【EURUSD】6月25日のFXトレード

スポンサーリンク

【EURUSD】6月25日のFXトレード

 

10年後20年後の先の未来を考えたら、

トレードスキルを学んでおいた方が得です。

 

僕は縁があってあるクローズドな環境で、

トレードスキルを学べる機会に恵まれました。

 

このスキルはFXだけに留まるものではなく、

株、仮想通貨、商品先物、株価指数など、

チャートが表示できるものなら何でも分析できます。

FXでスキルを磨いたら株をやっていくつもりです。

 

その後は投資家として長期投資も手掛けていき、

子供の頃から夢だった本物の投資家を目指します。

 

【EURUSD】6月25日のFXトレード

 

今回のトレードはユーロドル(EURUSD)4時間足です。

結果としては、まだポジション保有中です。

 

【EURUSD】週足の解説

【EURUSD】6月25日のFXトレード

 

週足ではシンプルに下落目線です。

イメージとしては赤線のような値動きを想定してます。

これは左側のターンに対しての右側のイメージです。

 

【EURUSD】日足の解説

【EURUSD】6月25日のFXトレード

 

日足では2つのトレンドとチャネルを合わせてます。

丁度3つの意識が重なるポイントに差し掛かっており、

レジスタンスの意識が強いので反転の想定をしています。

 

ここを抜けるには、強い意識を抜ける必要があるので、

確率的には値動きが反転する可能性が高いと見てます。

 

また反転した後の値動きのイメージとしては、

赤のラインで示している平行対称のイメージです。

 

【EURUSD】4時間足の解説

【EURUSD】6月25日のFXトレード

 

4時間足では2つの意識をぶつけてます。

それはレジサポラインとチャネルラインです。

この2つの意識が交わるポイントでショートしました。

 

今後のイメージとしては一旦上を試してから、

下降へと向かっていくというシナリオを描いてます。

ですが勿論これはシナリオの1つに過ぎません。

 

そのまま上昇してしまう可能性もありますし、

またはそのまま下降する可能性だってあります。

スポンサーリンク

 

ただ逆張りでエントリーをする時と言うのは、

2度目を試す動きをするケースが非常に多いです。

なので今回もその可能性はあるだろうと見ています。

 

今週のトレードの反省

【EURUSD】6月25日のFXトレード

 

先々週辺りからでしょうか。

相場の見方が少し変化してきたように感じます。

具体的には多角的な視点で見れるようになったことです。

 

例えば自分がロングを打ちたいとした場合、

買い勢力がどのポイントで強く意識するかは勿論ですが、

反対勢力の売りがどこで撤退をするかなどです。

 

つまり、両方の勢力が同じ方向を向くポイントを探す

 

これが優位性を見つける上で重要な考えになります。

そうでなければ買いと売りが拮抗することになるので、

値動きがどっちに行くかが分からないからです。

 

他には斜めと水平のラインに対する意識の偏りが整ったり、

値動きを平行対称と交差対称の両方でイメージしたり、

ロウソク足1本の動きに対して気になるようになったり、

それぞれの通貨ペアがどう影響し合っているかなどです。

 

それには過去検証を毎日3時間前後ほどずっとやってましたし、

それ以外を含めるとトータルで毎日7~8時間は研究に費やし、

トレードに対して自分のリソースのほとんどを当てています。

 

僕は元々はネットビジネスをやっていたのですが、

先のGoogleの個人を攻撃するようなアップデートのせいで、

5つのサイトの全てが謂れのないペナルティを受けました。

 

これはほとんどのブロガーやアフィリエイターが攻撃を受け、

有名どころではイケダハヤトすらもGoogleの被害を受けてます。

 

また被害を受けずに生き残っている人間の中で、

今を時めくといった感じのマナブログというのがありますが、

彼は投資の方へ主戦場を移していくという発言をしています。

 

つまり、ネットで何らかのビジネスをしている人間は、

Googleの動きを懸念して対策を考えているという訳です。

実際いつアップデートという名目のペナルティが訪れるか?

その被害を防ぐ手段は誰も持ち得てはいないのです。

それは大企業や公的機関であってもです。

 

そんなロシアンルーレットに付き合わされるのは御免です。

当然ながら2~3年前よりアクセスが集まり難くなってるので、

個人が努力して報われるという場ではなくなっています。

それまでは努力すれば蜘蛛の糸のような救いの場だったのに、

Googleはその糸を無残に切り落としてしまいました。

 

今はブロガー、アフィリエイター、マーケティング、

全てにおいてネットでのビジネスは逆風の時代なので、

3年掛かるくらいの覚悟でトレードを学んでいった方が、

10年後、20年後という意味でも絶対に優位性が高いです。

今の時代Googleの検索結果は信用できないものになってますが、

同時にGoogleを使ったビジネスも信用のないものとなってます。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ