正月明けからの仕事に無理にやる気を出すよりも大切なこと

正月明け 仕事 やる気

 

正月はしっかりと休みを取ったのに、

なぜか身体が怠い、気が重い、やる気が出ない・・・

このような症状が出ることを「正月病」と呼ぶそうです。

正月明けからの仕事って本当に面倒ですよね。

 

けど、なぜやる気が出なくなるのでしょう。

 

正月病なんてものは根性で乗り切れだとか、

仕事へのやる気を出す方法なんかを試したとしても、

きっとそれだけでは心から満足なんてできないものです。

 

「もっと根本的な解決したい!」

 

あなたもこのように思ってませんか?

毎年のように嫌な思いをしたくはないですよね。

今回は正月明けからの仕事に対する感情を通して、

あなたの生き方の見出し方をお伝えしたいと思います。

 

前回は、憂鬱に感じる感情との向き合い方と、

好きなことを仕事にしてる人の違いをお伝えしました。

年明けからの仕事が憂鬱で辞めたいと悩んでるあなたへ

スポンサーリンク

「正月病」とはどんな病気?

 

連休明けは仕事に行きたくない人がホントに多いです。

そして正月明けからの仕事が一番感情を揺さぶられやすいです。

というのも年越しに正月、それに親戚や友人達と集まりなど、

仕事を忘れて思いっきり非日常の楽しさを味わうからです。

では、そんな正月病の主な原因は何なのかと言うと、

 

  1. 食生活の乱れ
  2. 生活リズムの乱れ
  3. 睡眠時間の乱れ

 

以上の3つの乱れによって、

普段のリズムから崩れてしまうのが原因です。

確かに年末年始はこれまでの仕事の日々とは異なり、

仕事を忘れて非日常的な楽しい時間を過ごせます。

 

さらに好きでもない仕事をやっていれば、

仕事をしている時間はストレスを感じることが多いはずです。

もし、ネガティブな感情を味わう割合が多いようなら、

余計に正月明けからの仕事が憂鬱になってしまいます。

 

けど冒頭でも言いましたが、

正月病で片付けられるほど簡単なものじゃない・・・

やる気が出ないのは年末年始の楽しい日々から、

仕事に変わることへのギャップだけでしょうか。

 

それだけなら普通に乗り越えられるものです。

けど、あなたはもっと深刻に悩んでいませんか?

正月明けから仕事を行くか行かないかくらいに、

本気で辞めることを考えていないでしょうか。

 

 

そもそもやる気が出ない状態とは?

 

なぜ人はやる気がなくなるのでしょう。

自信がないとか思い通りにいかないからでしょうか。

確かにそれも一理あると思います。

 

僕達は上手く結果が出せない時、

やる気を失って行動もしなくなっていきます。

それどころか結果を出せない自分を責めてしまいます。

よく自分に腹が立つなんて言ったりする人がいます。

 

やる気が出ない根源は、自分を責めることです。

 

言い換えると自分を裁いてしまうことです。

自分を裁いてしまうと自分を否定することになり、

その次からやる気を出そうにも出なくなります。

それに新しいことへの挑戦も億劫になります。

 

また仕事へのやる気がなくなった~にも書きましたが、

僕達は会社や他人に期待したり認めてほしい欲求があります。

けど他人に期待するのをやめて自分を褒めることが大切です。

 

正月明けからの仕事にやる気が出ない時、

あなたは今の自分を否定しているところがないでしょうか。

今の自分は本当の自分じゃないと否定していませんか?

なんでこんなに辛いのかと自分を責めていないでしょうか。

 

これは自分を責めてるからいけないんじゃありません。

どうしても人間の心理としてなってしまうものなのです。

このことが分かってないと感情に振り回されてしまいます。

心のメカニズムを知らないと冷静に状況を見れないのです。

 

やる気が出ない状態とは自分を責めるからです。

それを何度も繰り返してしまうと自己評価が下がり、

パフォーマンスが発揮できないようやる気が下がります。

やる気の低下とは一種の自己防衛なところもあるのです。

 

 

やる気の出ない気持ちから自分を知る方法

 

やる気が出ない状態とは、

自分を責めている状態のことです。

そして好きでもない仕事をやっていれば、

今の自分を認めることが余計にできなくなります。

今の自分をそれでいいなんて思えないのです。

 

「このままじゃダメだ・・・」

「何とか今の状況を変えないと・・・」

「こんな日々をずっと送りたくない・・・」

 

このような思いが頭の中に常にあります。

決して今の自分を認められる状態じゃありません。

僕達は辛い時や苦しい時を認めるのは難しいのです。

 

正月明けからの仕事に全くやる気が出ない・・・

それどころか辞めたいと本気で悩んでいる・・・

このような状態は本来の自分を生きていないので、

潜在意識がやる気の低下というメッセージを送るのです。

 

「このままだともっと酷い状態になるよ?」

 

潜在意識は伝えてきているのです。

それは気持ちなどの感覚を通して伝えてくるので、

それが何の意味なのかを知るのが難しかったりします。

つまり今感じている感情の意味を知ろうとすることです。

 

感情に振り回されてる人は意味を知ろうとしないからです。

なのでネガティブな感情を腫れ物のように扱うのです。

本来は自分を知るための大切な手掛かりでもあります。

だから人生は感情がカギとも言われているのです。

 

 

それでもやる!それでも行く!と決められますか?

本日のまとめ:

  • 「正月病」とはどんな病気?
  • そもそもやる気が出ない状態とは?
  • やる気の出ない気持ちから自分を知る方法

 

あなたの本当にやりたいことは何でしょうか。

本当はどんな生き方がしたいのでしょうか。

誰だって本当のどうなりたいかを知っています。

ただ実現困難だから他の方法を考えてしまい、

それでも見つからないからないと言ってるだけ。

 

  • 才能がないからできない
  • お金がないからできない
  • 人脈がないからできない
  • 能力がないからできない
  • いい年になってるからできない
  • 損をするかもしれないから
  • 怒られるかもしれないから
  • 嫌われるかもしれないから
  • 迷惑が掛かるかもしれないから

 

それでもやると決めること。

それでも行くと決めること。

本当に好きなら関係なくやりたいはず。

そしてそれでもやると自分が決めるから、

 

  • 才能が開花する
  • お金も入ってくる
  • 人脈も自然とできてくる
  • 能力も開花する
  • いい年でも輝ける
  • 損をしても得をする
  • 怒られても関係ない
  • 嫌われるかも関係ない
  • 迷惑が掛かかっても関係ない

 

何もかも手に入るのです。

実は逆なのです。

ないのではなく決めるから手に入るのです。

後はあなたがそれをやると決めるかです。

 

正月明けからの仕事にやる気が出ないのは、

普段の連休明けからずっとではありませんか?

そんな場所で無理にやる気を出そうと考えるより、

あなたの人生でもっと大切にすべきことはなんでしょうか。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ