【NZDJPY】4月5日のFXトレード

スポンサーリンク

【NZDJPY】4月5日のFXトレード

 

土日は相場が休みなので、

ひたすら過去チャートを見て検証をしました。

 

僕は19歳の頃から格闘技をやってまして、

空手、日本拳法、中国武術、総合格闘技など、

33歳になるまでの14年ほどやってました。

 

そして去年の11月に地元のコンビニに寄っていたら、

昔、一緒に空手をやっていたオーナーと偶然会い、

そこから話の流れで再開することになりました。

 

週1回ほど先生と3分8ラウンドのスパーリングと、

週1~2回の道場での自主練をやってます。

 

40代になっても動ける肉体を維持して、

人生を今よりもっと謳歌したいと頑張ってます。

そんな中でトレードも人生を楽しむ為に今を頑張り、

自分で望む現実を創っていきたいと思います。

 

【NZDJPY】4月5日のFXトレード日誌

 

今回はニュージードル(NZDJPY)のトレードです。

今回は負けトレードになってしまいました。

現時点での反省点など踏まえて解説しています。

 

【NZDJPY】4時間足の解説

 

まず4時間足ですが、高値の切り上げラインを引き、

裏の意識を取ってチャネルを引いてます。

真ん中の下辺を中心とした対象関係を見ています。

 

それから安値の切り上げラインを引いてます。

このラインは点対称としての見方をしています。

なので目線としては、下降すると見ています。

 

【NZDJPY】1時間足の解説

 

続いて1時間足では下降トレンドラインを引き、

安値の切り上げラインを引いてます。

 

画像では下に鼻水を垂らしたように伸びてますが、

エントリーする前はゾーンにギリギリの状態でした。

スポンサーリンク

 

一応ヒゲでタッチをしていると認識していたので、

ここから上に行く傾向が強いのかなと思いました。

 

トレンドラインの下に引いてる点線ですが、

上昇の波が止まっているところに合わせてます。

内側の意識が働いてるのかと想定して引いてます。

 

段々と三角持ち合いの際まで来てるので、

ここからの値動きは動きの激しいレンジになって、

ちょっとトレードがし辛いかと予想してました。

 

【NZDJPY】15分足の解説

 

15分足では、赤色の上昇トレンドラインを引き、

裏の意識でチャネルを引きました。

 

オレンジのラインは安値の切り下げラインです。

そこからチャネルを引いて利確目標値としました。

 

損切ポイントは、

上昇トレンドにタッチしたラインに合わせ、

逆指値を予め設定していました。

 

黄色は、ラストの戻り高値です。

ラインは引いてませんがミドルスパンの下降トレンドをブレイクし、

更に波の下辺から上昇トレンドラインが形成され、

その上でラストの戻り高値を抜いてきたのを確認して、

オレンジ色のラインでは3点タイプの逆行現象が見られたので、

画像の矢印のところでロングを打ちました。

 

ところが、サポートの意識が働くことなく、

そのままストレートに下まで落ちてしまいました。

そして逆指値まで達してロスカットとなりました。

 

今回のトレードの反省

【NZDJPY】4月5日のFXトレード

 

まず4時間足と1時間足の目線が揃ってなかったこと。

1時間足ではもう少し上げ落ちがあるのは分かってたけど、

下辺に達して上昇するだろうと思ってしまったことです。

 

それぞれの時間足が自分の頭の中で連動してなくて、

解釈が甘かったかなと思いました。

 

また15分足では、戻り高値はヒゲでしか抜けてなくて、

実態でしっかりと抜けていませんでした。

これを抜けたと判断したのが甘かったです。

 

また長期足では下降の意識が強かったので、

流れに逆らったエントリーをしてしまいました。

今回はストレートに負けてしまいました。

 

まるで自分の分析を無視されたかのような値動きに、

自分の分析を否定されたようで気分が滅入りました。

 

トレードはメンタル管理も非常に重要になるので、

負けトレードを通して自分の感情をしっかりと観察し、

負けている感情の動きを1つずつやつけていきたいと思います。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ