【EURUSD】4月10日のFXトレード

スポンサーリンク

 

昨日は久しぶりにビールを飲みました。

毎日、何時間トレードに時間を当ててるのか?

時間を計ってないので分からないのですが、

多分、1日で7~8時間くらいややってると思います。

 

特に2月から自分の中に何らかの変化が起こり、

もっとしっかりやれば大きく成長すると感じて、

3月からかなりトレードに集中するようになりました。

 

ところが、想定通りに値が動かないことが多く、

エントリータイミングと思っても過去の失敗経験から、

躊躇して結局何もできずに静観し続けてばかりだったり、

静観してると想定外な動きをして自分の分析が外れたり、

 

「これじゃあ、何もできんじゃないか!」

「俺、ホンマにこの先大丈夫なんじゃろうか!?」

「もう、どうすりゃいいか分からんよ!」

 

酒のせいで抑えていた感情が溢れ出し、

思わず部屋で一人、泣き言を吐いてしまいました。

かっこ悪いですが、かっこがどうとかどうでもよく、

効率よく成長する為に決めたことをやるだけです。

 

幸い大きな失敗はしなくなり、

分かっていた撤退や負けトレードをしてるので、

数ヵ月前の自分とは比べ物にならないほど、

メンタルの管理はできている実感はあります。

 

【EURUSD】4月10日のFXトレード

今回は、ユーロドル(EURUSD)のトレードです。

エントリーをした時間足は1時間で微損撤退です。

 

【EURUSD】週足の解説

 

週足では、安値の切り下げラインからチャネルを引き、

チャネル間での推移を見ています。

 

その中間に動画では高値の切り下げラインと言ってますが、

高値と安値が切り下がっているので下降トレンドラインです。

このラインをブレイクしてリターンの水準にあります。

 

チャネル間で見れば下落目線ですが、

丁度、トレンドラインに接している状態です。

なので下落の勢いが緩くなってるのを確認できます。

 

そこから上昇へと転換するか、あるいはブレイクして下落か、

動いた方に合わせてトレードしていく考えです。

 

【EURUSD】日足の解説

 

日足では、下降トレンドからチャネルを引いてます。

スポンサーリンク

黄色はミドルスパンでの下降トレンドを引いてましたが、

実体で抜けたのでラインを更新して引き直しています。

オレンジは安値の切り下げで下げ止まりを見ています。

 

全体観としては下落目線です。

しかし、視点を絞って見ていくとオレンジと黄色の、

三角持ち合いの中にあり、その中では上昇のイメージです。

一旦黄色のラインの上辺に達してそこからブレイクするか、

転換して下落するかというイメージを持っていました。

 

ただ週足での強いサポートがあるので、

上昇の方が優位性が高いんじゃないかと思っています。

 

【EURUSD】4時間足の解説

 

4時間足では、決めてとなるラインが引けず、

強いて言えばという感覚でラインを引いてます。

 

それを踏まえて高値の切り上げラインからチャネルを取り、

一応チャネル間で動きという感じでみていました。

ただ、やはり意識が弱いのかチャネルをぶち抜けており、

なかなか判断に難しい方向感が掴めない感じでした。

 

ただ値動きのイメージに視点を切り替えると、

チャネルを始点を軸に対象関係を見ることができました。

そうなると右側のターンから上昇へと向かうと感じ、

目線としては上昇への優位性がやや強い感じがしました。

 

【EURUSD】1時間足の解説

 

1時間足では、週足、日足、4時間足で目線が揃ったので、

上昇というカタチでエントリーポイントを検討しました。

 

まず下降トレンドラインのブレイクを確認し、

高値と安値を切り上げた上昇トレンドも確認し、

点線のラストの戻り高値のブレイクを確認できました。

 

以上の3つの条件が揃ったところで、

押し目が付いたところでロングをしました。

 

今回のトレードの反省

 

結果としては、上昇かと見せかけて上げ止まり、

そこから乱高下するレンジへと転換していきました。

こうなるとどうなるか分からないので撤退を決断し、

今回のトレードはこれで手仕舞いとなりました。

 

反省点としては、4時間足に対する曖昧さです。

値動きのイメージとしてはしっかりできたけど、

それをフォローするラインが曖昧でした。

 

そして1時間足では押し目が弱かったことが、

上昇への勢いが作れずに上げどまったと思います。

更に上げどまったところは長期MAに阻まれており、

そして更に水平線でも丁度阻まれていた為に、

レジスタンスの意識の強さに負けたのだと思います。

 

ただ下には週足での強いサポートもあるので、

その結果、レンジ相場を形成したんだと思います。

 

今回は、撤退という結果となりましたが、

判断としては良かったんじゃないかと評価しています。

トレードで大切なのは勝つことより負けないことです。

今後もその意識を持ってトレードに臨んでいきます。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ