【CADUSD】8月9日のFXトレード

スポンサーリンク

【CADUSD】8月9日のFXトレード

 

久しぶりにトレード成績の報告です。

と言ってもトレードをやらなかった訳じゃなく、

ただ動画を撮っていなかっただけの話です。

 

特に今月に入ってからは分析の精度が上がり、

かなり多角的かつ繊細になったと実感してます。

どうすればいいか分からない中で手探りでも、

考えながらやってたことが身を結んできました。

 

【CADUSD】8月9日のFXトレード

 

今回はドルカナダ(CADUSD)4時間足です。

結果としては勝ちトレードとなりました。

 

【CADUSD】週足の解説

【CADUSD】8月9日のFXトレード

 

週足では上か下か目線が難しいところです。

イメージとしては上昇トレンドを割って、

緩やかに下落方向へと向かう感じではありますが、

一方で上昇トレンドにサポートされ上がるのか?

どっちとも考えられそうな状況だと思いました。

 

【CADUSD】日足の解説

【CADUSD】8月9日のFXトレード

 

日足ではイメージと階層ラインです。

イメージとしては2つの動きを想定しており、

小さくは赤のラインの示している平行対称です。

もうひとつは黄色のラインの平行対称です。

 

画像では分かり難いので白いラインを引いてますが、

この等間隔をひとつのブロックに見立てています。

つまりブロックの間で戦っているという感じです。

 

こうして見ているとブロックの上辺に達しており、

値動きが反転するイメージと合致してきました。

つまり反転するであろうポイントを割り出しました。

 

【CADUSD】4時間足の解説

【CADUSD】8月9日のFXトレード

 

4時間足ではチャネルとレジサポで、

それに値動きのイメージを合致させています。

 

チャネルとレジサポが綺麗に合致しています。

スポンサーリンク

イメージも交差対称と平行対称が綺麗に描けて、

その頂点であろうところがピンポイントでした。

なのでヒゲ一本出た際でショートを打ちました。

 

これは逆張りのカウンターを当てたトレードです。

僕はこのように反転するポイントを割り出し、

カウンターを当てることが得意になってきました。

 

順張りでフォローを入れていくより見やすく、

どの時間足でも見つけることができます。

 

【CADUSD】1時間足の解説

【CADUSD】8月9日のFXトレード

 

更に根拠を強める為に1時間足でも見ていて、

チャネルの上辺に上手く合わせられました。

ここから反転する根拠がかなりできたので、

ここでエントリーする躊躇いはありませんでした。

 

利確としては上昇トレンドの白丸のところです。

今回のトレードで90pipsほど取れました。

今回のトレードはかなり分析精度が上がっており、

それを最も実感できた内容だったと思います。

 

今回のトレードの反省

【CADUSD】8月9日のFXトレード

 

今回は会心の出来と言えるくらい、

過去最も分析が出来たと思っています。

 

今まで脳に汗を掻きながらやってきました。

袋小路になって途方に暮れたこともあれば、

いくら思考してもどうにもならない憤りから、

やけ酒をした日も1回や2回ではありません。

 

しかし、脳はそんな状況の中でも、

少しずつ神経を繋いでいく作業をやってました。

なので気付いた頃には分析の精度は上がってきて、

今までやってきたことが繋がってきたと思います。

 

また自分のトレードスキルが高まったことですが、

何も今回のトレード成績だけで判断してません。

 

他にも今週は勝ちトレードがありましたし、

同値撤退したトレードもありました。

 

今後の課題としては利確の仕方です。

これまではエントリーの立ち回り方でした。

その前はイメージとロジックの合致でした。

 

それらの課題をクリアして今度は利確です。

利確に関しては今まで勝ちが少なかったので、

値動きの独特の動きに合わせる必要があり、

今後それを実践の場で磨いていきます。

 

自分としてはやっとここまでこれた感じです。

ここまで来るのに長く時間が掛かりました。

2月からトントンの状態が続いてましたが、

7ヵ月目のこの8月でどう変化していくか、

今月のトレード成績を見ていきたいと思います。

 

因みに先月まで1000通貨でやってましたが、

今月から1万通貨に戻して取引きをしています。

 

来週の成績を見て3週目の取引量を増やします。

少しずつ大きくロットを張っていくようにして、

まずは月収100万を超えていきたいですし、

月収1000万以上にして年1憶を目指します。

最終的には年3~5憶を目指したいと思います。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ