【EURUSD】5月3日のFXトレード

スポンサーリンク

 

僕の個人的な気持ちとしては、

ネットビジネスは10年後20年後と言うと、

続けていられるかが正直不安に思っています。

 

というのもGoogleのルール変更や規約変更、

それに大手企業の相次ぐ参入もそうですし、

何よりも老舗のサイトが生き続けるというのは、

おそらくネット上では難しいと思うからです。

 

なので常に新しく媒体を構築していく必要があり、

それに伴ってスキルを向上させる必要もあり、

まるで自転車操業のような感が否めないのです。

 

ですがトレードは確かにスキルの向上は必要ですが、

外側に媒体を構築する必要性がないことから、

自分の裁量次第でコントロールがしやすいです。

 

それに投資という市場そのものが大きいですし、

投資の世界が世界経済そのものなので、

身に付ければ一生ものの財産となります。

それがこの世界に入った大きな魅力のひとつです。

 

【EURUSD】5月3日のFXトレード

 

今回はユールドル(EURUSD)の1時間足のトレードです。

結果としては勝ちトレードとなりました。

 

【EURUSD】週足の解説

 

週足では、ヘッドアンドショルダーが形成されて、

下落へて向かっていくというイメージなんですが、

下落の勢いが弱くなってきている印象でした。

 

理由としては画像では見え難いですが、

左側のターンで下降トレンドラインが引けていて、

抜けてるので意識が弱いのですが丁度合致するので、

まだ意識が残っているのかなという感じです。

 

ただチャネルの上辺から下辺へと向かっていて、

目線としては下落が優勢かと思います。

 

【EURUSD】日足の解説

 

日足では大きくは下落目線で見ています。

スポンサーリンク

その中で細かく見るとオレンジ色の下げ止まりと、

黄色の下降トレンドに挟まれて推移しています。

 

なので黄色の抜けていけば上昇の可能性が高まり、

オレンジを抜ければ下降の勢いが強まる感じで、

ピンクの下降を抜けると本格的な上昇という感じです。

 

【EURUSD】4時間足の解説

 

4時間足では下降トレンドラインを引いています。

丁度チャネルの上辺にタッチしており、

そこから下落へと転じていくだろうという感じです。

 

しっかりと安値も高値も更新しているので、

このまま順調に下がっていくと思いました。

 

【EURUSD】1時間足の解説

 

1時間足ではヘッドアンドショルダーの形成に対し、

対象関係の切り下げラインで合わせてみました。

ポイントはチャネルへの戻しが入ったところです。

矢印のところに到達してポジションを持ちました。

 

撤退のイメージはまず4時間足の下降トレンドです。

そして長期MAが手前にあるので反発しての戻し、

これによって撤退経路のイメージもできました。

 

利確目標値としては黄色の丸の囲みが目安です。

今回は前回のトレードの反省を踏まえて、

実体で合わせる形で指値を入れることにしました。

結果、無事に利益確定されて勝ちトレードでした。

 

今回のトレードの反省

 

今回のトレードでは勝つことができましたが、

嬉しいというよりは安心したといった気持ちでした。

もっとフラットな状態になっていきたいと思います。

 

今のところ勝ちトレードを積み重ねることが優先で、

利益を大きく取っていくのはその次だと思ってます。

 

勿論、負けトレードであったとしても、

シナリオ通りであれば偶然の勝ちよりも勝ちは高いし、

上手く撤退ができれば十分納得できるものだと思います。

何よりも感情が搔き乱されないことが最重要事項で、

それが相場と上手く付き合うコツかなと思います。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ