートさせました。

 

経済基盤の立て直し戦略

 

僕がゲーム実況をやるのは、

経済基盤立て直しが大きな目的です。

稼がないと生きてはいけないからですね。

因みに立て直し戦略はいくらかあって、

  • ブログ立て直しの施策
  • 物販事業(せどり)の参入
  • ゲーム実況として再スタート

 

この3つを考えて行動しています。

YouTubeは4度目の挑戦になりますね。

物販はAmazonや中国輸入は経験上ダメですが、

古着転売とメルカリとかで売るならアリです。

 

即金性が非常に高くて取り掛かりやすく、

作業も単純なので副業初心者向きです。

これは今現在僕がやってるのでお勧めです。

詳しくはまた追々書きたいと思います。

 

機材や具体的なやり方について

ゲーム実況を始めました!経緯ややり方について語ります

 

僕はゲーム実況をやるのは初挑戦なので、

それに伴って機材を揃える必要がありました。

具体的には以下のようになります。

機種名 価格
ゲーミングPC GALLERIA XA7C-R70S 239030円
ゲーミングモニター MSI Optix G241 ×2台 52800円
キャプチャーボード elgato 4K60 Pro MK.2 32868円
ゲーム機本体 プレイステーション4 46500円

 

合計すると371198円と高額ですが、

本格的にやるならこれくらいは必要です。

当然ながら僕も本気で取り組んでいくので、

わざわざ市に補助金の申請までしました。

 

ゲーム実況のやり方についても、

ただゲームしながら喋るだけじゃありません。

何の戦略もなしに戦っても負けるだけです。

具体的な内容はチャンネルで語ってます。

ゲーム実況チャンネル

 

ある程度ではありますが、

集客における考え方の核を話してます。

特にYouTubeでは再生数や登録者数など、

目に見える表面的な部分が注目を集めます。

 

けどYouTubeってファンビジネスです。

再生数や登録者が多くてもファンがいなければ、

一過性のものとなって一瞬にして終わりです。

 

なのでたとえ小さくとも、

濃いファンを少しずつ集めていくことです。

理想としては9:1か8:2の割合です。

 

そうなると一気に爆発的に集めるというのは、

実のところ愚作であり御法度となるんですね。

無理にやると炎上とかモチベの低下に繋がり、

これも結局は挫折の道へと向かうわけです。

 

残りの人生をもっと好きなことへ

ゲーム実況を始めました!経緯ややり方について語ります

 

正直僕もある程度の年齢になりました。

とは言ってもまだまだ働き盛りの年ですが、

けど若い頃のようにガツガツしたくありません。

年相応の賢い戦略と生き方をしたいものです。

 

事業をするにもただ稼ぐというよりは、

如何に自分の性格と合致したものを選ぶか。

僕はよりもっと好きなことをテーマに掲げて、

今後の人生を歩んでいきたいと思ってます。

 

悔いが残らない人生を生きる為に

ゲーム実況を始めました!経緯ややり方について語ります

 

誰もが思うことのひとつに、

悔いが残らない生き方があると思います。

ではその為にどうすればいいかと言うと、

 

できるだけ行動に移していくこと

 

ことことだと僕自身の経験からも感じます。

やってみたいって思うことは心に残せば、

いつまでも残り続けていくように感じます。

ということはいつまでも足踏みをしたまま、

前に進んでいかないのではと思うわけです。

 

そこはどのくらいリスクを背負うかとか、

色々とバランスを考える必要もあるでしょう。

けど悔いだけは残さないように生きたいです。

 

ということで今回はここまでにします。

最後までお読み頂き有難う御座います。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ