【EURJPY】5月3日のFXトレード

スポンサーリンク

 

トレードで大切なことって、

トレード以外の時間に何をするか?

それが早期での結果に結び付いてると思います。

 

例えばチャートの過去検証、トレード日誌を付ける、

講義を開いて他人にスキルを伝えるのもそうです。

 

僕自身は過去検証を定期的にやっている他に、

このブログのように文章に書き起こしてみたり、

解説を録音してYoutubeにアップロードしたり、

負け要因をリスト化して統計を取ったりしてます。

 

そうすることで1回の経験を深く落とし込んだり、

気付きや閃きを得て相場力を磨きたいからです。

じゃあ、なんでそんなことをしてるのかと言うと、

 

一生もののスキルを身に着けて人生を楽しみたい!

 

という思いがあるからです。

トレードのスキルを身に着けた先の自分の人生が、

明るい未来しか描けないほど素晴らしく感じてるからです。

 

その為なら1年や2年はトレードだけに集中しても、

その後は余りある豊作に恵まれると思います。

 

【EURJPY】5月3日のFXトレード

 

今回はユーロ円(GBPJPY)の4時間足です。

結果としては勝ちトレードとなりました。

 

【EURJPY】週足の解説

 

週足では基本的に下落目線です。

トレンドのブレイクと下降トレンドの形成、

そして値動きのイメージも分かりやすいので、

今後の動きは下落していくと感じています。

 

勿論、上昇へて転じる可能性だってあるし、

ファンダ的な理由でイレギュラーな動きもあるので、

100%下落だとは思っていません。

 

【EURJPY】日足の解説

スポンサーリンク

 

日足でも下落目線です。

画像は見え難いですが安値同士でラインを引き、

右側が交差するような値動きをしています。

 

それとミドルの下降トレンドを引いて、

2点ほど反発してますが再び下を試す動きです。

なのでこのまま下がるイメージを持ってました。

 

【EURJPY】4時間足の解説

 

4時間足では赤色の線で示している通り、

ヘッドアンドショルダーが形成されています。

そこに下降トレンドの意識をぶつけてます。

 

点線になっている理由は一度ブレイクしており、

意識される度合いは弱くなってると思ったからです。

けど綺麗に反応されているのを確認できました。

 

ですが更に根拠を強める為に1時間足も見ていて、

 

このように1時間足でも、

ヘッドアンドショルダーが形成してきてました。

値動きのイメージも複数足で確認できたので、

矢印のところでショートを打ちました。

 

勿論、撤退の経路も描き、

利確は白丸の安値の実態で合わせました。

 

今回のトレードの反省

 

今回のトレードではもう少し待って、

最安値辺りで利確しても良かったかもしれません。

ですが、今は利益幅より勝ちトレードを重ねていき、

それによって自信を付けることに主眼を置いてます。

 

利益をしっかり取っていくのはその次の段階で考え、

段階を踏んで階段を上がっていきたいと思います。

 

反省としてはもっと胴体の上の方から取っていき、

それに繋いでいく形で今回のトレードをすれば、

もっとpipsを多く獲得できていたと思います。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ