【USDCAD】9月4日のFXトレード

スポンサーリンク

【USDCAD】9月4日のFXトレード

 

負けトレードになってしまうと辛いです。

イライラする上に後に尾を引いてしまいます。

 

なので負け直後にノートに箇条書きで書き出したり、

後日このブログやYoutubeで振り返りをすることで、

負けトレードを単なる負けにせず次に繋げるように、

負けトレードを活かすようにしています。

 

【USDCAD】9月4日のFXトレード

 

今回はドルカナダ(USDCAD)30分足です。

結果としては負けトレードになりました。

 

【USDCAD】週足の解説

【USDCAD】9月4日のFXトレード

 

週足ではミドルスパンの上昇トレンドを下割れし、

トレンドの下辺に到達してから反発しています。

目線としてはまだ上目線という感じて見てました。

下の上昇トレンドを割ったら下目線になります。

 

【USDCAD】日足の解説

【USDCAD】9月4日のFXトレード

 

日足では下降トレンドとチャネルの中間で、

そこに中心のラインを引いてみました。

 

更に階層ラインも引いてブロックごとに見て、

ラインの推移がどっちに傾くかを見てました。

 

イメージとしては左のターンを見ていると、

同じように更に上昇していきそうに感じます。

ただ気になるのは少しレンジになっていることで、

正直どっちにいくかは分からないと感じてました。

 

ただイメージがあるのでやや上昇優勢だと思い、

目線としては上に向かっていくと思ってました。

 

※画面上では負けトレードの後のものなので、

大きく陰線を伸ばして下がってしまっています。

画面上では下目線優勢になってきてるところです。

 

【USDCAD】4時間足の解説

【USDCAD】9月4日のFXトレード

 

4時間足では2つのトレンドを引いてます。

こうしてみると黄色のミドルスパンでは、

角度が少し緩くなってるのが分かります。

 

更に青色のチャネルにタッチした高値から、

更新をせずにレンジになってるのが分かります。

スポンサーリンク

この時点で左のターンから右のターンが読めず、

イメージが作り辛い状態になっていました。

 

ただここでレンジを少しブレイクし、

その後に大きく陰線で下へと落ちていきました。

このままいくとラインの下辺に到達するので、

そこから更に細かい時間足で分析をしてみて、

いけそうならロングを打とうと思いました。

 

【USDCAD】30分足の解説

【USDCAD】9月4日のFXトレード

 

30分足では下降トレンドを引き、

チャネルに合わせてレジサポも引いてます。

こうして見ると丁度合致したポイントが出ました。

チャネルの下辺とレジサポの交わるところです。

 

更にMAの動きを見ていると大きく乖離しており、

このポイントで一旦上昇の反転をすると見てました。

が、そのままストレートに落ちてしまいました。

そしてロスカット位置まであっさり到達して、

今月最初のトレードは見事に負けてしまいました。

 

今回のトレードの反省

【USDCAD】9月4日のFXトレード

 

逆張りの手法が自分の中でしっくり来てからは、

突発的なエントリーはしたことがありませんでした。

けど今回は値動きにつられてついエントリーをして、

あえなく負けトレードという失態をしました。

完全に感情でトレードをしていたと思います。

 

それに大きく陰線を伸ばしていたので、

本来なら時間を掛けて前後しつつも動いていくもので、

それで逆張りを打つことでしっかり勝ててました。

それに上位足ではレンジの中に入っていたので、

それも敗因のひとつだったと思っています。

完全に見誤ったトレードをしてしまいました。

 

こうした負けトレードになる時はあっさりです。

時間にして1時間も掛からなかったと思います。

あっさりと分析を否定されたことがイラついて、

ノートに箇条書きしているときも感情が抑えられず、

ペンをグーで握ってグシャグシャにしてしまいました。

 

けどそれでは負けトレードを活かせないので、

冷静に戻った時に再びノートに書き起こしました。

分析内容でも精神状態でも何でもいいので書き起こし、

とにかく自分の中にあるものを出すようにしました。

 

人間は分からない状態が最も感情的になります。

なのでノートに書くことで原因が複数見えてきて、

それによって今現在は元の自分を取り戻せました。

そして今は動画やブログで更に振り返ってます。

 

トレードとは感情的になりやすいものです。

本来は50%の確率なのに不思議と負けるもので、

それに実際の資金が掛かるので余計に揺れます。

今までの苦労が全くの無駄に感じてしまうと、

余計にでも腹が立って仕方なくなります。

 

だからこそトレードでは感情の付き合い方が、

ビジネス以上に問われるものだと感じています。

ただマスターするとビジネスをするより楽です。

最も両方とも出来ることの方が理想ではあるので、

今はトレードで安定して勝てる状態を目指していき、

その後にビジネスをブラッシュアップしたいと思います。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ