【#08】GBPJPYのトレード考察

スポンサーリンク

【#08】GBPJPYのトレード考察

 

トレードの記事を書いたり、

解説を録音して動画投稿したりしていると、

1回のトレードを深く落とし込めてる感じがあります。

1回の行動を2回3回と振り返ってるからです。

 

更にそれぞれが違うアプローチでの振り返りなので、

違う角度から振り返ることで気付きが多いです。

 

それだけ本気でトレードと向き合っていますし、

ネットビジネスからトレードへ主戦場を移して、

今後は個人投資家として生きていきたいと思ってます。

投資家になることは子供の頃からの夢でした。

どちらにしてもずっと考えていたことでした。

 

【#08】GBPJPYのトレード考察

 

今回はポンド円(GBPJPY)の4時間足の考察です。

 

【GBPJPY】週足の考察

【#08】GBPJPYのトレード考察

 

週足では2つのラインを根拠に上昇と見てます。

値動きのイメージとしても「N」を描くことができ、

丁度上昇へと向かっていきそうな気配です。

 

ただ懸念点としては三角持ち合いの中にあり、

右側に進むにつれて複雑な動きになることです。

そこは少し注意しておきたいところです。

 

【GBPJPY】日足の考察

【#08】GBPJPYのトレード考察

 

日足でも変わらず上昇の目線で見ています。

まずはヘッドアンドショルダーのイメージができ、

右側のターンでは上昇へと向かっているところです。

 

更に黄色の線が示している通り、

一番左側では小さくヘッドアンドショルダーが形成され、

それによって右側も同じく形成されている動きです。

 

切り上げラインにもかろうじてタッチしており、

上に引いたラインの上辺まで目指す動きです。

これで週足との目線合わせも整いました。

スポンサーリンク

 

【GBPJPY】4時間足の考察

【#08】GBPJPYのトレード考察

 

4時間足ではまず値動きのイメージです。

ヘッドアンドショルダーが形成されています。

そして上昇へと向かっていくターンです。

これは日足の黄色の線の小さな形成です。

 

そこに上昇トレンドラインの下辺に到達と、

見え難いですがレジサポラインを当てました。

複数のラインで根拠を強めています。

 

更にMAでは長期によって強くサポートさています。

中期と短期では前後に振っているので考慮しません。

この長期のサポートは撤退のイメージも作りやすく、

上昇のブレイクリターンからの戻しで逃げれそうです。

撤退の最終防衛ラインは安値切り下げです。

 

後はRSIの動きも見ていて、

転換したところからレジサポが切り替わってます。

そしてサポート滞付近まで力を溜め込むように下がり、

そこから一気に力を開放して上昇する感じです。

 

今回のトレード考察のまとめ

【#08】GBPJPYのトレード考察

 

今回のロングエントリーでは、

週足、日足、4時間足共に値動きのイメージがしやすく、

それに合わせるようにラインも綺麗に引けています。

それにインジケーターでも目線の根拠を強めて、

個人的には想定通りに動きやすいと思っています。

 

しかし、相場では何事も起こり得ると言われる通り、

想定とは反して値動きが逆行することだってあります。

そんな時に感情が乱れないよう撤退の経路も描いておき、

来たるタイミングでしっかり撤退できるよう構えることで、

たとえ負けトレードとなったとしても納得はできますし、

今後のトレードに十分プラスに影響させることができます。

 

もっと技術を高めて安定したトレードを行い、

毎月安定して利益を伸ばせるトレーダーを目指します。

一気にロットを上げれば精神的なバランスが保てないので、

少しずつロットに慣れながら技術の向上を目指していき、

まずは月に200万前後を目指していきます。

 

その後は株もやっていきたいと思ってますし、

短期投資だけじゃなく長期投資もしていきたいです。

例えば不動産なんかも憧れてのひとつですね。

 

後はビジネスで言えば僕はゲームが好きなので、

ゲーム実況も今後はやっていければと思っています。

ゲームはあまりにも好き過ぎて封印していましたが、

ビジネスとして取り組むことで健全に付き合えると思うので、

これからは好きなことだけして生きるのを目指したいです。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ